あなたのAlexaダッシュボード 設定

Alexaスキル管理APIについて

Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェース(ASK CLI)は、開発者が自分で開発したAlexaスキルや、対話モデルなどの関連するリソースをコマンドラインから管理(作成、読み取り、更新)するためのツールです。対話的に操作することも、スクリプトで実行することも、コマンドライン実行ステップをサポートするビルドシステムやCI/CD製品へのプラグインとして実行することも可能です。ASK CLIでは、内部でAlexaスキル管理APIを呼び出すことにより、スキルの管理操作を実行します。

Alexaスキル管理APIは、スキルの新規作成や対話モデルの更新といったAlexaのスキル管理をプログラムから実行するRESTful HTTPインターフェースを提供します。APIは、Amazonへのログインを通じて呼び出し元を認証します。これにより、開発者はユーザーに代わってAlexaスキルの作成や更新を行うことのできるツールやサービスを構築できるようになります。ASK CLIは、こうしたツールの1つです。

APIの現在の認証スキームは、開発者がツールやサービスにAPIアクセス権限を委任する認可の用途に最適化されています。自分で作成したスキルを管理するためにAPIを直接呼び出す必要がある場合は、GitHubのIssueを追加してください。

Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェース(ASK CLI)

CLIを使うと、ユーザーはAlexaスキルや接続されたLambda関数の作成、読み取り、更新をコマンドラインから実行できるようになります。CLIはオープンソースで、GitHubからダウンロードできます。CLIを使うと、以下の操作が簡単になります。

Alexaスキル管理API

APIと統合する独自のツールやサービスを構築している場合は、Amazonへのログインを使用したOAuth 2.0統合を実装して、ユーザーの認可をリクエストし、スキル管理APIを呼び出すためのアクセストークンを取得する必要があります。Amazonへのログイン 開発者ガイドを参照してください。APIでは、authorization codeグラントタイプを使用する必要があります。アプリケーションでリクエストできるOAuthのスコープと関連するパーミッションを以下に示します。

スコープ パーミッション
alexa::ask:skills:read Amazon開発者アカウントに関連付けられたベンダーIDを表示する
スキルの詳細を読み取る(対話モデルを除く)
alexa::ask:skills:readwrite すべてのalexa::ask:skills:readパーミッション
スキルを作成する
スキルを更新する
スキルのアカウントのリンク情報を読み取って更新する
alexa::ask:models:read 対話モデルを読み取る
対話モデルのビルドステータスを取得する
alexa::ask:models:readwrite すべてのalexa::ask:models:readパーミッション
対話モデルを更新する

以下のAPIドキュメントと、次のセクションのオブジェクトスキーマについての説明を参照してください。APIのルートエンドポイントは、https://api.amazonalexa.com/betaで、下の各API操作に表示されるパスをルート以下に追加する必要があります。Amazonへのログインから取得したaccess tokenは、各リクエストのAuthorizationヘッダーに指定する必要があります。

オブジェクトスキーマ

CLIツールまたはAPIを使用してAlexaスキルを管理する場合は、各リソースをJSON形式で表記するための知識が必要です。