スキルの作成と対話モデルの選択



スキルの作成と対話モデルの選択

開発者コンソールを使用して、新しいスキルを作成できます。

新しいスキルの作成に必要な項目

新しいスキルを保存するには、以下の項目を指定する必要があります。

  • スキルを識別する名前。スキルを公開すると、この名前がスキルストアでの公開名として、ユーザーに表示されます。公開前に、必要に応じてこの名前を編集できます。
  • 作成時に使用する言語。後で別の言語を追加できます。
  • ユーザーがスキルとどのように対話するかを定義する対話モデル。

スキルの作成後、具体的なコンフィギュレーションオプションを指定する必要がありますが、内容は選択する特定のモデルによって異なります。

対話モデルについて

対話モデルでは以下の項目を指定します。

  • スキルが処理できるリクエスト(旅行の計画、トリビアの取得、照明の点灯、ビデオコンテンツの検索や再生など)
  • これらのリクエストを呼び出すためにユーザーが言うフレーズ
    • 「アレクサ、トリッププランで神戸旅行を計画したい」
    • 「アレクサ、猫の秘密にトリビアを聞いて」
    • 「アレクサ、リビングの照明をつけて」
    • 「アレクサ、『七人の侍』を再生して」

カスタムモデルの場合、リクエスト(インテント)とフレーズ(サンプル発話)を自分で定義します。定義に基づいて、コードはスキルがどのように各インテントを処理するかを決定します。

プリビルドモデルの場合、処理可能なリクエストと発話はあらかじめ定義されています。コードは、スキルがどのようにこれらのリクエストに応答するかを決定します。

以下の表は、開発者コンソールで選択できるモデルをまとめたものです。

モデル 説明 作成内容
カスタム

スキルのカスタム音声ユーザーインターフェースを作成します。音声体験を制御できます。

対話モデルを作成し、スキルが処理できるリクエスト(インテント)とユーザーがリクエストで言えるフレーズ(サンプル発話)を定義します。

カスタムモデルを使用するスキルの詳細については、カスタムスキルとはを参照してください。

フラッシュブリーフィング

ユーザーのフラッシュブリーフィングフィードにコンテンツを表示するスキルを作成します。

ユーザーは、コンテンツを配信するRSSまたはJSONフィードを作成し、フラッシュブリーフィングをリクエストしてスキルを呼び出します。

フラッシュブリーフィングモデルを使用するスキルの詳細については、フラッシュブリーフィングスキルAPIについてを参照してください。

スマートホーム

カメラ、照明、ドアロック、サーモスタット、スマートTVといったスマートホームデバイスを制御するスキルを作成します。

モデルでは、サポートしているリクエスト(照明をつけるなど)とリクエストを呼び出すためにユーザーが話しかけるフレーズ(「アレクサ、リビングの照明をつけて」など)を定義します。コードは、スキルがどのようにこれらのリクエストに応答するかを決定します。

スマートホームモデルを使用するスキルの詳細については、スマートホームスキルAPIについてを参照してください。

ビデオ

ユーザーがビデオコンテンツを検索したり再生したりするスキルを作成します。

モデルでは、サポートしているリクエスト(視聴したい特定の番組を検索するなど)とリクエストを呼び出すためにユーザーが話しかけるフレーズ(「アレクサ、『七人の侍』を再生して」など)を定義します。コードは、スキルがどのようにこれらのリクエストに応答するかを決定します。

ビデオモデルを使用するスキルの詳細については、ビデオスキルAPIについてを参照してください。

新しいスキルを作成する

スキルは、開発者コンソールから作成するようにしてください。

新しいコンソールを開いて新しいスキルを作成するには、以下の手順に従います。

  1. developer.amazon.com/ja/alexaに移動します。
  2. あなたのAlexaコンソールSkillsをクリックします。開発者コンソールが開き、すでに作成したスキルがすべて表示されます。
  3. スキルの作成をクリックします。
  4. スキル名とデフォルトの言語を入力します。

    • スキル名: スキルを公開すると、この名前がユーザーに表示されます。公開ページで後から変更することができます。
    • デフォルトの言語: 後でスキルに別の言語を追加できます。
  5. 使用するモデルをクリックします。

    • 選択できるモデルは、 カスタム、スマートホーム、フラッシュブリーフィングです。
  6. スキルを作成をクリックします。
新しいスキルの作成時には、スキル名と言語を入力してから対話モデルを選択します
新しいスキルの作成時には、スキル名と言語を入力してから対話モデルを選択します

スキルを設定する

開発者コンソールで新しいスキルが作成されたら、ビルドページで設定を開始できます。指定が必要な具体的な情報は、選択するモデルによって異なります。

スキル作成の各フェーズの詳細については、以下を参照してください。

カスタムとプリビルドの対話モデル:

開発者コンソール: