?
サポート

フラッシュブリーフィングスキルAPIフィードのリファレンス

フラッシュニュースフィードは、フラッシュブリーフィングスキルに音声またはテキストのコンテンツを提供します。Alexaは、フィードコンテンツを再生するか、読み上げます。各フラッシュブリーフィングスキルには、1つ以上のフィードがあります。フィードに利用できる形式は比較的単純ですが、サポートされる形式にはそれぞれ、いくつかの基本的な要件があります。このトピックでは、フィードの形式の要件とサポートされる形式について説明し、利用できる各形式の例を示します。

フラッシュブリーフィングスキルAPIフィードのクイックリファレンス

フラッシュブリーフィングスキルの各フィードには、Alexaが読み上げるテキストコンテンツ、またはAlexaが再生するオーディオコンテンツのいずれかが含まれていなければなりません。各フィードは以下の要件を満たす必要があります。

フィードエンドポイント

  • パスワード保護されていないHTTPSエンドポイントであること。例: https://developer.amazon.com/public/community/blog/feed/flashbriefing.rss
  • 以下のいずれかの形式のコンテンツを提供すること。
    • JSON(推奨)
    • RSS
  • UTF-8でエンコードされていること。

フィードフォーマットの要件

  • HTTP Content-Typeヘッダーでファイル形式をMIMEタイプとして指定すること。
  • 一度に1~5個の異なるフィードアイテムを提供できること。
    • これより多いアイテムが提供された場合、Alexaは最初の5個より後のアイテムを無視します。
    • アイテムは、日付の新しいものから順に提示されます。古いアイテムは、Alexaで無視されることがあります。
    • フィード内の各アイテムは一意にする必要があります。別のフィードアイテムと重複することはできません。
  • タイトルと内容を含むオーディオアイテム、またはタイトルと内容を含むテキストアイテムが含まれていること。オーディオアイテムにもテキスト要素が必要ですが、ユーザーに対して再生されるのはオーディオコンテンツのみです。

オーディオコンテンツアイテム

  • オーディオアイテムにオーディオコンテンツへのHTTPS URLが含まれていること。
  • オーディオコンテンツが、256kbpsモノラル、またはステレオMP3で作成されていること。
  • コンテンツの長さが10分以内であること。
  • プログラムのラウドネス値が-14 dB LUFS/LKFSであること。LUFSまたはLKFSを使用しない場合は、ラウドネス値をRMS合計値-15~-13dBの範囲に設定します。トゥルーピーク値を-2dBFS以下に設定します。

テキストコンテンツアイテム

  • 各フィードアイテムの文字数が4,500文字以内であること。この制限を超えると切り捨てられます。テキストは、4,500文字未満の最後の文末で切り捨てられます。
  • SSML、HTML、XMLのタグなどの特殊文字を含まない、プレーンテキストであること。
  • 文章は、読み上げたときに簡単に理解できるよう、句読点で適切に区切られ、長すぎないこと。読点があると短い休止が入ります。句点、疑問符、感嘆符があると長い休止が入ります。標準以外の句読点では読み上げテキストで問題が発生することがあるので、使用しないでください。

パフォーマンス要件

  • 365日24時間いつでも利用できること。計画停電の際には、Amazonに連絡する必要があります(content-skill-submissions@amazon.com)。Amazon Web Servicesのサービスの1つである、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)は信頼できるフィードをホストするサービスとしてお勧めのオプションです。
  • 1分間に1つ以上のリクエストを処理できること。
  • 応答のレイテンシーが1秒未満であること。

フィードフォーマットの詳細

以下の表に、サポートされる形式ごとのフォーマットの詳細情報をまとめました。メッセージにはそれぞれ、ペイロードの形式を指定するHTTP content-typeヘッダーが必要です。以下の表の残りのアイテムには、フィード内の各アイテムのフォーマット情報が説明されています。

フィードアイテム説明必須JSON要素RSS要素
HTTP Content-Typeヘッダーフィードペイロードのフォーマットを示します。必須application/jsonapplication/rss+xml
IDフィードアイテムごとの固有ID。UUIDフォーマットが推奨されますが、必要ではありません。必須uidguid
日付フィードアイテムの新しさを表します。新しい順に読み上げ/再生するために使用されます。古いアイテムは再生または読み上げられないことがあります。このフィールドは固有の日付形式であるSimple Date Format: yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss'.0Z'で指定する必要があります。また、日付はUTCまたはGMTで指定してください。必須updateDatepubDate
タイトルAlexaアプリに表示されるフィードアイテムのタイトル。必須titleTexttitle
オーディオコンテンツ音声フィードのオーディオコンテンツの場所を示すHTTPS URL。必須(音声フィードアイテムの場合)streamUrl MP3ストリームのURLを指定enclosure type属性に次を設定: audio/mpeg
テキストコンテンツテキストフィードの場合、ユーザーに対して読み上げられるテキスト。必須(音声フィードアイテムの場合、この要素は無視されるため、空の文字列("")を指定可能)mainTextdescription
表示URLAlexaアプリの「もっと読む(Read More)」リンクのリンク先URLを指定します。いいえredirectionURL link

JSONメッセージの例

以下の例では、フラッシュブリーフィングスキルAPI用にJSONをフォーマットする方法を示しています。

オーディオアイテムを1つ含むJSONメッセージの例

この例には、Alexaがユーザーに対して再生するオーディオコンテンツが含まれています。タイトルとリンクがAlexaアプリに表示されます。

Content-Type: application/json
...
{
  "uid": "urn:uuid:1335c695-cfb8-4ebb-abbd-80da344efa6b",
  "updateDate": "2016-05-23T22:34:51.0Z",
  "titleText": "Amazon Developer Blog, week in review May 23rd",
  "mainText": "",
  "streamUrl": "https://developer.amazon.com/public/community/blog/myaudiofile.mp3",
  "redirectionUrl": "https://developer.amazon.com/public/community/blog"
}

テキストアイテムを1つ含むJSONメッセージの例

この例には、Alexaがユーザーに対して読み上げるテキストコンテンツが含まれています。タイトルとリンクがAlexaアプリに表示されます。

Content-Type: application/json
...
{
  "uid": "urn:uuid:1335c695-cfb8-4ebb-abbd-80da344efa6b",
  "updateDate": "2016-05-23T00:00:00.0Z",
  "titleText": "Amazon Developer Blog, week in review May 23rd",
  "mainText": "Meet Echosim. A new online community tool for developers that simulates the look and feel of an Amazon Echo.",
  "redirectionUrl": "https://developer.amazon.com/public/community/blog"
}

複数のテキストアイテムを含むJSONメッセージの例

以下の例には、Alexaがユーザーに対して読み上げる複数のテキストアイテムが含まれています。アイテムとアイテムの間にはイアコン音声が再生されます。タイトルとリンクがAlexaアプリに表示されます。

Content-Type: application/json
...
[
  {
    "uid": "EXAMPLE_CHANNEL_MULTI_ITEM_JSON_TTS_1",
    "updateDate": "2016-04-10T00:00:00.0Z",
    "titleText": "Multi Item JSON (TTS)",
    "mainText": "This channel has multiple TTS JSON items. This is the first item.",
    "redirectionUrl": "https://www.amazon.com"
   },
  {
    "uid": "EXAMPLE_CHANNEL_MULTI_ITEM_JSON_TTS_2",
    "updateDate": "2016-04-10T00:00:00.0Z",
    "titleText": "Multi Item JSON (TTS)",
    "mainText": "This channel has multiple TTS JSON items. This is the second item.",
    "redirectionUrl": "https://www.amazon.com"
  }
]

RSSメッセージの例

以下の例では、フラッシュブリーフィングスキルAPI用にRSSをフォーマットする方法を示しています。

オーディオアイテムを1つ含むRSSメッセージの例

この例には、Alexaがユーザーに対して再生するオーディオコンテンツが含まれています。タイトルとリンクがAlexaアプリに表示されます。

Content-Type: application/rss+xml
...

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<rss version="2.0">
  <channel>
    <ttl>30</ttl>
    <item>
      <guid>urn:uuid:1335c695-cfb8-4ebb-abbd-80da344efa6b</guid>
      <title>Amazon Developer Blog, week in review May 23rd</title>
      <description>
        Meet Echosim. A new online community tool for developers that simulates the
        look and feel of an Amazon Echo.
      </description>
      <link>https://developer.amazon.com/public/community/blog</link>
      <pubDate>2016-05-23T00:00:00.0Z</pubDate>
      <enclosure url="https://developer.amazon.com/public/community/blog/myaudiofile.mp3"
		length="12216320" type="audio/mpeg" />
     </item>
  </channel>
</rss>

テキストアイテムを1つ含むRSSメッセージの例

この例には、Alexaがユーザーに対して読み上げるテキストコンテンツが含まれています。タイトルとリンクがAlexaアプリに表示されます。

Content-Type: application/rss+xml
    ...

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<rss version="2.0">
  <channel>
    <ttl>30</ttl>
    <item>
      <guid>urn:uuid:42667ad2-0ffd-4f04-973f-732564622d7e</guid>
      <title>Amazon Developer Blog, week in review May 23rd</title>
      <link>https://developer.amazon.com/public/community/blog</link>
      <pubDate>2016-05-23T00:00:00.0Z</pubDate>
      <description>
        Meet Echosim. A new online community tool for developers that simulates the look and feel of an Amazon Echo. With 3D JavaScript animations and Alexa Voice Service integration, Echosim gives users the ability to experience a realistic interaction with Alexa capabilities and skills. Echosim lives in your browser, so anyone, anywhere can access it and test their Alexa skills.
        You no longer need an Alexa device to test your skills. Developers worldwide can use Echosim to experience Alexa.
      </description>
     </item>
  </channel>
</rss>

複数のテキストアイテムを含むRSSメッセージの例

以下の例には、Alexaがユーザーに対して読み上げる複数のテキストアイテムが含まれています。アイテムとアイテムの間にはイアコン音声が再生されます。タイトルとリンクがAlexaアプリに表示されます。

Content-Type: application/rss+xml
...
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<rss version="2.0">
  <channel>
    <ttl>30</ttl>
    <item>
      <title>Multi Item RSS (TTS)</title>
      <link>https://www.amazon.com</link>
      <pubDate>2016-05-23T00:00:00.0Z</pubDate>
      <description>This channel has multiple TTS RSS items. This is item one.</description>
      <guid>urn:uuid:b385254e-dc31-4c4a-afc5-0de97e43923c</guid>
    </item>
    <item>
      <title>Multi Item RSS (TTS)</title>
      <link>https://www.amazon.com</link>
      <pubDate>2016-05-23T00:00:00.0Z</pubDate>
      <description>This channel has multiple TTS RSS items. This is item two.</description>
      <guid>urn:uuid:cf093eed-66f2-4dee-bdad-02ff0510194b</guid>
    </item>
  </channel>
</rss>