?
サポート

Alexaスキル管理API - モデルの操作

このドキュメントでは、対話モデルリソースに関連するすべてのAPI操作について説明します。各リクエストにはAuthorizationヘッダーが必要であり、その値はLogin with Amazonから取得したアクセストークンでなければなりません。

対話モデルを取得する

指定したスキルの対話モデルを取得します。.#### リクエスト

GET /skills/{skill_id}/model/locales/{locale}

パラメーターの説明

フィールド 説明 パラメーターの型 必須
skill_id スキル固有のID。 パス
locale 取得する対話モデルのロケール。 パス

応答

HTTP/1.1 200 OK

ヘッダー ETag: {eTag}

Body ```js { â?œmodelDefinitionâ??: { â?œtypesâ??:[ { â?œnameâ??:â??LIST_OF_SIGNSâ??, â?œvaluesâ??:[] // 詳細については、対話モデルスキーマのトピックを参照。} }

} } ```

パラメーターの説明

フィールド 説明 パラメーターの型
eTag モデルの現在のバージョンのAPIサービスによって生成されたタグ。 応答のヘッダー

Head Interaction Model (eTag)

対話モデルに関連付けられているeTagを取得します。eTagを使用してモデルが変更されたかどうかを判断できます。

リクエスト

HEAD /skills/{skill_id}/model/locales/{locale}

パラメーターの説明

フィールド 説明 パラメーターの型 必須
skill_id スキル固有のID。 パス
locale 取得する対話モデルのロケール。 パス

応答

HTTP/1.1 204 No Content

ヘッダー ETag: {eTag}

パラメーターの説明

フィールド 説明 パラメーターの型
eTag モデルの現在のバージョンのAPIサービスによって生成されたタグ。 応答のヘッダー

対話モデルを更新する

指定したスキルの対話モデルを更新するために使用します。

リクエスト

POST /skills/{skill_id}/model/locales/{locale}

ヘッダー ETag: {eTag}

ボディ js { "modelDefinition": { // See details in the Interaction Model Schema topic. } }

パラメーターの説明

フィールド 説明 パラメーターの型 必須
skill_id スキル固有のID。 パス
locale 対話モデルのロケールです。 パス
eTag 現在のモデルバージョン(更新前)のeTagを指定します。eTagが一致しない場合、リクエストはエラーになります。 リクエストのヘッダー ×

応答

HTTP/1.1 202 Accepted

ヘッダー Location: /skills/{skill_id}/model/locales/{locale}/status

想定されるエラー 400: "The specified ETag did not match the current ETag in the store." 400: "Another build is already in progress." 400: "<<Error message describing the validation failure.>>" 413: "The proposed model definition exceeds the maximum allowed size."

モデルのビルドステータスを取得する

モデルのビルドステータスを取得します。

リクエスト

GET /skills/{skill_id}/model/locales/{locale}/status

パラメーターの説明

フィールド 説明 パラメーターの型 必須
skill_id スキルの一意のIDです。 パス
locale 対話モデルのロケールです。 パス

応答

HTTP/1.1 200 OK
{
  {
    "status": "{STATUS}" // {IN_PROGRESS, SUCCESSFUL, FAILED}
  }
}