スキルをテストして認定を申請する



スキルをテストして認定を申請する

認定ページでスキルの申請準備が完了していることを検証してから、認定を申請します。

認定ページ
認定ページ

スキルを検証してテストする

認定 > 検証に移動し、実行をクリックします。

検証セクションでは、スキルストアで必要なすべてのフィールドが入力されていることを確認します。

テストは、スキルがサポートするすべてのロケールで実行され、問題はロケールごとに表示されます。

認定プロセスを円滑に進めるため、テストで報告されたすべての問題を解決します。

スキルの機能テストを実行する

機能テストセクションは音楽スキル以外のすべてのスキルで使用できます。このセクションでは、スキルについて認定前の一連のテストを実施します。これらのテストを実施すると、認定を受けられない可能性のある箇所について、すぐにフィードバックを受けることができます。テストはスキルのエンドポイントにリクエストを送信します。これらのテストを実施するには、認定 > 機能テストに移動し、実行をクリックします。検証テストで1つでもエラーが残っていると、機能テストを実施できません。

機能テストを開始したら、他のページに移動できます。ステータスやテスト結果を確認するには、機能テストページに戻ります。

認定プロセスを円滑に進めるため、機能テストで報告されたすべての問題を解決します。テストは、スキルがサポートするすべてのロケールで実行され、問題はロケールごとに表示されます。

機能テストは、スキルの申請時にも自動で実行されます。

認定ページの機能テストセクション
認定ページの機能テストセクション

申請チェックリストを確認する

検証セクションでは、スキルの認定が却下される原因を見つけることができます。ただし、このテストでは認定プロセスのすべてのテストを行うわけではありません。スキルが認定に合格できるよう、スキルの対話モデルや特殊機能の使用に関連する申請チェックリストを確認してください。

スキルを申請する

スキルを申請する準備ができたら、認定>申請に移動します。スキルが検証テストに合格すると、はい、審査を申請しますをクリックしてスキルの認定を申請できます。

スキルを申請すると、 スキル一覧のステータス欄で「審査中」と表示されます。審査中は、設定を変更することはできません。申請を取り消したい場合、スキルを選択して審査を取り下げボタンをクリックします。

Amazonの審査が完了すると、Amazon開発者アカウントに関連付けられたアドレスにEメールが届きます。

  • スキルが認定された場合、エンドユーザーにスキルが公開される時期の目安がEメールで通知されます。
  • 認定されなかった場合、改善すべき箇所がEメールで通知されます。その場合、必要な変更を加えて再申請できます。

認定>申請に移動して、スキルのステータスや、認証審査のステータスの更新を確認できます。認定の最新情報セクションでは、次の画像のように、認定結果が出た日時を表示します。

ASK開発者コンソールの申請ページ
申請ページ

認定審査に合格したスキルの場合、このページではスキルステータス公開中と表示され、スキルを使用できる国のリストも含まれます。認定審査に合格したスキルでも、すべての国で使用できない場合もあります。詳細については、コンテンツのレーティングを参照してください。

公開ステータス

スキルの現在の公開ステータスは、開発者コンソールのスキル一覧のステータス欄に表示されます。

  • 開発中:開発者のみがスキルを利用できます。このスキルを有効にして、開発者アカウントに登録しているデバイスでテストすることができます。
  • 審査中:現在Amazonがスキルを審査しています。審査中は、コンフィギュレーションを編集できません。
  • 公開中:スキルが公開され、ユーザーが利用できる状態です。公開中のスキルのコンフィギュレーションは編集できません。更新バージョンの開発を開始するには、開発中のバージョンに対して変更を行ってください。
  • 非表示:スキルは以前公開されましたが、それ以降 非表示になっています。非表示になる前にスキルを有効にしたユーザーは、引き続きスキルを使用できます。ユーザーがスキルストアでそのスキルを検索しても、表示されません。
  • 停止:スキルは以前公開されましたが、それ以降 停止されています。ユーザーはスキルを有効にしたり、使用したりすることはできません。

非表示または停止スキルは、再申請することができます。

公開後にスキルの修正やアップデートを行う

スキルがエンドユーザーに公開されると、スキルのステータスは公開中に変わります。公開中のスキルの設定は編集できません。スキルのコンフィギュレーションに変更を加えた場合、再申請が必要なため、新しい開発中のバージョンが自動的に開発者コンソールに作成されます。このバージョンには、元の公開中のバージョンと同じ情報が登録されています。このバージョンを使用してスキルの開発を続け、改良を加えたり、新しい機能を追加することができます。

公開中と開発中のバージョンは、どちらもスキル一覧に表示されます。

スキルの公開中バージョンと開発中バージョン
スキルの公開中バージョンと開発中バージョン

元の公開中のバージョンではなく、新しい開発中のバージョンで作業できます。たとえば、カスタムスキルの場合、対話モデルにインテントとサンプル発話を追加できます。サービスのコードを変更する場合、変更分のテストは別のエンドポイントまたはLambda関数を使用して行う必要があります。公開中のバージョンを使用しているユーザーに影響を与えないようにするためです。

新しいバージョンの認定を申請すると、新しいバージョンが認定されるまで両方のバージョンが一覧に表示されます。認定が完了すると、新しいバージョンが公開中となり、それまでの公開中バージョンが上書きされます。その時点で新しい開発中バージョンが作成されるので、引き続きアップデートを行うことができます。

ユーザーの使いやすさを考慮して、スキルの旧バージョンとの後方互換性を維持するようにしてください。たとえば、新しいインテントを追加する場合、ユーザーがすでに使用している以前のインテントも引き続きサポートするようにします。

スキルを非表示または停止する(スキルの制限)

開発者コンソールから、公開中のスキルを制限することができます。スキルを制限すると、ユーザーはそのスキルを有効にできなくなります。制限は、すべてのロケールのスキルに適用されます。一部のロケールではスキルを制限し、それ以外では引き続きユーザーが使用できるようにすることはできません。

スキルの制限には2種類あります:

  • 非表示:そのスキルを以前有効にしたユーザーは、引き続き使用できます。ユーザーがスキルストアでそのスキルを検索しても、表示されません。
  • 停止:そのスキルを以前有効にしたユーザーを含め、すべてのユーザーに対してスキルが無効になります。ユーザーはスキルを有効にしたり、使用したりすることはできません。

スキルを非表示にしたり、停止したりしても、スキルは削除されず、開発者コンソールで表示することができます。制限中、または開発中バージョンの両方ともコンソールで表示でき、引き続き開発中バージョンに変更を加えることができます。

スキルを後で再公開するには、開発中バージョンを更新して、認定に再申請します。再申請すると、新しい認定プロセスが開始されます。

スキルを非表示、または停止するには:

  1. 開発者コンソールを開きます。
  2. 一覧で公開中のスキルを選択します。
  3. アクション欄で非表示または停止をクリックします。
  4. プロンプトが出されたら、スキル制限の理由を選択し、非表示または停止をクリックします。

これにより、スキルを非表示、または停止するリクエストが送信されます。制限が完了するには、数日かかる場合があります。スキルが制限されると、スキル一覧にそのスキルの更新されたステータスが表示されます。

開発者コンソール: