スキルのカスタマー情報のアクセス権限



スキルのユーザー情報のアクセス権限をコンフィギュレーションする

Alexaスキルでは、スキルの応答に関連する情報を提供したり、トランザクションを完了したりするために、ユーザーの個人情報を必要とする場合があります。特定の情報についてユーザーから許可をリクエストするようにスキルを設定できます。この方法でスキルを設定した場合、ユーザーが最初にスキルを有効にすると、Alexaは、ユーザーにAlexaアプリにアクセスして、この特定の情報を取得する権限を付与するように依頼します。

スキルは、次のすべての事例を適切に処理する必要があります。

  • ユーザーが、Alexaアプリでアクセス権限を付与した場合。
  • ユーザーがリクエストを無視し、Alexaアプリに移動しなかった場合。
  • ユーザーがAlexaアプリにアクセスしたが、スキルがこの情報を取得する許可を拒否した場合。

このスキルを使用するにはユーザー情報が必要であるにも関わらず、ユーザーがそれを提供することに同意しない場合、ユーザーエクスペリエンスを良好に保つため、スキルを適切に終了させる必要があります。

スキルにユーザー情報のアクセス許可をリクエストするよう設定するには

開発者コンソールでスキルを開きます。ビルドページに移動し、左下のアクセス権限まで下にスクロールします。スキルに必要な情報に対応する権限のオン/オフを切り替えます。

現在、カスタムスキルに使用できる権限は次のとおりです。

  • デバイスのアドレス
  • ユーザー名
  • ユーザーのEメールアドレス
  • ユーザーの電話番号
  • リストへの書き込み
  • リストの読み込み
  • Amazon Pay
  • リマインダー
  • 位置情報サービス

不必要なユーザー情報を収集せず、ユーザーエクスペリエンスを高めるには、スキルが応答を改善させるためにその情報を使用する場合にのみ、権限を切り替えるようにします。

リクエストする個人情報は、ユーザーの許可、プライバシー通知、適用される法令に従ってのみ利用するようにしてください。