あなたのAlexaダッシュボード 設定

カスタムスキルの構築手順

このガイドでは、新しいカスタムスキルを作成する手順を示します。

*これから作成しようとしているが「カスタムスキル」に適した種類であるかはスキルの種類についてをご参照ください。

ステップ1: 音声ユーザーインターフェースの設計

コードを作成する前に、まずスキルにとって効果的な音声ユーザーインターフェースを設計することが不可欠です。音声インターフェースは、スキルとユーザーが対話するための主な手段です。

  1. ユーザーとスキルの対話の流れを表すフローダイアグラムを作成します。このフローダイアグラムでは、ユーザーによるリクエストとそれに対する応答を表すようにします。このダイアグラムを元に、インターフェースの詳細を設計します。

  2. フローダイアグラムを元に、スキルが処理するユーザーリクエストを特定します。これらのリクエストがインテントになります。

  3. スキルにイメージを含めるよう設計する場合、そのコンテンツを収集して、パブリックにアクセス可能なサイトに格納します。スキルアイコンはスキルに直接アップロードされるため、イメージはパブリックに格納する必要はありません。

リソース:

ステップ2: 開発者ポータルにおけるスキルのセットアップ

開発者ポータルで新しいスキルを作成します。このとき、作成したスキルの名前呼び出し名を入力します。

ステップ3: 音声設計を使用した対話モデルの構築

対話モデルとは、インテント、サンプル発話、ダイアログモデルのコレクションのことです。

  • スキルが処理できるリクエストがインテントとなります。
  • インテントでは、スロットという引数を任意で使用することもできます。
  • サンプル発話は、インテントを、単語やフレーズ(ユーザーがスキルと対話するために使用)にマップします。
  • ダイアログモデルは、スキルが必要とする情報と、Alexaがユーザーとの対話における情報を収集および確認するときに使用できるプロンプトを特定します。

これらのコンポーネントを作成するには、次の2つの方法があります。

  • the skill builder (beta)を使用します。The skill builderには、対話モデルに必要なすべてのコンポーネントを定義するための視覚インターフェースが備わっています。

    ダイアログモデルを作成するには、the skill builder (beta)を使用する必要があります。

  • 手動で、JSON形式のインテントスキーマとサンプル発話を作成します。

    このオプションには、ダイアログモデルのサポートは含まれません。

発話を作成するときにはサンプル発話のベストプラクティスも参照してください。

ステップ4: スキルのコードの作成とテスト

スキルのコーディングは、Alexaサービスからのリクエストを受け入れて応答するサービスの作成が中心となります。

  1. 最も手軽な方法として、スキルのサービスをホストするAWS Lambda関数を作成します。AWS Lambda(Amazon Web Services)とは、サーバーを管理することなくクラウドでコードを実行できるサービスです。

    関連トピック: スキルのAWS Lambda関数を作成する

    または、スキルのウェブサービスを構築して、任意のクラウドプロバイダーでホスティングすることもできます。カスタムスキルをウェブサービスとしてホスティングするを参照してください。

  2. スキルのコードを記述します。Lambdaを使用する場合は、Node.js, Java, Python, or C#でコードを記述できます。スキルをウェブサービスとしてホストする場合は、どのようなプログラム言語でも使用できます。

    • Alexaから送信されたリクエストを処理する
    • スキルの応答にカードを追加する
    • ビルトインインテントを実装する
    • Alexaユーザーとシステムユーザーを関連付ける
    • 住所情報を追加してスキルを拡張する   + Alexaの買い物リストとTo Doリストにアクセスする
  3. 開発者ポータルでスキルを更新し、エンドポイントを反映します(Lambda ARN等)。

    開発者ポータルでカスタムスキルを登録および管理するを参照してください。

  4. サービスシミュレーターまたはAlexa端末でスキルをテストします。

    カスタムスキルをテストするを参照してください。

  5. AlexaアプリのAlexaスキルストアに表示されるスキルのメタデータを更新します。

    関連トピック: スキルのメタデータを定義する

ステップ5: スキルのベータ版テスト(オプション)

スキルが完成した後、オプションとしてスキルのベータ版テストをセットアップすることができます。ベータ版テストを使用すると、スキルを一般公開するのではなく、個人的に選択したテスト担当者グループのみに公開できます。

関連トピック: スキルベータ版テスト

ステップ6: スキルの認証申請

スキルを公開する準備が整ったら、認証を申請します。スキルが現在ベータ版テスト中でも、認証処理に進むことができます。

  1. 認証に進むには、最初に、申請チェックリストを使用してスキルをテストします。このチェックリストには、Amazonの認証チームが行うテスト項目が含まれているため、これらのテストすべてに合格すれば、認証プロセスにかかる時間が短縮されます。

    関連トピック: カスタムスキルの認証要件

  2. スキルを公開する準備が整い、認証チェックリストでスキルが要件を満たすことを確認できたらスキルの認証を申請します。

    関連トピック: Alexaスキルの認証を申請する

スキル公開後の流れ

公開されたスキルは、AmazonユーザーのAlexaアプリに表示されます。ユーザーはスキルを有効にして使用することができます。

開発者は、引き続きスキルの機能拡張、問題の修正、ユーザーエクスペリエンスの向上を継続することが推奨されます。継続的なスキル開発およびスキルの再提出が必要な場合の推奨事項については、スキルの認証を申請するの「現行スキルの新バージョンを作成する」セクションを参照してください。