Works with Alexaコンソール



Works with Alexaコンソール

Works with Alexa(WWA)コンソールでは、WWA認定プログラムのエクスペリエンスを管理できます。製品の認定を申請したり、ASINのWWA認定バッジをリクエストしたりできます。

前提条件

WWAコンソールを使用するには、以下のものが必要です。

  • 対象となるデバイス。詳細については、Works with Amazon Alexaの概要を参照してください。

  • Alexa開発者アカウント。既にAmazon.co.jpのベンダーアカウントや出品者アカウントがある場合でも、Alexaの開発者アカウントが必要です。組織内で複数のメンバーが認定プロセスを管理している場合、同じアカウントにユーザーを追加できます。詳細については、Amazon開発者アカウントと権限を管理するを参照してください。

製品を登録する

認定を申請する製品ごとに、情報を入力する必要があります。1つの製品の認定を複数の国で申請する場合や、複数のハブを内蔵する製品の認定を申請する場合、その製品に必要な登録は1回だけです。製品にモデルが複数ある場合、各モデルのバージョンごとに登録してください。

製品を登録するには

  1. Works with Alexaコンソールにログインします。

  2. 製品ページで、製品を登録をクリックします。製品ページが表示されます。

  3. 製品ページで、次の情報を入力します。

    1. 商品名に、製品の名前を入力します。
    2. ブランドに、製品のブランドを入力します。
    3. モデル番号に、製品のモデル番号を入力します。
    4. EANに、EAN(European Article Number)を入力します。
    5. デバイスタイプで、デバイスの種類(電球など)を選択します。
    6. 製造国で、デバイスが製造された国を選択します。
    7. すべての入力内容を確認したら、保存して次へをクリックして続行します。保存をクリックしてデータを保存し、あとで続行することもできます。
  4. 機能ページで、デバイスがサポートする機能を選択します。一部の機能は、デバイスタイプに基づいて自動で選択されています。すべての入力内容を確認したら、保存して次へをクリックして続行します。保存をクリックしてデータを保存し、あとで続行することもできます。

  5. 接続の種類ページの製品をAlexaに接続する方法は何ですか?で、方法を選択します。ローカルを選択した場合は、プロトコル情報も入力します。すべての入力内容を確認したら、保存して次へをクリックして続行します。保存をクリックしてデータを保存し、あとで続行することもできます。

  6. セットアップページで、デバイスのセットアップ方法とデバイスのテスターに関する情報を入力します。すべての入力内容を確認したら、保存して完了をクリックして続行します。保存をクリックしてデータを保存し、あとで続行することもできます。

上記の手順を完了したら、製品ページで製品を確認します。情報不足ステータスの場合、編集をクリックして必要な情報を入力します。準備完了ステータスの場合、申請をクリックして製品の認定を申請できます。送信をクリックすると、新しいプロジェクトページが表示されます。次のセクションの手順に従って、申請を行います。

製品の認定を申請する

製品の登録が完了したら、認定を申請できます。

スキルの認定を申請するには

  1. Works with Alexaコンソールにログインします。

  2. 認定ページで、プロジェクトを作成をクリックします。新しいプロジェクトページが表示されます。

  3. 新しいプロジェクトページで、次の情報を入力します。

    1. 認定を希望する製品を選択してくださいで、登録済み製品のリストから製品を選択します。
    2. 審査対象とするデバイスの現在のハードウェアバージョンで、バージョン番号を入力します。
    3. 審査するデバイスの現在のファームウェアバージョンで、バージョン番号を入力します。
    4. 接続の種類で、接続の種類を選択します。
    5. スキルを使ってAlexaに接続する場合、接続名にスキル名を入力します。
    6. スキルを使ってAlexaに接続する場合、スキルIDまたはスキルASINに、スキルの情報を入力します。スキルIDは、Alexa Skills Kit開発者コンソールで確認できます。スキルIDにアクセスできない場合、代わりにASINを指定できます。Alexaスキルストアでスキルを表示する際、URLに含まれる英数字10桁のIDがASINです。たとえば、URLがwww.amazon.com/gp/product/A1A1A1A1A1の場合、ASINはA1A1A1A1A1となります。
    7. スキルを使ってAlexaに接続する場合、スキルステージ公開中または開発中を選択します。
    8. どの地理的リージョンで製品の認定を申請しますか?で、リージョン、国の順に選択します。

    9. 会社のアカウント会社の連絡先情報会社の住所に情報を入力します。ここで入力したEメールアドレスと電話番号は、製品のテスト中の技術サポートに使用されます。

    10. すべての入力内容を確認したら、プレビューをクリックします。保存をクリックしてデータを保存し、あとで続行することもできます。
  4. プレビューをクリックすると、プロジェクトのプレビューページが表示されます。プロジェクトのプレビューページで、以下の手順を実施します。

    1. すべての入力内容を確認します。
    2. テスト計画セクションでテストケースを確認します。テストの詳細については、プロジェクトの範囲を参照してください。
  5. 入力内容を確認したら、申請をクリックして認定を申請します。編集をクリックして、入力内容を編集することもできます。

上記の手順を完了したら、認定ページでプロジェクトを確認できます。プロジェクトのステータスは、ステータス列で追跡できます。プロジェクト送信後の最初のステータスは、審査受付です。

プロジェクトの範囲

プロジェクトのテスト範囲は、以下の条件によって決まります。

  • デバイスの種類とAlexaに接続する方法
  • 製品がサポートする機能
  • Alexaスキルを使ってAlexaに接続する製品固有の条件

    • 製品を初めて認定する場合、スキルの機能テスト、ユーザーエクスペリエンステスト、Lambda関数テストが実施されます。
    • 新しいマーケットプレイスでの認定をリクエストした場合、そのマーケットプレイスで既にテスト済みのスマートホームサービスエンドポイントを使っていれば、製品は自動で認定されます。
    • 認定リクエストで、スキルが新しいリージョン固有のサービスエンドポイントを使う必要がある場合は、簡単なLambda関数テストが実施されます。

Lambda関数のリージョンの詳細については、Lambda関数を複数の地域にデプロイするを参照してください。

テストの手順と連絡方法

認定を申請したら、Amazonでプロジェクトの資格要件を審査します。資格要件を満たしている場合、Amazonはプロジェクトをテストチームに送ります。48時間以内に、テストチームの担当者から、デバイスの送付手順について連絡があります。

以下のステージにあるプロジェクトのステータスを追跡できます。

  • 審査受付:Amazonがプロジェクトの資格要件を確認しています。
  • 見積作成中:テストチームがプロジェクトの料金見積もりを生成しています。テストチームへのテスト料金は、製品テストを申請するたびに発生します。
  • 見積承認待ち:テストチームが作成した見積もりを承認する必要があります。
  • デバイス受領待ち:テストチームがデバイスの受領を待機しています。
  • テスト待ち:テストチームがデバイスを受領し、テスト待ちのキューに追加しました。
  • テスト中:テストチームがデバイスをテストしています。1回のテストにかかる時間は10営業日前後です。
  • 結果審査中:テストチームでのテストが完了し、結果がAmazonに送信されました。Amazonで結果を審査しています。
  • 完了:Amazonが結果の審査を完了し、プロジェクトを承認または却下しました。

製品が不合格の場合、テストチームから基準を満たさなかった項目のリストが提供されるため、問題を修正することができます。テスト結果はWWAコンソールで確認できます。基準を満たさなかった項目について質問がある場合、wwa-support@amazon.com(英語対応のみ)まで問い合わせてください。製品テストを再申請する準備ができたら、テストプロジェクト結果の再テストをクリックします。

製品がテストに合格したら、Amazonから通知があります。Amazonがプロジェクトを承認したら、製品のWorks with Alexa認定が完了し、バッジを取得できます。

次のステップ

製品がWWA認定されたら、WWA認定バッジをリクエストできます。詳細については、Amazon.co.jpでWorks with Alexa認定バッジを表示するマーケティング資料にWorks with Alexa認定バッジを追加するを参照してください。