フラッシュブリーフィングスキルの認定チェックリスト



フラッシュブリーフィングスキルの認定チェックリスト

このチェックリストは、認定されるフラッシュブリーフィングスキルの作成に役立ちます。スキルの認定を申請する前に、コンテンツ、画像、URL、説明がAmazonのポリシー、コンテンツ、およびセキュリティのガイドラインの要件を満たしていることを確認しましょう。また、スキルの機能を十分にテストしておくことも必要です。

ポリシーガイドライン

ポリシーガイドラインには、さまざまな年齢や背景を持つユーザーに信頼できるエクスペリエンスを継続して提供するためのガイドラインが記載されています。これらのガイドラインに従うことで、著作権を保護し、Alexaユーザーのプライバシーとセキュリティを守ることができます。

著作権を侵害していないことを確認する
すべてのコンテンツがオリジナルであり、開発者個人または開発企業の所有であること、もしくは開発者個人または開発企業が配布する権利を持っていることを確認してください。
作成したスキルがすべての点でAlexaポリシーガイドラインを満たしていることを確認する
Alexaポリシーガイドラインで、以下の項目がすべてガイドラインに従っていることを確認します。
  • スキル名、画像、説明
  • フィードコンテンツ
  • URLのリンク先ページ

コンテンツガイドライン

フラッシュブリーフィングスキルは、ユーザーにとって重要なニュースやコンテンツの簡単な概要を提供するためのものです。このため、スキルはAmazonのコンテンツガイドラインの要件を満たしている必要があります。

  • フラッシュブリーフィングスキルがオーディオブックのエクスペリエンスをエミュレートしていないこと。
  • フラッシュブリーフィングスキルが音楽ストリーミングサービスをエミュレートしていないこと。
  • フラッシュブリーフィングスキルのフィードがいずれもオーディオブックのエクスペリエンスをエミュレートしていないこと。
  • フラッシュブリーフィングスキルのフィードがいずれも音楽ストリーミングサービスをエミュレートしていないこと。

セキュリティガイドライン

Amazonにとってユーザーからの信頼は非常に重要です。フラッシュブリーフィングスキルは、ユーザーデータを保護するためにAmazonのセキュリティ要件を満たしている必要があります。

  • 必要な場所でHTTPSを使用していること。コンテンツリンクのURLがHTTPSを使用していること(AmazonではスキルのすべてのURLにHTTPSを使用することを推奨しています)。

  • プライバシーポリシーまたは利用規約のページのURLを含める場合、そのURLにアクセスするとページコンテンツが読み込まれること。ページが別のサイトにリダイレクトされたり、マルウェアやウイルスを含んでいたり、ファイルがダウンロードされたりしないこと。

  • Alexaがコンテンツを読み上げたり再生したりするときにフィードに表示されるURLを追加する場合、そのURLにアクセスするとページコンテンツが読み込まれること。ページが別のサイトにリダイレクトされたり、マルウェアやウイルスを含んでいたり、ファイルがダウンロードされたりしないこと。

形式のガイドライン

フラッシュブリーフィングスキルに追加する各フィードは、正しいJSONまたはXML/RSS形式で指定してください。形式の詳細については、フラッシュブリーフィングスキルAPIフィードのリファレンスを参照してください。スキルの認定を申請する前に、以下のよくある形式エラーがないかどうかを確認してください。

  • 読み上げ機能(TTS)のコンテンツに、HTML、XML、SSMLタグ、標準以外の句読点などの特殊文字が含まれないようにしてください。
  • 日付や固有IDなど、すべての必須項目の要素が指定されていることを確認してください。
  • フィード項目の日付エントリーがコンテンツの日付を正確に反映していることを確認してください。古い項目はAlexaでは無視されることがあります。
  • JSONまたはXMLが、正しい始め括弧と終わり括弧で囲まれ、余計な文字を含まない正しい形式で指定されていることを確認してください。
  • 音声フィードの場合は、フィード音声のURLにHTTPSが使用されていることを確認してください。

機能テスト

Amazonにとって、スキルが想定通りに動作することは非常に重要です。Alexaアプリに表示される説明がスキルとそのフィードを正しく説明していることを確認してください。フラッシュブリーフィングスキルの機能テストを実施し、スキルを有効にしたときにAlexaが想定通りにフィードの読み上げや再生を行うことを確認してください。

開発者コンソールでの機能テスト

開発者コンソールのログインし、以下のテストを実施します。

  • 矢印ボタンを使用して、スキルのエラーメッセージを聞きます。エラーメッセージの内容が理解できるもので、正確にこのフラッシュブリーフィングスキルについて述べていることを確認してください。
  • 矢印ボタンを使用して、各フィードのプリアンブルを再生します。プリアンブルが理解できるもので、「~から」、「~からお伝えします」、「~よりお伝えします」、「~が提供しています」、「~がお送りします」などで終わり、エラーがなく、正しくフィードを識別できる内容であることを確認します。

Alexaアプリでの機能テスト

モバイルデバイス、Fireタブレット、またはウェブ上のhttp://alexa.amazon.co.jpでAlexaにアクセスし、以下のテストを実施します。

スキルのリストで作成したスキルを確認します。

  • スキルの名前を読みます。エラーがなく、スキルの目的を反映した名前であることを確認します。
  • 説明を読みます。スキルの対象言語と同じ言語であること、エラーがなく、スキルが提供するコンテンツを正確に説明していることを確認します。

スキルを選択して、詳細な説明を読みます。

  • 説明がスキルの対象言語と同じ言語であること、エラーがなく、スキルが提供するコンテンツを正確に説明していることを確認します。
  • 説明にスキルで提供されるすべてのフィードのリストが含まれていることを確認します。
  • 説明にスキルのデフォルトフィードが指定されていることを確認します。

スキルと各フィードを有効にし、Alexaにフラッシュニュースをリクエストします。

  • 各フィードの正しいプリアンブルが再生されることを確認します。
  • Alexaがフィードを正しく読み上げ、または再生することを確認します。古い項目は、Alexaで無視されることがあります。
  • Alexaがスキルの対象言語と同じ言語でフィードコンテンツを読み上げ、または再生することを確認します。
  • 再生時にフィードのホームカードを表示します。ホームカードに表示されるコンテンツが再生中のフィードコンテンツに関連していることを確認します。

音声フィードの場合

音声フィードのガイドラインについては、音声クリップコンテンツのヒントオーディオコンテンツの要件を参照してください。

  • フィードに複数の項目が含まれる場合は、スキルの言語で「次」や「前」とリクエストします。Alexaが想定通りに項目間を移動することを確認します。
  • 音声クリップごとのオーディオがAlexaの声と同じラウドネスであることを確認します。詳細については、オーディオコンテンツのラウドネス値の正規化を参照してください。
  • ホームカードに表示されるリンクをたどって、現在のフィード固有のコンテンツやコンテンツプロバイダーの一般のウェブサイトにエラーなしで移動できることを確認します。関連のないコンテンツにリンクされている場合は、認定要件が満たされません。
  • 小さな画面でも大きな画面でも関連するコンテンツを読み取れることを確認します。

テキストフィードの場合

読み上げ機能(TTS)に適したテキストを作成する方法についてのガイドラインは、読み上げ機能(TTS)を含むコンテンツのヒントを参照してください。

  • Alexaがフィードを読み上げたときに内容を聞き取れることを確認します。
  • 各フィード項目が4,500文字を超えていないことを確認します。4,500文字を超える場合は、4,500文字未満で、かつ4,500文字目にもっとも近くで終わる文章の次のコンテンツ以降が切り捨てられます。

次のステップ

フラッシュブリーフィングスキルの認定を申請したら、開発者コンソールのステータス列に審査中と表示されます。スキルの審査中は、コンフィギュレーションを編集できません。認定プロセスを中止する必要がある場合、スキルを選択し、認定申請を取り下げを選択します。

Amazonがスキルの審査を完了したら、開発者アカウントに登録されたアドレスにメールが届きます。

  • スキルが認定された場合、エンドユーザーにスキルが公開される時期の目安がメールで通知されます。
  • 認定されなかった場合、改善すべき箇所の情報がメールで通知されます。その場合、必要な変更を加えてから再申請できます。