認定の要件



カスタムスキルの認定要件

スキルは、Alexaスキルストアに認定を申請し、認定プロセスに合格して初めて公開されます。新しいスキルの認定を申請する前に、品質保証テストを自分で実施する必要があります。限られたユーザーグループにベータテストを行う場合も、このチェックリストに従い、テスターに良質なエクスペリエンス提供する必要があります。

このチェックリストは、認定プロセス用にスキルを準備するためのテストについてまとめたものです。

注: Alexaが使えるデバイスがない場合は、Alexaシミュレーターを使用してAlexaスキルをテストできます。

スキルがこれらのテストにすべて合格していることが検証されれば、スキルには堅牢な音声ユーザーインターフェースがあることが証明できるので、認定プロセスに合格しやすくなります。

これらのガイドラインは新しい機能やAlexa開発者コミュニティからのフィードバックに基づいて、絶えず追加や改良が行われます。

申請チェックリスト

  1. スキルがAlexaポリシーガイドラインを満たしていることを確認します。

    ポリシーガイドラインを満たしていれば、スキルがすべてのユーザーにとって適切なものであることが確認できます。これらのガイドラインに従うことで、Alexaユーザーのプライバシーと公益を守ることができます。

  2. スキルが、スキルのサービスをホスティングする方法のセキュリティ要件を満たしていることを確認します。

    Amazonにとってユーザーからの信頼は非常に重要です。スキルは、ユーザーデータを保護するためにAmazonのセキュリティ要件を満たしている必要があります。

  3. 必要なすべての機能テストを実施します。

    これらのテストではAlexaアプリに提示される情報がスキルの主な機能を正確に反映していることを確認します。これにより、ユーザーがスキルを初めて有効化して使用を開始する際のエクスペリエンスが向上します。

  4. 必要なすべての音声インターフェースとユーザーエクスペリエンスのテストを実施します。

    これらのテストでは音声ユーザーインターフェースの品質を確認します。音声インターフェースとの対話は、ほとんどのユーザーにとって新しいエクスペリエンスです。便利なプロンプトを使用した堅牢なインターフェースにより、実際の会話に近いものとなっています。

  5. スキルに画面ベースの対話が含まれる場合は、スキルの画面ベースの対話のテストを行ないます。