あなたのAlexaコンソール
?
サポート

フラッシュブリーフィングスキルの認証チェックリスト

はじめに

コンテンツスキルの認証を申請する前に、コンテンツ、関連する画像、URL、説明がAmazonのポリシー、コンテンツ、およびセキュリティのガイドラインの要件を満たしていることを確認しましょう。また、スキルの機能を十分にテストしておくことも必要です。このチェックリストは、作成したコンテンツスキルが認証プロセスにパスするために役立ちます。

ポリシーガイドライン

ポリシーガイドラインには、さまざまな年齢や個人的背景を持つカスタマーに信頼できるエクスペリエンスを継続して提供するためのガイドラインが記載されています。これらのガイドラインに従うことで、著作権を保護し、Alexaユーザーのプライバシーとセキュリティを守ることができます。

著作権を侵害していないことを確認します。
すべてのコンテンツがオリジナルであり、開発者個人または開発企業の所有であること、もしくは開発者個人または開発企業が配布する権利を持っていることを確認してください。
作成したコンテンツスキルがすべての点でAlexaポリシーガイドラインを満たしていることを確認します。たとえば、以下の項目についてコンプライアンスを確認してください。
スキル名、画像、および説明
フィードコンテンツ
URLのリンク先ページ

コンテンツガイドライン

コンテンツスキルは、カスタマーにとって重要なニュースやコンテンツの簡単な概要を提供するためのものです。このため、スキルはAmazonのコンテンツガイドラインの要件を満たしている必要があります。

作成したコンテンツスキルまたはフィードがオーディオブックのエクスペリエンスをエミュレートしていないことを確認します。
作成したコンテンツスキルまたはフィードが音楽ストリーミングサービスをエミュレートしていないことを確認します。

セキュリティガイドライン

Amazonにとってユーザーからの信頼は非常に重要です。スキルは、ユーザーデータを保護するためにAmazonのセキュリティガイドラインの要件を満たしている必要があります。

必要な場所でHTTPSを使用していることを確認します。コンテンツにリンクするURLはHTTPSである必要があります。ただし、推奨はスキルのすべてのURLをHTTPSにすることです。
プライバシーポリシーや利用規約のページのURLを追加した場合は、そのURLに移動したときにページコンテンツを読み込むようにしてください。また、そのページから別のサイトにリダイレクトしたり、マルウェアやウイルスが含まれていたり、自動でダウンロードを開始したりしないようにしてください。
フィードの再生や読み上げの際にAlexaアプリに表示されるページのURLを追加した場合は、そのURLに移動したときにページコンテンツを読み込むようにしてください。また、そのページから別のサイトにリダイレクトしたり、マルウェアやウイルスが含まれていたり、自動でダウンロードを開始したりしないようにしてください。

フォーマットのガイドライン

スキルに追加する各フィードは、JSONまたはXML/RSSの正しいフォーマットで指定してください。フォーマットの詳細については、フラッシュブリーフィングスキルAPIフィードリファレンスを参照してください。また、スキルの認証を申請する前に、以下のよくあるフォーマットエラーがないかどうかを確認してください。

読み上げ機能のコンテンツに、HTML、XML、SSMLタグ、標準以外の句読点などの特殊文字が含まれないようにしてください。
日付や固有IDなど、すべての必須アイテム要素が指定されていることを確認してください。
フィードアイテムの日付エントリーがコンテンツの日付を正確に反映していることを確認してください。古いアイテムはAlexaでは無視されることがあります。
JSONまたはXMLが、正しい始め括弧と終わり括弧で囲まれ、余計な文字を含まない正しいフォーマットで指定されていることを確認してください。
音声フィードの場合は、フィード音声のURLがHTTPSで指定されていることを確認してください。

機能テスト

スキルが想定通りに動作することは非常に重要です。作成したコンテンツスキルの機能テストを行い、Alexaアプリに説明が表示され、正確にスキルとそのフィードを説明していることを確認してください。また、有効化されたときに、フィードの読み上げまたは再生が想定通りに実行されることを確認する必要もあります。

開発者ポータル上での機能テスト

開発者ポータルの「Listen」ボタンを使用して、スキルのエラーメッセージを再生します。エラーメッセージの内容が理解できるもので、正確にこのコンテンツスキルについて述べていることを確認してください。
聴く(Listen)」ボタンを使用して、各フィードに指定したプリアンブルを再生します。プリアンブルが理解できるもので、「in」または「from」で始まり、エラーがなく、正しくフィードを識別できる内容であることを確認します。

Alexaアプリでの機能テスト

モバイル端末、Fireタブレット、またはWeb上のhttp://alexa.amazon.comで実施します。

スキルのリストで作成したスキルを確認します。
スキルの名前を読みます。エラーがなく、スキルの目的を反映した名前であることを確認します。
短い説明を読みます。スキルの対象言語と同じ言語であること、エラーがなく、スキルが提供するコンテンツを正確に説明していることを確認します。
スキルを選択して、長い説明を読みます。
長い説明がスキルの対象言語と同じ言語であること、エラーがなく、スキルが提供するコンテンツを正確に説明していることを確認します。
長い説明にスキルで提供されるすべてのフィードのリストが含まれていることを確認します。
長い説明にスキルのデフォルトフィードが指定されていることを確認します。
スキルと各フィードを有効にし、Alexaにフラッシュニュースをリクエストします。
フィードのプリアンブルが正しく聞こえ、続いてフィードコンテンツがAlexaによってスキルの対象と同じ言語で読み上げまたは再生されることを確認します。古いアイテムは、Alexaで再生または読み上げられないことがあります。
再生時にフィードのホームカードを表示します。ホームカードに表示されるコンテンツが再生中のフィードコンテンツに関連していることを確認します。
音声フィードの場合
フィードに複数のアイテムが含まれる場合は、スキルの言語で「次のアイテム」や「前のアイテム」と言って、Alexaがその通りにアイテム間を移動することを確認します。
音声クリップごとのオーディオがAlexaの声と同じラウドネスであることを確認します。詳細については、オーディオコンテンツの要件を参照してください。
ホームカードに表示されるリンクをたどって、現在のフィード固有のコンテンツやコンテンツプロバイダーの一般のウェブサイトにエラーなしで移動できるかを確認します。関連のないコンテンツにリンクされている場合は、認証要件が満たされていません。また、関連するコンテンツが小さな画面でも大きな画面でも読み取れることを確認します。
テキストフィードの場合
Alexaがフィードを読み上げたときに内容を聞き取れることを確認します。読み上げ機能(TTS)に適したテキストを作成する方法についてのガイドラインは、優れたフラッシュブリーフィングスキルを作成するヒントを参照してください。
各フィードアイテムが4,500文字を超えていないことを確認します。4,500文字を超える場合は、最も4,500文字目に近い位置の文末以降のコンテンツが切り捨てられます。詳細については、フラッシュブリーフィングスキルAPIフィードリファレンスを参照してください。

このチェックリストでの確認中に問題が見つかった場合は、問題を解決してから、再度このチェックリストでスキルの再評価を実施してください。

認証を申請したスキルは、スキルリストの「Status」列に「Certification」と表示されます。認証審査中のスキルのコンフィギュレーションは編集できません。申請を取り消したい場合は、スキルを選択し、「Withdraw from Certification」ボタンをクリックします。

Amazonの審査が終了すると、開発者ポータルのアカウントに関連付けられているアドレスにEメールが届きます。

  • スキルが認証された場合、エンドユーザーにスキルが公開される時期の目安がEメールで通知されます。
  • スキルが認証されなかった場合、改善するべき問題がEメールで通知されます。その場合、必要な変更を加えて再申請できます。