カスタムスキルの呼び出し名を決定する



カスタムスキルの呼び出し名を決定する

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「十二星座占い」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー:アレクサ、十二星座占いに双子座の運勢を聞いて。

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。プリビルドモデルを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「Daily Horoscopes」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー: Alexa, ask Daily Horoscopes for the horoscope for Gemini

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。プリビルドモデルを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「signe astrologique」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー: Alexa, demande à signe astrologique l'horoscope des verseaux

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。スマートホームスキルAPIを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「Tageshoroskop」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー: Alexa, frage Tageshoroskop nach dem Horoskop für Fische

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。プリビルドモデルを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「दैनिक राशिफल」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー: Alexa, दैनिक राशीफल से पूछो की मिथुन राशि का राशिफल क्या है

呼び出し名の中で、英語の単語にはラテン文字、ヒンディー語の単語にはデーヴァナーガリー文字を使用してください。例:

ユーザー: Alexa, मज़ेदार jokes खोलो

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。プリビルドモデルを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「Oroscopo del Giorno」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー: Alexa, domanda a Oroscopo del Giorno l'oroscopo dei Gemelli

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。プリビルドモデルを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「Horóspoco Diário」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー: Alexa, abre o Horóscopo Diário e vai no horóscopo de gêmeos

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。プリビルドモデルを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

ユーザーは、スキルの呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始します。たとえば、呼び出し名が「Horóscopo Diario」である場合、ユーザーは次のように発話することができます。

ユーザー: Alexa, pregúntale a Horóscopo Diario por el horóscopo de Géminis

呼び出し名は、スキルの開発中であればいつでも変更できます。スキルが認定されて公開された後は、呼び出し名を変更することはできません。

呼び出し名は、カスタムスキルとの対話を開始する場合にのみ必要です。プリビルドモデルを使用する場合は、スキルの呼び出し名を使用する必要はありません。作成可能なスキルの種類については、スキルの種類についてを参照してください。

カスタムスキルの呼び出し

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は3通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):
    • 「アレクサ、十二星座占いに双子座の運勢を聞いて」
    • 「アレクサ、十二星座占いを開いて牡牛座の運勢をチェックして」
    • 「アレクサ、十二星座占いを使って牡牛座の運勢を教えて」
  2. 特定の処理をリクエストせず、「を開いて」や「をスタートして」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「アレクサ、十二星座占いを開いて」
    • 「アレクサ、十二星座占いをスタートして」
    • 「アレクサ、十二星座占いを実行して」
  3. 呼び出し名だけを使用してスキルを呼び出す場合: 「アレクサ、十二星座占い

起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は3通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, Ask Daily Horoscopes for Gemini」
    • 「Alexa, Talk to Daily Horoscopes and give me the horoscope for Taurus」
    • 「Alexa, give me my Taurus horoscope using Daily Horoscopes
  2. 特定の処理をリクエストせず、「open」や「start」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, open Daily Horoscopes
    • 「Alexa, start Daily Horoscopes
    • 「Alexa, ask Daily Horoscopes
  3. 呼び出し名だけを使用してスキルを呼び出す場合: 「Alexa, Daily Horoscopes

起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は3通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, ouvre signe astrologique pour verseaux」
    • 「Alexa, ouvre signe astrologique et donne-moi l'horoscope des verseaux」
    • 「Alexa, demande à signe astrologique quel est l'horoscope des verseaux」
    • 「Alexa, demande à signe astrologique de me donner l'horoscope verseaux」
    • 「Alexa, demandez à signe astrologique de me donner l'horoscope verseaux」
    • 「Alexa, donne-moi l'horoscope des verseaux avec signe astrologique
  2. 特定の処理をリクエストせず、「open」や「start」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, ouvre signe astrologique
    • 「Alexa, lance signe astrologique
    • 「Alexa, démarre signe astrologique
  3. 呼び出し名だけを使用してスキルを呼び出す場合: 「Alexa, signe astrologique.」

起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は3通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):

    • 「Alexa, frage Tageshoroskop nach Fische」
    • 「Alexa, sprich mit Tageshoroskop und öffne mein Horoskop für Fische」
    • 「Alexa, gib mir das Fischhoroskop vom Tageshoroskop
  2. 特定の処理をリクエストせず、「open」や「start」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, öffne Tageshoroskop
    • 「Alexa, starte Tageshoroskop
    • 「Alexa, frage Tageshoroskop
  3. 呼び出し名だけを使用してスキルを呼び出す場合: 「Alexa, Tageshoroskop

起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は2通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, दैनिक राशिफल से पूछो के Gemini राशि का दिन कैसा रहेगा」
    • 「Alexa, दैनिक राशिफल शुरू करो और मुझे मिथुन राशि का राशिफल बताओ」
    • 「Alexa, दनिक राशिफल इस्तेमाल करो और मुझे वृषभ राशि का horoscope दें」
  2. 特定の処理をリクエストせず、「open」や「start」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, मज़ेदार jokes खोलो」
    • 「Alexa, मज़ेदार jokes open करो」

    • 「Alexa, मज़ेदार jokes शुरू करो」

起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は3通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, domanda a Oroscopo del Giorno l'oroscopo dei Gemelli」
    • 「Alexa, lancia Oroscopo del Giorno e dimmi l'oroscopo del Toro」
    • 「Alexa, avvia Oroscopo del Giorno e dimmi l'oroscopo dei Pesci」
  2. 特定の処理をリクエストせず、「open」や「start」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, apri Oroscopo del Giorno
    • 「Alexa, lancia Oroscopo del Giorno
    • 「Alexa, avvia Oroscopo del Giorno
  3. 呼び出し名だけを使用してスキルを呼び出す場合: 「Alexa, Oroscopo del Giorno

起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は3通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, peça ao Horóscopo Diário pelo horóscopo de gêmeos
    • 「Alexa, inicia Horóscopo Diário e me dê o horóscopo de touro
  2. 特定の処理をリクエストせず、「abre」、「abrir」、「inicie o」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, abre Horóscopo Diário
    • 「Alexa, inicie o Horóscopo Diário
    • 「Alexa, abre o Horóscopo Diário
    • 「Alexa, abrir Horóscopo Diário
  3. 呼び出し名だけを使用してスキルを呼び出す場合: 「Alexa, Horóscopo Diário

起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

呼び出し名を使ってカスタムスキルとの対話を開始する方法は3通りあります。呼び出し名は、以下のすべての方法で問題なくスキルを起動させられるものであることが必要です。

  1. スキルを呼び出すと同時に、特定の処理をリクエストする方法。呼び出し名と特定のリクエストは、いろいろな方法で組み合わせることができます。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, pregúntale a Horóscopos Diarios sobre Géminis
    • 「Alexa, dile a Horóscopos Diarios que me de el horóscopo de Tauro
    • 「Alexa, dame mi horóscopo de Tauro usando Horóscopos Diarios
  2. 特定の処理をリクエストせず、「abre」や「empieza」など、定義されているフレーズを使用してスキルの呼び出しのみを行う方法。例(すべてではありません):
    • 「Alexa, abre Horóscopos Diarios
    • 「Alexa, empieza Horóscopos Diarios
    • 「Alexa, pregúntale a Horóscopos Diarios
  3. 呼び出し名だけを使用してスキルを呼び出す場合: 「Alexa, Horóscopos Diarios.」

サポートされるその他の起動フレーズの一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。このリストには、サポートされるフレーズの代表的なサンプルのみが記載されています。

呼び出し名の要件

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  2. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「花子」、「東京」など)を単独で使用することはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「モリースペシャル星占い」「神戸観光スポット」「花子手作りショップ」など)。
  4. 原則助詞を含めてはいけません。2つ以上の名詞を使用する必要があります。

  5. 呼び出し名に、Alexaスキルの起動フレーズとつなぎ語を含めることはできません。
    • 起動フレーズは「起動して」、「使って」、「開いて」、「スタート」、「スタートして」、「始めて」、「開始」、「開始して」、「実行して」、「実行」などです。
    • つなぎ語の例には「で」、「を使って」、「使って」、「に」、「の」などがあります。スキルの起動フレーズとつなぎ語について詳しくは、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。
  6. 呼び出し名には、ウェイクワードである「アレクサ」、「アマゾン」、「エコー」、または「スキル」や「アプリ」という単語を含めることはできません。

  7. 呼び出し名に使用できるのは、ひらがな、カタカナ、漢字のみです。アルファベットのアクロニムの場合は、連続した小文字(「nasa」など)を使用します。イニシャリズムは、以下の規則8と規則9に従って使用する必要があります。数字やその他の文字は発音通りに日本語で使用する文字で記入してください(「にじゅうご、二十五」など)。呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。

  8. 呼び出し名に略語が含まれている場合、1文字の後に半角スペースを挿入する必要があります(例:「a b c 」、「f y i 」、「u f o 」)

  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「AWS豆知識」というスキルの呼び出し名の場合、「AWS」を「エーダブリューエス」ではなく「a w s 」と指定する必要があります。

  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「天気」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。

  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、日本語バージョンのスキルの呼び出し名は、日本語の表記で記述する必要があります。呼び出し名を選択するときは、英語やその他の外国語の単語はローカライズする必要があります(例:クックパッド、ルンバ)。

  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  2. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「molly」、「seattle」など)を単独で使用することはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「molly's horoscope」「seattle spotlight」「sam's market」など)。

  4. 2語の呼び出し名のうち1語に定冠詞(「the」)、不定冠詞(「a」、「an」)または前置詞(「for」、「to」、「of」、「about」、「up」、「by」、「at」、「off」、「with」)は使用できません。例:「a bicycle」、「an espresso」、「to amuse」、「for fun」など。

  5. 呼び出し名に、Alexaスキルの起動フレーズとつなぎ語を含めることはできません。
    • 起動フレーズは「run」、「start」、「play」、「resume」、「use」、「launch」、「ask」、「open」、「tell」、「load」、「begin」、「enable」などです。
    • つなぎ語の例には「to」、「from」、「in」、「using」、「with」、「to」、「about」、「for」、「that」、「by」、「if」、「and」、「whether」などがあります。 スキルの起動フレーズとつなぎ語について詳しくは、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。
  6. 呼び出し名には、ウェイクワードである「Alexa」、「Amazon」、「Echo」、または「skill」や「app」という単語を含めることはできません。

  7. 呼び出し名に使用できるのは、小文字のアルファベット、単語間のスペース、所有格のアポストロフィ(例:「sam's science trivia」)のみです。数字やその他の文字は、発音通り(例:「twenty one」)に記入してください。呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。

  8. 呼び出し名に略語が含まれている場合、ピリオドを挿入し、その後に半角スペースを挿入する必要があります(例:「a. b. c. 」、「f. y. i. 」、「u. f. o. 」)

  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「AWS Facts」というスキルの呼び出し名の場合、「AWS」を「ay double u ess」ではなく「a. w. s.」と指定する必要があります。

  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「weather」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。
  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、ドイツ語バージョンのスキルの呼び出し名は、ドイツ語の表記で記述する必要があります。スキルが英語以外のマーケットプレイスで公開されており、これらの単語が一般的に使用される場合(名前や場所などの固有名詞が使用されているなど)、呼び出し名に英語の単語が含まれる場合があります。そのような場合は、それらの英語の単語のスペルを使用してください。現地語と英語でスペルが異なる場合は、現地語のスペルを使用します(例:ドイツ語スキルでは「radio player」ではなく、「radioplayer」を使用します)。
  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  2. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「paris」、「camille」など)を単独で使用することはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「paris en vélo」「l’horoscope de camille」など)。

  4. 2語の呼び出し名のうち1語に定冠詞(「le」、「la」「les」)、不定冠詞(「un」、「une」、「des」)または前置詞(「pour」、「de」、「sur」、「avec」など)は使用できません。例:「un vélo」、「le café」、「pour moi」、「de paris」。

  5. 呼び出し名には必ず、Alexaスキルの起動フレーズを含める必要があります。
    • 起動フレーズには、 「démarre」、「joue」、「commence」、「utilise」、「lance」、「demande」、「ouvre」、「dis」、「recommence」、「mets」、「active」などがあります。 スキルの起動フレーズについて詳しくは、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。
  6. 呼び出し名には、ウェイクワードである「Alexa」、「Amazon」、「Echo」、または「skill」、「app」、「appli」、「application」という単語を含めることはできません。

  7. 呼び出し名に使用できるのは、小文字のアルファベット(必要な場合はアクセントも含む)、単語間のスペース、および所有格のアポストロフィ(例:「bruits d'animaux」)のみです。アポストロフィの後には、必ずスペースを挿入する必要があります(例:d'animaux、l'avion)。数字やその他の文字は、発音通り(例:「vingt et un」)に記入してください。呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。

  8. 呼び出し名に略語が含まれている場合、ピリオドを挿入し、その後に半角スペースを挿入する必要があります(例:「a. b. c. 」、「r. t. l.」)。

  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「NRJ Musique」というタイトルのスキルでは、「NRJ」を「enne erre ji」ではなく「n. r. j.」と指定する必要があります。

  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「météo」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。

  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、フランス語バージョンのスキルの呼び出し名は、フランス語の表記で記述されている必要があります。スキルが米国以外のマーケットプレイスで公開されており、これらの単語がそのマーケットプレイスで一般的に使用されている場合(名前や場所などの固有名詞が使用されているなど)、呼び出し名に英語(米国)の単語が含まれる場合があります。そのような場合は、それらの単語の英語(米国)のスペルを使用してください。スキルの呼び出し名が次の条件のいずれかに該当する場合は、英語(米国)の単語を使用しないでください。
    • 現地語と英語(米国)の単語のスペルが異なる
    • 英語(米国)の単語が既存の現地語の単語と重複したり、スペルが同じ場合(たとえば、フランス語では「my router」は、英単語の発音方法の関係から「my routeur」と認識されることが多くなります)
  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  2. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。ドイツ語の結合形を複数のコンポーネントに分解することは避けてください。例:「radio player」ではなく「radioplayer」。結合形の名詞に前置詞を付けることはできません。例:「zuschlag」、「fürsprecher」など。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「Moritz」、「Lukas」、「Bremen」など)を含めることはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「Annikas Horoskop」、「Bremerhaven Stadtführer」など)。

  4. 2語の呼び出し名のうち1語に定冠詞(「der」、「die」、「das」)、不定冠詞(「ein」、「eine」)または前置詞(「für」、「bei」、「an」、「über」、「auf’、「mit」)は使用できません。例:「ein Fenster」、「das Bild」、「für Elise」、「aus Spaß」。呼び出し名が2語以上の場合、上に挙げた単語を使用できます。

  5. 呼び出し名に、Alexaスキルの起動フレーズとつなぎ語を含めることはできません。起動フレーズは「öffne」、「frage」、「sage」、「lade」、「beginne」、「aktiviere」などです。つなぎ語の例には「nach」、「ob」、「und」などがあります。結合形の名詞の一部として、起動フレーズとつなぎ語を含めることもできません(「videospiele」など)。呼び出し名に使うことができるのは、起動フレーズの派生形のみです。例:「jasager」、「plattenspieler」、「deutschland fragt」など。スキルの起動フレーズとつなぎ語の一覧は、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

  6. 呼び出し名には、ウェイクワードである「Alexa」、「Amazon」、「Echo」、または「skill」や「app」という単語を含めることはできません。

  7. 呼び出し名に使用できるのは、小文字のアルファベット、単語間のスペース、「s」と「x」の後ろの所有格のアポストロフィ(例:「Alex' Pizza」)のみです。数字やその他の文字は発音通りに記入してください(「hundert zwei」など。ただし、20未満の数字は、「neunzehn」のように1単語で記入する必要があります)。

    呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。呼び出し名に頭字語を使用する場合は、小文字のアルファベットを使用し、文字間に半角スペースを含む必要があります。呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「MFG Trivia」というタイトルのスキルでは、「MFG」を「em eff ge」ではなく「m. f. g. 」と指定する必要があります。

    呼び出し名が結合形の場合、次のように処理または表記されることもあります。

    • 誤:wörter buch
    • 正:wörterbuch

    これは外来語にも適用されます。

    • 誤:englisch trainer
    • 正:englischtrainer

    また、名詞化された動詞にも適用されます。

    • 誤:lieder raten
    • 正:liederraten

    ただし、次の例外があります。

    a. 外来語の結合形は、元の言語の結合ルールに従って処理されます。

    • 誤:manyland
    • 正:many land

    b. 数字や略語を含む結合形は、それ以外の単語とスペースで分割されます。

    • 誤:stagezweizweidrei
    • 正:stage zwei zwei drei
    • 誤:p.c.assistent
    • 正:p. c. assistent
    • 誤:stabipaderborn
    • 正:stabi paderborn

    c. 固有名詞を含む結合形にも適用されません。

    • 誤:borussiamönchengladbachquiz
    • 正:borussia mönchengladbach quiz

    d. 組み合わせがわかりにくい結合形にも適用されません。たとえば、「autosoundquiz」は「auto so und quiz」とも読めますし「auto sound quiz」とも読めます。

    • 誤:autosoundquiz
    • 正:auto sound quiz

    e. 次のキーワードのいずれかで終わる結合形も例外となります。キーワード:album、feed、film、filme、gruppe、hits、joke、jokes、künstler、liste、music、musik、playlist、playliste、radio、radiosender、rezept、rezepte、scherz、scherze、schwitze、song、songs、timer、video、videos、witz、witze

    • 誤:wortkünstler
    • 正:wort künstler

    f. 次のキーワードのいずれかで始まる結合形も例外です。キーワード:hörspiele、hörspiel

  8. 呼び出し名に略語が含まれている場合、ピリオドを挿入し、その後に半角スペースを挿入する必要があります(例:「a. b. c. 」、「k. f. z. 」、「n. d. r. 」)
  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「USC Trivia」というスキルの呼び出し名の場合、「USC」を「you ess see」ではなく「u. s. c.」と指定する必要があります。
  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「Wetter」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。
  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、ドイツ語バージョンのスキルの呼び出し名は、ドイツ語の表記で記述する必要があります。スキルが米国以外のマーケットプレイスで公開されており、これらの単語がそのマーケットプレイスで一般的に使用されている場合(名前や場所などの固有名詞が使用されているなど)、呼び出し名に英語(米国)の単語が含まれる場合があります。そのような場合は、それらの単語の英語(米国)のスペルを使用してください。スキルの呼び出し名が次の条件のいずれかに該当する場合は、英語(米国)の単語を使用しないでください。
    • 現地語と米国英語ではスペルが異なります(例:ドイツ語スキルでは「radio player」ではなく、「radioplayer」を使用します)。
    • 英語(米国)の単語が既存の現地語の単語と重複したり、スペルが同じ場合(たとえば、「cloth」を含む呼び出し名では、「th」の発音が「s」(「kloß」)になることが多いため、認識が不良になります)。
  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. 呼び出し名の中で、ヒンディー語の単語にはデーヴァナーガリー文字、英語の単語にはラテン文字を使用してください。例:「मज़ेदार jokes」、「दैनिक राशिफल」。

  2. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  4. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「रमेश」、「मुंबई」など)を単独で使用することはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「रमेश का राशिफल」など)。

  5. 2語の呼び出し名のうち1語に定冠詞(「एक」、「प्रति」)、不定冠詞(「कोई」、「अनेक」)または前置詞(「के लिए」、「के पास」、「तक」、「की ओर」、「की तरफ़」、「के प्रति」)は使用できません。例:「एक cycle」、「एक हाथी」、「मनोरंजन के लिए」。

  6. 呼び出し名に、Alexaスキルの起動フレーズとつなぎ語を含めることはできません。
    • 起動フレーズは 「से पूछो」、「शुरू करो」、「प्रारंभ करो」、「खोलो」、「खेलो」、「चालू करो」、「open करो」、「इस्तेमाल करो」などです。
    • つなぎ語には、「और」、「कि」、「अगर」、「के」などがあります。スキルの起動フレーズとつなぎ語について詳しくは、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。
  7. 呼び出し名には、ウェイクワードである「Alexa」、「Amazon」、「Echo」、「अलेक्सा」、「ऐमेज़ोन」、「ऐको」、または「skill」、「स्किल」、「ऐप」や「app」という単語を含めることはできません。

  8. 呼び出し名の中に英語の単語を含める場合、呼び出し名に使用できるのは、小文字のアルファベット、単語間のスペース、所有格のアポストロフィ、省略形のピリオド(例:「a. b. c.」)のみです。ヒンディー語には、大文字/小文字の区別、所有格のアポストロフィ、省略形のピリオドはありません。数字やその他の文字は、ヒンディー語(例:「इक्कीस」)および英語の発音通りに記入してください。呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。呼び出し名に頭字語を使用する場合は、小文字のアルファベットを使用し、文字間に半角スペースを含む必要があります。

  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「AWS Facts」というスキルの呼び出し名の場合、「AWS」を「ay double u ess」ではなく「a. w. s.」と指定する必要があります。

  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「मौसम」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。

  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、ヒンディー語バージョンのスキルの呼び出し名は、ヒンディー語の表記で記述されている必要があります。スキルが米国以外のマーケットプレイスで公開されており、これらの単語がそのマーケットプレイスで一般的に使用されている場合(名前や場所などの固有名詞が使用されているなど)、呼び出し名に英語(米国)の単語が含まれる場合があります。そのような場合は、それらの単語の英語(米国)のスペルを使用してください。スキルの呼び出し名が次の条件のいずれかに該当する場合は、英語(米国)の単語を使用しないでください。

    • 現地語と英語(米国)のスペルが異なる
    • 英語(米国)の単語が既存の現地語の単語と重複したり、スペルが同じ場合
  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  2. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「archimede」、「firenze」など)を単独で使用することはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「il laboratorio di archimede」「le biciclette di firenze」など)。

  4. 2語の呼び出し名のうち1語に定冠詞(「il」、「la」、「gli」、「lo」)、不定冠詞(「uno」、「una」、「un」)、前置詞(「a」、「per」、「di」)、または前置冠詞(「alla」、「dei」、「degli」)は使用できません。例:「una bicicletta」、「un espresso」、「di fare」、「per me」、「per me」、「ai briganti」、「dell’ orto」など。

  5. 呼び出し名には必ず、Alexaスキルの起動フレーズを含める必要があります。
    • 起動フレーズは「avvia」、「lancia」、「apri」、「apriamo」、「puoi aprire」、「mi apri」、「comincia」、「inizia」、「USA」、「gioca con」、「accedi a」などです。スキルの起動フレーズについて詳しくは、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。
  6. 呼び出し名に「Alexa」、「Amazon」、「Echo」、「Computer」などのウェイクワードや「skill」または「app」という単語は使えません。

  7. 呼び出し名に使用できるのは、小文字のアルファベット、または単語間のスペースのみです。数字やその他の文字は、発音通り(例:「quattro passi」)に記入してください。呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。

  8. 呼び出し名に略語が含まれている場合、ピリオドを挿入し、その後に半角スペースを挿入する必要があります(例:「a. b. c. 」、「d. v. d.」、「c. v. d.」)

  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「vini DOCG」というタイトルのスキルでは、「DOCG」を「di o ci gi」ではなく「d. o. c. g.」と指定する必要があります。

  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「previsioni del tempo」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。

  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、イタリア語バージョンのスキルの呼び出し名は、イタリア語の表記で記述する必要があります。スキルが米国以外のマーケットプレイスで公開されており、これらの単語がそのマーケットプレイスで一般的に使用されている場合(名前や場所などの固有名詞が使用されているなど)、呼び出し名に英語(米国)の単語が含まれる場合があります。そのような場合は、それらの単語の英語(米国)のスペルを使用してください。スキルの呼び出し名が次の条件のいずれかに該当する場合は、英語(米国)の単語を使用しないでください。

    • 現地語またはバリアントと英語(米国)のスペルが異なる
    • 英語(米国)の単語が既存の現地語の単語と重複したり、スペルが同じ場合(たとえば、「musixmelody」のような呼び出し名では、「x」が現地のアルファベットに存在せず、イタリア語では借用語として使われるだけのため、認識が不良になります)
  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  2. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「maria」、「são paulo」など)を含めることはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「horóscopo da maria」など)。

  4. 2語の呼び出し名のうち1語に定冠詞(「o」、「a」、「os」、「as」)、不定冠詞(「um」、「uma」、「uns」、「umas」)または前置詞(「para」、「por」、「de」など)は使用できません。例:「a bicicleta」、「um espresso」、「para entreter」、「por diversão」。

  5. 呼び出し名には必ず、Alexaスキルの起動フレーズを含める必要があります。
    • 起動フレーズは「começar」、「iniciar」、「jogar」、「tocar」、「usar」、「pedir」、「perguntar」、「abrir」、「dizer」、「falar」、「habilitar」、およびそれらの活用形などです。スキルの起動フレーズについて詳しくは、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。
  6. 呼び出し名には、ウェイクワードである「Alexa」、「Amazon」、「Echo」、または「skill」や「aplicativo」という単語を含めることはできません。

  7. 呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。使用できるのは、小文字のアルファベット(数字などの他の文字はスペルアウト(「vinte um」など)する)と単語間のスペースのみです。

  8. 「UFRJ」のように、個々の文字の連なりとして発音されるアクロニムを含む呼び出し名の場合、ピリオドを使用できます。この場合、文字はすべて小文字で、ピリオドとスペースで区切る必要があります(例:「u. f. r. j.」)。ただし、略語が「UNESCO」のように単語として発音される場合は、すべて小文字でなければなりませんが、ピリオドやスペースを含めることはできません(例:「unesco」)。

  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「UFRJ」というスキルの呼び出し名の場合、「UFRJ」を「u efe erre jota」ではなく「u. f. r. j.」と指定する必要があります。

  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「tempo」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。

  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、ポルトガル語バージョンのスキルの呼び出し名は、ポルトガル語の表記で記述する必要があります。スキルが米国以外のマーケットプレイスで公開されており、これらの単語がそのマーケットプレイスで一般的に使用されている場合(名前や場所などの固有名詞が使用されているなど)、呼び出し名に英語(米国)の単語が含まれる場合があります。そのような場合は、それらの単語の英語(米国)のスペルを使用してください。スキルの呼び出し名が次の条件のいずれかに該当する場合は、英語(米国)の単語を使用しないでください。
    • 現地語と英語(米国)のスペルが異なる
    • 英語(米国)の単語が既存の現地語の単語と重複したり、スペルが同じ場合
  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

呼び出し名は、次の要件を満たしている必要があります。

  1. スキルの呼び出し名は、組織や個人の知的財産権を侵害するものであってはなりません。知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  2. 以下の場合を除いて、1語の呼び出し名は許可されません。
    • 呼び出し名がブランド/知的財産独自のもので、法的に根拠のある書類により、所有権が証明されているもの。
    • (ドイツ語のスキルのみ)呼び出し名が2語以上の結合形である。この場合、Alexaがその単語を認識するには、スキルの言語で実際に使われている単語である必要があります。

    知的所有権ポリシーの詳細については、Alexaスキルのポリシーのテストを参照してください。

  3. 呼び出し名に、人名や場所の名前(「maria」、「santander」など)を含めることはできません。ただし、それらを呼び出し名の一部として使用することは可能です(「horóscopo de marta」など)。

  4. 2語の呼び出し名のうち1語に定冠詞(「el」、「la」、「los」、「las」)、不定冠詞(「un」、「una」、「unos」、「unas」)または前置詞(「para」、「a」、「de」など)は使用できません。例:「una bicicleta」、「un cafecito」、「a almorzar」、「para divertirse」。

  5. 呼び出し名には必ず、Alexaスキルの起動フレーズを含める必要があります。
    • 起動フレーズは「correr」、「comenzar」、「iniciar」、「poner」、「jugar」、「reproducir」、「reanudar」、「usar」、「utilizar」、「lanzar」、「pedir」、「preguntar」、「abrir」、「decir」、「cargar」、「empezar」、「habilitar」、およびそれらの活用形などです。スキルの起動フレーズとつなぎ語について詳しくは、ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。
  6. 呼び出し名には、ウェイクワードである「Alexa」、「Amazon」、「Echo」、または「skill」、「aplicación」、または「app」という単語を含めることはできません。

  7. 呼び出し名はユーザーが正確に発話しやすく、他の言葉と聞き間違えられにくいものである必要があります。使用できるのは、小文字のアルファベット(数字などの他の文字はスペルアウト(「veintiocho」など)する)と単語間のスペースのみです。

  8. 「UCM」のように、個々の文字の連なりとして発音されるアクロニムを含む呼び出し名の場合、ピリオドを使用できます。この場合、文字はすべて小文字で、ピリオドとスペースで区切る必要があります(例:「u. c. m.」)。ただし、略語が「UNESCO」のように単語として発音される場合は、すべて小文字でなければなりませんが、ピリオドやスペースを含めることはできません(例:「unesco」)。

  9. 呼び出し名では音素をスペルアウトできません。たとえば、「UCM」というスキルの呼び出し名の場合、「UCM」を「u ce eme」ではなく「u. c. m. 」と指定する必要があります。

  10. 既存のAlexa機能が起動してしまう可能性のある呼び出し名は使用しないでください。スキルの呼び出しがよく使用されるAlexaのコマンドと被ると、ユーザーがAlexaからの応答で混乱したり、スキルを有効にできなかったりします。たとえば、スキルの呼び出し名がビルトインの「tiempo」コマンドと類似していると、Alexaからの情報はカスタムスキルまたはビルトインの天気機能から提供される可能性があります。その結果、ユーザーは一貫した応答を得られず、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。

  11. 呼び出し名は、対象ユーザーの言語に合わせて作成してください。たとえば、スペイン語バージョンのスキルの呼び出し名は、スペイン語の表記で記述されている必要があります。スキルが米国以外のマーケットプレイスで公開されており、これらの単語がそのマーケットプレイスで一般的に使用されている場合(名前や場所などの固有名詞が使用されているなど)、呼び出し名に英語(米国)の単語が含まれる場合があります。そのような場合は、それらの単語の英語(米国)のスペルを使用してください。スキルの呼び出し名が次の条件のいずれかに該当する場合は、英語(米国)の単語を使用しないでください。
    • 現地語と英語(米国)のスペルが異なる
    • 英語の単語が既存の現地語の単語と重複したり、スペルが同じ場合
  12. 呼び出し名は、ユーザーがスキルを必ず起動できるように、そのスキルに特有のものでなければなりません。一般的すぎる呼び出し名は、スキルの認定プロセスで却下されたり、スキルを見つけにくくなったりする原因になります。

その他の推奨事項

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。たとえば「算数チューター」、「浅草グルメ」、「はじめくんジョーク」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(「起動して」、「開いて」、「開始して」など)との組み合わせにより、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。たとえば「boston transit」、「cricket trivia」、「math tutor」、「magic eight ball」、「baby stats」、「tim's jokes」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(「launch」、「ask」、「tell」、「load」、「begin」など)との組み合わせにより、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。例:「vélo paris」、「radio meuh」、「boule magique」、「blague du jour」、「citations célèbres」、「assistant de voyage」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(「lance」、「demande à」、「dis」、「ouvre」など)との組み合わせにより、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。たとえば「Kartentricks」、「Obst Analyse」、「Party Small-Talk」、「Kreuzfahrtrouten」、「Witze von Laura」、「Geschenkideen」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(「starte」、「öffne」、「beginne」、「lade」、「frage」など)との組み合わせにより、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。たとえば「पश्चिमी Railway」、「खाना खज़ाना」、「कपिल शर्मा」、「बच्चों के नाम」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(「से पूछो」、「प्रारंभ करो」、「खोलो」、「शुरू करो」、「चालू करो」など)との組み合わせにより、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。例:「trasporto di roma」、「cultura generale」、「palla magica」、「battuta del giorno」、「citazioni celebri」、「assistente di viaggio」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(「lancia」、「domanda a」、「chiedi a」、「avvia」、「apri」など)との組み合わせにより、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。たとえば「trânsito agora」、「jogos mentais」、「tutor de matemática」、「oráculo on-line」、「informações do bebê」、「as piadas do tim」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(例:「abrir a」、「abrir o」、「iniciar ainiciar o」、「pedir à」、「pedir ao」、「pedir pra」、「pedir pro」、「perguntar para a」、「 perguntar para o」、「falar com a」、「falar com o」、「dizer à」、「dizer ao」、「começar a」、「começar o」)の最低1個とスムーズに組み合わせることができ、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

以下の推奨事項は必須ではありませんが、従うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  1. スキルの呼び出し名は、スキルの機能に特有の名前を選択してください。スキルの機能を表す言葉や、企業名や開発者の名前に関連する言葉を使うと、ユニークかつ機能特有の名前を作成できます。例:「transporte santander」、「adivina adivina」、「tutor de matemáticas」、「ruleta de la fortuna」、「medida del bebe」、「chistes de juan」などです。

  2. 呼び出し名は、Alexaスキルの起動フレーズ(「lanza」、「pídele a」、「dile a」、「empieza」など)との組み合わせにより、ユーザーが自然な言い回しでスキルを呼び出せるものである必要があります。

呼び出し名を設定する

開発者コンソールでスキルの編集を選択し、ビルド > カスタム > 対話モデル > 呼び出し名の順に移動して、スキルの呼び出し名を入力または編集します。

呼び出し名をテストする

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「設定」、「履歴」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「Settings」、「History」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「Paramètres」、「Historique」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「Settings」、「History」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「Settings」、「इतिहास」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「Settings」、「History」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「Configurações」、「Histórico」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。

すべての初期設定が完了し、スキルを起動する準備が整ったら、呼び出し名のテストを行ってください。Alexa搭載デバイスを使ってテストすると、Amazon Alexaアプリの履歴(アプリで「Ajustes」、「Historial」の順に選択)から、Alexaが呼び出し名をどのように認識しているかを確認できます。