あなたのAlexaダッシュボード 設定

スキルのカスタマー情報のアクセス許可をコンフィギュレーションする

Amazon開発者ポータルの「Permissions」セクションで、スキルの開発者は特定の個人情報を取得するためにユーザーに権限をリクエストする機能をスキルに含めることができます。スキルがそれらを必要とするまで、ユーザーがこれらの権限を付与するように求められることはありません。現在利用可能な権限は、「Device Address」、「Lists Read」および「Lists Write」です。

Device Address」権限の詳細については、「所在地情報を使用してスキルを拡張する」を参照してください。

Lists Read」および「Lists Write」権限の詳細については、「Alexaの買い物リストとTo Doリストにアクセスする」を参照してください。

コーディングに関するトピック

その他のトピック:

リファレンス: