あなたのAlexaコンソール
?
サポート

フラッシュブリーフィングスキルの作成手順

はじめに

フラッシュブリーフィングスキルは、Amazon開発者ポータルで作成できます。スキルを作成する際は、スキルの情報、コンフィギュレーションを設定し、スキルのコンテンツを提供する1つまたは複数のフィードを定義します。フィードはテキストまたは音声で作成し、開発者自身が所有、または配布する権利を持っている必要があります。フラッシュニュースを提供する言語ごとにスキルを作成する必要があることに注意してください。つまり、対象言語が米国英語、英国英語、ドイツ語である場合、3つの別個のスキルを作成することになります。

このトピックでは、開発者ポータルでのフラッシュブリーフィングスキルの作成とコンフィギュレーション、スキルのテスト、認証の申請の手順について説明します。

Amazon開発者ポータルに登録してスキルを作成する

新しいフラッシュブリーフィングスキルを作成するには、Amazon開発者ポータルのアカウントが必要です。アカウントを持っていない場合は、https://developer.amazon.com/login.htmlにアクセスしてアカウントを新規作成してください。登録は無料です。登録が完了したら、次の手順を実行します。

  1. ブラウザでAmazon開発者ポータルを開き、ログインします。
  2. 一番上のナビゲーションバーで「Alexa」をクリックして「Alexa」セクションを開きます。
  3. Alexa Skills Kitの「Get Started」をクリックします。
  4. Add a New Skill」ボタンをクリックします。スキルの認証手順を示すタブを含むページが表示されます。次のセクション以降では、これらの各手順で実施する必要のあるタスクについて順を追って説明します。

名前、言語、エラーメッセージを設定する

  1. Skill Information」ページで、「Flash Briefing Skill API」を選択します。
  2. Language」ドロップダウンで、スキルの言語を選択します。フラッシュブリーフィングスキルは1つの言語のみを対象とし、一度選択した言語は変更できません。また、スキルプリアンブル、エラーメッセージ、説明、コンテンツは、スキルに選択した言語でなければなりません。

    スキル情報:
    スキル情報:
  3. スキルの「Name(名前)」を入力します。この名前は、Alexaアプリで表示されます。この名前が、Amazonからの出資を示唆するものではないこと、第三者の著作権、商標、肖像権を侵害するものではないことを確認してください。「Next」をクリックします。
  4. Interaction Model」ページで、「Next」をクリックします。フラッシュブリーフィングスキルの対話モデルはあらかじめ定義されています。たとえば、英語を話すユーザーは次のようなフレーズを言うことでフラッシュニュースを取得します。

    • Alexa, what's my Flash Briefing?
    • Alexa, what's in the news?

    ドイツを話すユーザーは次のようなフレーズを言うことでフラッシュニュースを取得します。

    • Alexa, was ist meine gliche Zusammenfassung?
    • Alexa, was sind die Nachrichten?
    対話モデル

1つまたは複数のフラッシュニュースフィードを追加する

フラッシュブリーフィングスキルにはテキストまたは音声コンテンツの複数のフィードを含めることができます。通常、それぞれのフィードを、スポーツやローカルニュースなどといったコンテンツのジャンルで分けます。Alexaは、読み上げ機能(TTS)を利用してテキストフィードを読み上げるか、音声フィードを再生します。1つのフィードを、常にスキル用にオンになっているデフォルトフィードとして機能させる必要があります。残りのフィードは、スキルを有効化したカスタマーがオンにすることができます。フィードのフォーマットとコンテンツの詳細については、フラッシュブリーフィングスキルAPIフィードリファレンスを参照してください。

Configuration」タブで、以下の手順を実行します。

  1. カスタムエラーメッセージを提供します。何らかの理由でフィードコンテンツが利用できない場合、Alexaはこのメッセージを使用します。このメッセージの言語はスキルに選択した言語と同じにしてください。つまり、用意するスキルが英語であれば、エラーメッセージも英語でなければなりません。用意するスキルがドイツ語であれば、エラーメッセージもドイツ語でなければなりません。
  2. Feed Information」で、「Add new feed」ボタンをクリックします。
  3. Preamble」には、このフィードの音声による紹介を入力します。Alexaは、フィードコンテンツを読み上げる前、または再生する前に、プリアンブルを読み上げます。プリアンブルは70文字までに制限されていて、スキルと同じ言語でなければなりません。また、プリアンブルは特定の単語で開始します。

    • 英語の場合は、「In」または「From」です。
    • ドイツ語の場合は、「Im」、「Von」、「In」、「Vom」、「Aus」です。
  4. Name」には、スキルの一意の名前を入力します。ユーザーがコンテンツを推測できる名前にしてください。
  5. Content update frequency」には、コンテンツの更新頻度に最も近い値を選択します。
  6. Content type」フィールドには、フィードがテキストなのか音声なのかを選択します。テキストコンテンツの場合、フィードをRSSまたはJSONフォーマットで指定できます。音声ファイルの場合、ビットレート256kbps以上のステレオまたはモノラルのMP3形式で提供します。
  7. Content genre」には、ドロップダウンからコンテンツを最もよく表している説明を選択します。
  8. URL」ボックスには、テキストまたは音声コンテンツフィードのURLを追加します。URLのリンク先には、ユーザーによるログインが必要となるページを指定できません。
  9. Feed Icon」には、このコンテンツフィードを表す画像を指定します。画像は、512 x 512ピクセルのjpgまたはpngでなければなりません。この画像はAlexaアプリに表示されます。
  10. Save」をクリックして、フィードを追加します。
  11. 以上の手順をスキルに追加するフィードごとに繰り返します。最初に追加したフィードが自動的にデフォルトフィードとしてマークされます。すべてのフィードを追加した後に、「Default」列にチェックを付けることでデフォルトフィードを選択することもできます。
  12. フィードの追加が完了し、スキルをテストする準備ができたら、「Next」をクリックします。
フィード情報

フラッシュブリーフィングスキルをテストする

スキル作成の次のステップは、Alexa搭載端末でフラッシュブリーフィングスキルをテストすることです。この端末は、表示するスキルの開発者アカウントと同じアカウントで登録されている必要があります。

  1. 開発者ポータルの「Test」タブで、スライダーを「Yes」(デフォルト)に設定し、スキルのテストを有効にします。
  2. Your Skills」フィルターを適用してAlexaアプリにスキルを表示し、スキルを有効にします。
  3. スキルを有効にした後、英語スキルでは「Alexa, whatâ??s my Flash Briefing?」、ドイツ語スキルでは「Alexa, was ist meine tÃ?gliche Zusammenfassung?」とAlexaに尋ねることができます。そうするとAlexaがコンテンツを再生するか、読み上げます。
  4. スキルのすべてのフィードを有効にして、Alexa端末またはAlexaアプリでテストする必要があります。
  5. スキルのテストが完了したら、「Next」をクリックします。

スキルの公開情報を追加する

Publishing Information」ページで指定した説明と画像は、Alexaアプリに表示されます。カスタマーはスキルのリストをスクロールして、詳細情報を表示するスキルを選択できます。対話モデルはすでに定義されているため、指定すべき最も重要な情報はスキルの短い説明と長い説明、およびスキルを識別できる画像です。

  1. Short Skill Description」にスキルのサマリーを入力します。入力した内容はAlexaアプリのスキルリストに表示されますので、スキルの対象言語と同じ言語で入力する必要があります。
  2. Full Skill Description」にスキルの詳細な説明を入力します。入力した内容はカスタマーがスキルを選択したときに詳細情報として表示されますので、スキルの対象言語と同じ言語で入力する必要があります。スキルの詳細な説明には、スキルに指定したすべてのフィードが一覧で示されます。次の図は、開発者ポータルの「Full Skill Description」フィールド、およびこのフィールドがAlexaアプリでどのように表示されるかを示しています。
詳細を公開する
  1. Category」ドロップダウンで、スキルのカテゴリーを選択します。
  2. スキルを識別する小さいアイコン(108 x 108ピクセル)と大きいアイコン(512 x 512ピクセル)を追加します。画像のサイズが適正でない場合は、追加できません。
  3. Testing Instructions」にスキルのテスト方法を記述します。特別な指示がない場合は「None」と入力してください。
  4. Next」をクリックします。

プライバシーとコンプライアンスに関する質問に回答する

Privacy and Compliance」ページには、すべての種類のスキルに共通する質問が表示されます。フラッシュブリーフィングスキルでは、商品の購入を可能にしたり、ユーザーの個人情報を尋ねたりすることはできません。

  1. 購入や個人情報に関する質問に回答します。
  2. 任意で、Privacy Policy URL(プライバシーポリシーのURL)とTerms of Use URL(利用規約のURL)を入力します。
  3. Export Compliance」で、米国およびAmazonがサービスを提供しているすべての国でのフラッシュブリーフィングスキルの使用を認めるか、「Selected countries and regions:」を選択してスキルの配布先の国を個別に選択します。

最終確認を行い、認証を申請する

  1. フラッシュブリーフィングスキルの認証チェックリストを使用してスキルの最終確認をします。
  2. 開発者ポータルでスキルを開き、「Submit for Certification」をクリックします。