スキルのビルド



スキルのビルド

ビルドでは、スキルのセットアップ、対話モデル固有の設定、サービスエンドポイントの指定などを行います。スキルの設定オプションはすべて、開発者コンソールの左側の列(サイドバー)にリンクとして表示されます。

このドキュメントでは、サイドバーのオプションの概要を説明し、詳細のリンクを掲載しています。サイドバーに表示される項目は、スキルに追加した対話モデルによって変わります。

カスタムモデル

カスタムモデルを使用するスキルの場合、メインのビルドページにスキルビルダーのチェックリストが表示されます。このチェックリストには、スキルを作成してテストの準備が完了するまでの進捗状況が表示されます。

以下の表は、カスタムモデルを使用するスキルのコンフィギュレーションオプションをまとめたものです。

これらの項目はすべて、カスタムの下に表示される左側のサイドバーにあります。

セクション 説明

対話モデル

これらのセクションは、スキルの対話モデルの作成に使用します。

呼び出し名

スキルの呼び出し名を指定します。ユーザーがこのフレーズを話しかけると、スキルとの対話が開始されます。カスタムスキルの呼び出し名を決定するを参照してください。

インテント

インテント、スロット、サンプル発話の作成と編集を行います。Alexaにおけるインテントとは、ユーザーの音声によるリクエストを満たすアクションを表します。インテントは、任意でスロットと呼ばれる引数を持つことができます。スロットとは、リクエストの中の変数情報のことです。サンプル発話とは、特定のインテントを呼び出すためにユーザーが言うフレーズのことです。各インテントにサンプル発話のセットを指定します。

関連トピック

スロットタイプ

カスタムスロットタイプの作成と、インテントで使用するビルトインスロットタイプの検索ができます。対話モデルに含まれるすべてのスロットに、タイプが割り当てられます。タイプに応じて、ユーザーが言ったデータの処理方法を決定します。たとえば、AMAZON.NUMBERスロットタイプは、「五」などの単語を数値(5)に変換します。リストタイプには、名前や都市名のリストといった一連の値が入ります。

関連トピック

JSONエディター

JSON形式のスキルの対話モデルを表示、編集します。JSONに直接変更を加えて、モデルを保存をクリックします。

JSONファイルをアップロードすることもできます。

対話モデルのJSONスキーマの詳細については、対話モデルのスキーマを参照してください。

インターフェース

インターフェースでは、スキルの特定の追加機能に必要なディレクティブを追加し、リクエストタイプを指定します。スキルで使用する追加のインターフェースを選択します。各インターフェースの詳細については、リンク先のドキュメントを参照してください。

エンドポイント

スキルのエンドポイントを指定します。ユーザーがスキルを呼び出すと、Alexaはこのエンドポイントにリクエストを送信します。

インテント履歴

集計され、匿名化されたよく使われる発話と解決されたインテントが表示されます。このデータは、指定のロケールでスキルに1日あたり10人のユニークユーザーが存在した場合に表示されます。詳細については、カスタムスキルのインテント履歴を確認するを参照してください。

ビルドページに表示されるスキルビルダーのチェックリスト
デフォルトのビルドページに表示されるスキルビルダーのチェックリストです。この例では、**呼び出し名**のみが指定済みです。
ビルドページ(カスタムスキルの場合)
ビルドページ(カスタムスキルの場合、インテントセクションを表示)

プリビルドモデル

以下の表は、プリビルドモデルのセクションをまとめたものです。これらのセクションに入力する順序は任意です。選択したモデルのみがビルドページの左側にあるナビゲーションメニューに表示されます。

セクション 説明

フラッシュブリーフィング

スキルにフィードを追加し、カスタムエラーメッセージを設定します。

フラッシュブリーフィングスキルには、テキストまたはオーディオコンテンツの複数のフィードを含めることができます。新しいフィードを追加をクリックして、フィールドに入力します。各フィールドの説明は、1つまたは複数のフラッシュニュースフィードを追加するを参照してください。

関連トピック

スマートホーム

スマートホームスキルには、AWS Lambda ARNエンドポイントを指定します。

スマートホームモデルを使用するスキルには、アカウントリンクが必要です。アカウントリンクを設定をクリックして、アカウントリンクセクションに移動します。

関連トピック

ビデオ

ビデオスキルには、AWS Lambda ARNエンドポイントを指定します。

ビデオモデルを使用するスキルには、アカウントリンクが必要です。アカウントリンクを設定をクリックして、アカウントリンクセクションに移動します。

関連トピック

ビルドページ(スマートホームスキルの場合)
ビルドページ(スマートホームスキルの場合)
ビルドページ(フラッシュブリーフィングスキルの場合、新しいフィードのフィールドを表示)
ビルドページ(フラッシュブリーフィングスキルの場合、新しいフィードのフィールドを表示)

アカウントリンク

このセクションでは、エンドユーザーのIDを別のシステムのユーザーに接続するようスキルを設定します。カスタムモデルを使用するスキルでは、アカウントリンクは任意ですが、スマートホームおよびビデオのモデルを使用するスキルでは必須です。アカウントリンクは、フラッシュブリーフィングスキルには適用されません。

カスタム、スマートホーム、ビデオのアカウントリンクのコンフィギュレーションは、いくつか小さな違いはありますが、ほぼ同じです。

  • スマートホームまたはビデオのモデルを使用するスキルの場合:
    • アカウントリンクは必須です。
    • アカウントリンクは、Authorization code grantを使用して設定する必要があります。
  • カスタムモデルを使用するスキルの場合:
    • アカウントリンクは任意です。
    • Authorization code grant(推奨)、Implicit grantのいずれかを選択できます。

アカウントリンクの仕組みについて詳しくは、以下を参照してください。

アカウントリンクのコンフィギュレーションの方法について詳しくは、以下を参照してください:

アカウントリンクページ(スマートホームスキルの場合)
アカウントリンクページ(スマートホームスキルの場合)

アクセス権限

特定の個人情報にアクセスする権限をユーザーに求めるようスキルを設定します。ユーザーに求めることができる権限は、スキルに含まれるモデルによって異なります。

権限の設定 説明 適用されるスキル

デバイスのアドレス

ユーザーに対して、デバイスに設定されたアドレス情報にスキルがアクセスする権限を求めます。

デバイスアドレスAPIを参照してください。

カスタム

リストの読み込みリストへの書き込み

ユーザーの買い物リストややることリストにアクセスできるようにします。

Alexaの買い物リストとやることリストにアクセスするを参照してください。

カスタム

Amazon pay

Amazonアカウント情報を使用して、スキルの商品やサービスの代金を支払うことができます。Alexaスキル向けAmazon Payに関するFAQを参照してください。

カスタム

Alexaイベントを送る

スマートホームスキルにAlexaイベントゲートウェイにイベントを送信する権限を付与します。この権限を利用して、状態予測レポートをAlexaに送信できます。

関連トピック

スマートホーム

Alexaスキルメッセージング

スキルにメッセージを送信するのに必要なクライアントIDクライアントシークレットの値を提供します。選択された権限に基づいて、スキルに適用されるときにのみ表示されます。

スマートホームモデルの場合、このセクションはAlexaイベントを送るが有効なときにのみ適用されます。これらの値の使用方法の詳細については、以下を参照してください。

カスタムモデルの場合、このセクションはデバイスアドレスリストの読み込みリストへの書き込みのいずれかが有効なときにのみ適用されます。関連トピック

カスタム
スマートホーム

アクセス権限ページ(カスタムスキルの場合)
アクセス権限ページ(カスタムスキルの場合)
アクセス権限ページ(スマートホームスキルの場合)
アクセス権限ページ(スマートホームスキルの場合)

開発者コンソール:

カスタムモデルとプリビルドモデル: