あなたのAlexaコンソール
?
サポート

SMAPIを使ってスキルにイベントを追加する

SMAPIを使ってスキルにイベントを追加する

ASK CLI(Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェース)を使ってスキルを開発する場合、イベントサブスクリプションを含めるようにスキルのスキーマを変更できます。これにより、より機能の豊富なスキルや外部アプリを活用したスキルを開発できます。スキルイベントリストイベントを参照してください。

既存スキルにイベントを追加するには、以下の手順に従います。ASK CLIから直接リストスキルを新規作成するには、リストスキルを作成する手順を参照してください。

以下の手順は、カスタムスキル、リストスキルの両方に適用されます。

カスタムスキルのマニフェストがこの方法で更新された場合、スキルイベントを含めることができます。

リストスキルのマニフェストには、以下の2つの形式があります。

  • イベントと「apis」オブジェクトに追加のhouseholdListフィールドを含むカスタムスキルのスキルマニフェスト
  • householdListフィールドを含むが、apisオブジェクトにcustomオブジェクトは含まれず、対話モデルも含まないスキルマニフェスト

Alexaスキル管理APIへのアクセス権限を取得する

npmからASK CLIをインストールします。インストール手順については、Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェースクイックスタートガイドを参照してください。

イベントを含めるようスキル定義を更新する

ASK CLIのインストールと初期化が完了したら、以下のように既存スキルのスキル定義を更新できます。

  1. 既存のスキルスキーマをダウンロードします。次のコマンドを実行します。

ask api get-skill –s {skillId} > skill.json

  1. eventsオブジェクトを含めるようskill.jsonファイルを更新します。サポートされるスキルの種類ごとのスキルマニフェストの形式については、こちらを参照してください。

  2. スキルで必要な場合は、スキルの適切なスコープを使用して、permissionInfoを手動でスキルスキーマの定義に追加します。形式が適切なスキルマニフェストに対応しているか確認してください。

  3. スキル定義を更新します。次のコマンドを実行します。

ask api update-skill –s {skillId} –f skill.json

スキルサービスにイベントを処理するコードを追加する方法については、Alexa List Events Project(英語)を参照してください。