画面付きのAlexa搭載デバイス用のスキルの作成



画面付きのAlexa搭載デバイス用のスキルの作成

Echo Show、Echo Spot、Fire TV Cube、Fire HD 8、Fire HD 10など、画面付きのAlexa搭載デバイスの場合、スキル開発者は画面と音声対話の両方を使用できるスキルを開発できます。このページでは、DisplayテンプレートとDisplayインターフェースを使用して画面表示と対話を作成する方法を説明します。画面をサポートするスキルの開発には、Alexa Presentation Language(APL)も使用できます。この方法では、対話や画面表示の向上とデバイスのきめ細かいカスタマイズが可能です。

ビデオを視聴する

関連トピック:

画面付きのAlexa搭載デバイスで表示できるスキルを設定する

画面の表示コンテンツに使用されるディレクティブ、Display.RenderTemplateディレクティブを有効にするプロセスは、新しいスキルでも既存のスキルでも同じです。

1.開発者コンソールを使用してスキルを編集します

2.ビルド > カスタム > インターフェースページに移動します。

3.Alexa Presentation APLオプションを有効にしてから、モデルをビルドをクリックして対話モデルを再ビルドします。Alexa Presentation APLを有効にすると、必要なビルトインインテントが対話モデルに自動的に追加されます。

4.スキルサービスコードでデバイスがサポートするインターフェースを判断し、その後必要に応じて、スキルサービスが適切な応答を画面などに適切に出力されたコンテンツに提供します。サポートされているインターフェースを判断するには、Alexa のリクエストのevent.context.System.device.supportedInterfacesの値を解析します。supportedInterfacesの値によって、デバイスがサポートするインターフェースがわかります。

5.ALEXA_PRESENTATION_APLインターフェースがサポートされている場合は、下記の例のように他のディレクティブを含めるのと同様に、スキルの応答にDisplay.RenderTemplateディレクティブを含めて、画面にコンテンツを適切に表示します。開発者は、表示コンテンツを含めないようにできますが、Alexaアプリで表示されるカードもデバイスに表示されます。Displayインターフェースのリファレンスを参照してください。

画面付きのAlexa搭載デバイスに対応したスキルを作成する方法については、Echo ShowのDisplayインターフェーススキルを参照してください。