Alexaスキルで発生する画面ベースの対話の問題のテスト



Alexaスキルで発生する画面ベースの対話の問題のテスト

認定されていない画面ベースの対話スキルを作成した場合に、起こる可能性のある問題の原因が以下で説明されています。画面ベースの対話をするAlexaスキルの作成の詳細については、画面付きのAlexa搭載デバイス用のスキルの作成を参照してください。認定の前に、このリストを利用して、スキルの画面ベースの対話がすべての画面付きのAlexa搭載デバイスで適切に機能するかどうかを確認することもできます。

簡単な説明 追加機能 手順
テキストのスペースとアラインメント スキルのテキストがEcho ShowまたはFire TV Cube専用に最適化されている場合、テキストがEcho Spotで表示されたときにレイアウトが崩れることがあります。 特定のデバイス専用にテキストを設定しないようにします。1行につき1リンクになるようにします。リッチテキストを使用したテキストアラインメントで説明しているように、テンプレートのデフォルトを使用してテキストのアラインメントを維持するか、<div align = 'center'>タグを使用して中央にそろえます。
背景画像がトリミングされる スキルの背景画像に重要なブランディングや情報が含まれている場合、Echo Spotのディスプレイではトリミングされることがあります。 重要な情報を伝えたりアクションの呼び出しを行う場合は、画像に頼らないようにする必要があります。画像にブランディング情報を含まないようにします。画像にブランディングを含む必要がある場合は、コンテンツを中央揃えにして、ブランディングが完全に解像度480 x 480ピクセルの円形画面内に表示されるようにします。前景コンテンツを伴わない画像を表示する場合は、BodyTemplate7を使用します。
前景画像がトリミングされる 使用しているテンプレートによっては、前景画像がEcho Spotの背景に移動することがあります。そのため画像内の重要なブランディングや意思決定情報がディスプレイでトリミングされることがあります。 重要な情報を伝えたりアクションの呼び出しを行う場合は、画像に頼らないようにする必要があります。画像にブランディング情報を含まないようにします。画像にブランディングを含む必要がある場合は、コンテンツを中央揃えにして、ブランディングが完全に解像度480 x 480ピクセルの円形画面内に表示されるようにします。前景コンテンツを伴わない画像を表示する場合は、BodyTemplate7を使用します。
インライン画像が大きすぎる リッチテキストボックスのインライン画像は大きすぎないようにします。大きすぎると、その画像はEcho Spotで表示されたときにトリミングされる可能性があります。 インライン画像には絵文字や星評価のような小さい画像のみを使用します。大きな画像にはBodyTemplate7を使用します。
テキストを含むインライン画像 リッチテキストボックスにテキスト付きのインライン画像が含まれる場合、そのインライン画像はEcho Spotで判読できないことがあります。 インライン画像には絵文字や星評価のような小さい画像のみを使用します。テキストを含む画像は使用しないようにします。代わりに実際のテキストを使用します。
Echo Spotで前景画像がない BodyTemplate2またはBodyTemplate3の前景画像がない場合、Echo Spotで表示されません。
BodyTemplate1またはBodyTemplate6を使用して、前景画像のない背景画像付きのテキストのみを表示します。