Alexa.Discoveryインターフェース



Alexa.Discovery

Alexa.Discoveryインターフェースには、ユーザーのデバイスアカウントに関連付けられたエンドポイントの特定に使用するメッセージが含まれます。ユーザーのスマートホームスキルに関連付けられたデバイスやシーンを検出できるように、スキルがDiscoveryディレクティブに応答します。また、スキルは、ユーザーアカウントに関連付けられたエンドポイントの追加、更新、削除を行うイベントをプロアクティブに送信する必要があります。

ディレクティブ

検出リクエストは、スマートホームおよびビデオスキルを作成できるすべての言語でサポートされています。

Discover

ユーザーのデバイスまたはサービスアカウントと関連付けられたエンドポイントを検出するリクエストです。エンドポイントが検出できなかった場合、ユーザーのアクセストークンは期限切れになります。ユーザーのアカウントに関連したエラーが発生した場合、スキルはエラーメッセージではなく、Discover.Responseのエンドポイント配列を空にして返す必要があります。

ユーザー: アレクサ、私のスマートホームデバイスを探して

ユーザー: Alexa, discover my smart home devices

例: Discoverディレクティブ

{
  "directive": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.Discovery",
      "name": "Discover",
      "payloadVersion": "3",
      "messageId": "abc-123-def-456"
    },
    "payload": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "access-token-from-skill"
      }
    }
  }
}

ペイロードの詳細

検出リクエストのペイロードに含まれるオブジェクトは、scopeオブジェクトだけです。

Scopeは、メッセージに認可および識別情報を提供するポリモーフィズムなオブジェクトです。検出リクエストで提供されるスコープには、以下の2つの種類があります。

  • BearerToken - リンクされたユーザーアカウントにアクセスするため、またはAlexaユーザーを識別するための、OAuthベアラートークンを提供します。通常は、スマートホームスキルまたはビデオスキルで使用されます。

  • BearerTokenWithPartition - リンクされたユーザーアカウントおよび検出リクエストを出す物理的な場所(パーティション)にアクセスするための、OAuthベアラートークンを提供します。通常は、Alexa for Businessを対象とするスキルで使用されます。(日本未対応)

イベントとプロパティ

このインターフェースでは、以下を送信できます。

  • Discoverディレクティブへの応答としてスキルのLambda関数から送信する同期的なDiscover.Responseイベント。
  • AlexaイベントゲートウェイへのプロアクティブなAddOrUpdateReportまたはDeleteReportイベント。

プロパティ

なし

Discover.Response

エンドユーザーのデバイス制御クラウドアカウントに関連付けられたすべてのデバイスを返します。Discoverディレクティブに対して想定される応答です。応答には、各エンドポイントに関する以下のような詳細を提供します。

  • 一意のID
  • 各エンドポイントの表示カテゴリー
  • デバイスのユーザー名
  • 各エンドポイントのプロパティ(取得可能で状態変化をレポートするもの)

検出するデバイスがない場合、またはデバイス制御クラウドでエラーが発生した場合、空のendpoints配列を返します。

デバイスのカテゴリーによっては、オプションで機能によりコンフィギュレーションオブジェクトを定義することも可能です。コンフィギュレーションオブジェクトには、エンドポイントに関する追加の詳細が含まれます。コンフィギュレーションオブジェクトを含められるかどうか、またオブジェクトに含めるべき内容の詳細は、各機能のトピックを参照してください。

例: Discover.Response

Responseメッセージのオブジェクトの詳細については、Payloadオブジェクトの説明を参照してください。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.Discovery",
      "name": "Discover.Response",
      "payloadVersion": "3",
      "messageId": "abc-123-def-456"
    },
    "payload": {
      "endpoints": [
        {
          "endpointId": "appliance-001",
          "friendlyName": "リビングの照明",
          "description": "サンプルメーカーのスマート照明",
          "manufacturerName": "サンプルメーカー",
          "displayCategories": [
            "LIGHT"
          ],
          "cookie": {
            "extraDetail1": "optionalDetailToReferenceThisDevice",
            "extraDetail2": "複数のエントリーがある場合があります",
            "extraDetail3": "参照目的で使用します",
            "extraDetail4": "デバイスの状態を保持するのに適切な場所ではありません"
          },
          "capabilities": [
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.ColorTemperatureController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "colorTemperatureInKelvin"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.EndpointHealth",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "connectivity"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa",
              "version": "3"
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.ColorController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "color"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.PowerController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "powerState"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.BrightnessController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "brightness"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            }
          ]
        },
        {
          "endpointId": "appliance-002",
          "friendlyName": "廊下のサーモスタット",
          "description": "サンプルメーカーのスマートサーモスタット",
          "manufacturerName": "サンプルメーカー",
          "displayCategories": [
            "THERMOSTAT"
          ],
          "cookie": {},
          "capabilities": [
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa",
              "version": "3"
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.ThermostatController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "lowerSetpoint"
                  },
                  {
                    "name": "targetSetpoint"
                  },
                  {
                    "name": "upperSetpoint"
                  },
                  {
                    "name": "thermostatMode"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.TemperatureSensor",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "temperature"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": false,
                "retrievable": true
              }
            }
          ]
        },
        {
          "endpointId": "appliance-003",
          "friendlyName": "玄関ドア",
          "description": "サンプルメーカーのスマートロック",
          "manufacturerName": "サンプルメーカー",
          "displayCategories": [
            "SMARTLOCK"
          ],
          "cookie": {},
          "capabilities": [
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.LockController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "lockState"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.EndpointHealth",
              "version": "3",
              "properties": {
                  "supported": [
                      {
                          "name": "connectivity"
                      }
                  ],
                  "proactivelyReported": true,
                  "retrievable": true
              }
            }
          ]
        },
        {
          "endpointId": "appliance-004",
          "friendlyName": "おやすみ",
          "description": "サンプルメーカーのスマートシーン",
          "manufacturerName": "サンプルメーカー",
          "displayCategories": [
            "SCENE_TRIGGER"
          ],
          "cookie": {},
          "capabilities": [
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.SceneController",
              "version": "3",
              "supportsDeactivation": false
            }
          ]
        },
        {
          "endpointId": "appliance-005",
          "friendlyName": "TV視聴",
          "description": "サンプルメーカーのスマートアクティビティ",
          "manufacturerName": "サンプルメーカー",
          "displayCategories": [
            "ACTIVITY_TRIGGER"
          ],
          "cookie": {},
          "capabilities": [
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa",
              "version": "3"
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.SceneController",
              "version": "3",
              "supportsDeactivation": true
              }
            ]
        },
        {
          "endpointId": "appliance-006",
          "friendlyName": "裏口のカメラ",
          "description": "サンプルメーカーのスマートカメラ",
          "manufacturerName": "サンプルメーカー",
          "displayCategories": [
            "CAMERA"
          ],
          "cookie": {},
          "capabilities": [
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa",
              "version": "3"
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.CameraStreamController",
              "version": "3",
              "cameraStreamConfigurations": [
                {
                  "protocols": [
                    "RTSP"
                  ],
                  "resolutions": [
                    {
                      "width": 1920,
                      "height": 1080
                    },
                    {
                      "width": 1280,
                      "height": 720
                    }
                  ],
                  "authorizationTypes": [
                    "BASIC"
                  ],
                  "videoCodecs": [
                    "H264",
                    "MPEG2"
                  ],
                  "audioCodecs": [
                    "G711"
                  ]
                },
                {
                  "protocols": [
                    "RTSP"
                  ],
                  "resolutions": [
                    {
                      "width": 1920,
                      "height": 1080
                    },
                    {
                      "width": 1280,
                      "height": 720
                    }
                  ],
                  "authorizationTypes": [
                    "NONE"
                  ],
                  "videoCodecs": [
                    "H264"
                  ],
                  "audioCodecs": [
                    "AAC"
                  ]
                }
              ]
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.PowerController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "powerState"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.EndpointHealth",
              "version": "3",
              "properties": {
                  "supported": [
                      {
                          "name": "connectivity"
                      }
                  ],
                  "proactivelyReported": true,
                  "retrievable": true
              }
            }
          ]
        }
      ]
    }
  }
}

AddOrUpdateReport

ユーザーが新しいエンドポイントをアカウントに追加する場合や、シーン名の変更など既存のエンドポイントに変更を加える場合、このメッセージをプロアクティブに送信します。このメッセージには、各エンドポイントの詳細を指定します。一意のID、エンドポイントのユーザー(フレンドリー)名、エンドポイントがサポートする機能、各機能のどのプロパティが取得可能でプロアクティブにレポートされるかなどです。

デバイスのカテゴリーによっては、オプションで機能にコンフィギュレーションオブジェクトを含めることも可能です。コンフィギュレーションオブジェクトには、エンドポイントに関する追加の詳細が含まれます。コンフィギュレーションオブジェクトを含められるかどうか、またオブジェクトに含めるべき内容の詳細は、各機能のトピックを参照してください。

AddOrUpdateReportは、以下の点を除いて検出応答と同じです。

  • メッセージのnameAddOrUpdateReportにセットされます。
  • メッセージにはscopeが含まれます。scopeにはAlexaに対してユーザーを識別するベアラートークン、同じベアラートークンを含むHTTP認可ヘッダーが含まれます
  • メッセージはAlexaイベントゲートウェイに送信されます。
  • このメッセージにはユーザーアカウントに関連付けられたすべてのエンドポイントか、新規または更新されたエンドポイントのみを含めることができます。スキルの実装内容に応じて選択できます。

例: Discover.AddOrUpdateReport

以下の例は、照明についてのAddOrUpdateReportを表しています。Responseメッセージのオブジェクトの詳細については、Payloadオブジェクトの説明を参照してください。


POST /v3/events HTTP/1.1
Host: api.amazonalexa.com
Authorization: Bearer access-token-from-Amazon
Content-Type: application/json

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.Discovery",
      "name": "AddOrUpdateReport",
      "payloadVersion": "3",
      "messageId": "5f8a426e-01e4-4cc9-8b79-65f8bd0fd8a4"
    },
    "payload": {
      "endpoints": [{
        "endpointId": "appliance-001",
        "friendlyName": "リビングの照明",
        "description": "サンプルメーカーのスマート照明",
        "manufacturerName": "サンプルメーカー",
        "displayCategories": [
          "LIGHT"
        ],
        "cookie": {
          "extraDetail1": "optionalDetailForSkillToReferenceThisDevice",
          "extraDetail2": "複数のエントリーがある場合があります",
          "extraDetail3": "参照目的で使用します",
          "extraDetail4": "デバイスの状態を管理する目的では使用しないでください。"
        },
        "capabilities": [{
            "type": "AlexaInterface",
            "interface": "Alexa.ColorTemperatureController",
            "version": "3",
            "properties": {
              "supported": [{
                "name": "colorTemperatureInKelvin"
              }],
              "proactivelyReported": true,
              "retrievable": true
            }
          },
          {
            "type": "AlexaInterface",
            "interface": "Alexa.EndpointHealth",
            "version": "3",
            "properties": {
              "supported": [{
                "name": "connectivity"
              }],
              "proactivelyReported": true,
              "retrievable": true
            }
          },
          {
            "type": "AlexaInterface",
            "interface": "Alexa",
            "version": "3"
          },
          {
            "type": "AlexaInterface",
            "interface": "Alexa.ColorController",
            "version": "3",
            "properties": {
              "supported": [{
                "name": "color"
              }],
              "proactivelyReported": true,
              "retrievable": true
            }
          },
          {
            "type": "AlexaInterface",
            "interface": "Alexa.PowerController",
            "version": "3",
            "properties": {
              "supported": [{
                "name": "powerState"
              }],
              "proactivelyReported": true,
              "retrievable": true
            }
          },
          {
            "type": "AlexaInterface",
            "interface": "Alexa.BrightnessController",
            "version": "3",
            "properties": {
              "supported": [{
                "name": "brightness"
              }],
              "proactivelyReported": true,
              "retrievable": true
            }
          }
        ]
      }],
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "access-token-from-Amazon"
      }
    }
  }
}

ペイロードの詳細

Discovery.ResponseまたはAddOrUpdateReportのペイロードには、Alexaに対してユーザーを識別するscopeとエンドポイントの配列が含まれます。各エンドポイントには以下のいずれかの詳細が含まれます。

  • 物理デバイス
  • 仮想デバイス
  • デバイスのグループまたは集合
  • ソフトウェアコンポーネント

以下のセクションにはペイロードのオブジェクトの詳細が含まれます。

フィールド 説明 必須
endpoints ユーザーのデバイス制御クラウドアカウントと関連付けられたデバイス/コンポーネントを表す、endpointオブジェクトの配列です。ユーザーのアカウントに関連付けられたデバイスがない場合、またはエラーが発生した場合、このプロパティには空の配列が含まれます。配列に格納できるアイテムの最大数は300です。 オブジェクト配列
scope Alexaに対してユーザーを識別するベアラートークンを含むオブジェクトです。 scopeオブジェクト AddOrUpdateReportイベントの場合は必須です。
endpointオブジェクト

ユーザーのデバイス制御クラウドアカウントと関連付けられた、接続済みデバイス/コンポーネントを表します。

フィールド 説明 必須
endpoint.endpointId デバイスの識別子です。この識別子は、スキルのドメイン内であるエンドユーザーが所有するすべてのデバイスで一意である必要があります。また、複数回の検出リクエストに対して、同じデバイスは常に同じ識別子を返す必要があります。識別子には、英数字、スペース、次の特殊文字を使用できます。使用可能な特殊文字:_ - = # ; : ? @ &。識別子は、256文字以内でなければなりません。 英数字および次の特殊文字を含む文字列です。使用できる特殊文字:_ - = # ; :?@ &
endpoint.manufacturerName デバイスメーカーの名前です。この値は128文字以内でなければなりません。 文字列
endpoint.friendlyName デバイスを識別するためにユーザーが使用する名前です。この値は128文字以内でなければなりません。また特殊文字や句読点を使用できません。 文字列
endpoint.description 読める形式でのデバイスの説明です。この値は128文字以内でなければなりません。説明には、メーカー名またはデバイスの接続方法を含める必要があります。たとえば、「サンプルメーカーによるスマートロック」や、「SmartHubを介して接続するWiFiサーモスタット」などです。この値は128文字以内でなければなりません。 文字列
endpoint.displayCategories Alexaアプリ内でデバイスがどのように表示されるかを表します。指定されたカテゴリーによって、Alexaアプリに表示されるアイコンやデバイスの詳細が決まります。サポートされる値については、表示カテゴリーを参照してください。 文字列の配列
endpoint.cookie スキルが使用するデバイスについての追加情報を表す、文字列名と値のペアです。このプロパティのコンテンツは5,000バイト以内でなければなりません。APIはこのデータを使用せず、また解釈もしません。 文字列と値のペアのマップ
endpoint.capabilities デバイスがサポートし応答できるアクションを表す、機能オブジェクトの配列です。機能オブジェクトに含まれるフィールドは、型によって異なります。 オブジェクト配列
表示カテゴリー

表示カテゴリーに正しい値を指定することで、エンドポイントがAlexaアプリの正しいカテゴリーに、正しいアイコンとともに表示され、ユーザーは簡単にデバイスを見つけてモニタリングできるようになります。

説明 説明
ACTIVITY_TRIGGER 特定の順序で状態が変化する必要がある場合の、特定の状態にセットされるデバイスの組み合わせを表します。たとえば、「Netflixを見る」シーンは以下のように状態変化する必要があります。 1.TVの電源がオンになる。その後、2.入力がHDMI1にセットされる。 シーンに適用
CAMERA ビデオまたは写真機能を持つメディアデバイスを表します。  
DOOR ドアを表します。  
LIGHT 照明器具や据え付けの照明を表します。  
MICROWAVE 電子レンジのエンドポイントを表します。  
OTHER これ以外のカテゴリーのいずれにも当てはまらないエンドポイントを表します。  
SCENE_TRIGGER 状態変化の順序が重要ではない場合の、特定の状態にセットされるデバイスの組み合わせを表します。たとえば、就寝シーンには照明を消すこととサーモスタットの温度を下げることが含まれますが、順序は重要ではありません。 シーンに適用
SMARTLOCK ロックをかけるエンドポイントを表します。  
SMARTPLUG 既存の電源コンセントに差し込むモジュールを表します。 さまざまなデバイスを制御できます。
SPEAKER スピーカーまたはスピーカーシステムのエンドポイントを表します。  
SWITCH 電気系統に配線されている壁埋め込み型のスイッチを表します。 さまざまなデバイスを制御できます。
TEMPERATURE_SENSOR 温度のみをレポートするエンドポイントを表します。  
THERMOSTAT 温度、直接温度制御が可能なスタンドアロンのエアコン、ヒーターを制御するエンドポイントを表します。  
TV TVのエンドポイントを表します。  
機能オブジェクト

機能はポリモーフィズムな型です。現時点でサポートされている機能の型は、AlexaInterfaceのみです。

AlexaInterface機能

エンドポイントが実行できるアクションと取得できるプロパティを表し、変化の通知をレポートします。

フィールド 説明 必須
type 機能の型を表します。この型により、機能に含まれるフィールドが決まります。 「AlexaInterface」文字列
interface インターフェースの修飾名です。インターフェースはデバイスが対応するアクションを表します。 文字列
version このエンドポイントがサポートするインターフェースバージョンを表します。 文字列
properties.supported このエンドポイントがサポートするインターフェースのプロパティを、"name":"<propertyName>"形式で表します。 名前と値のペアの配列
proactivelyReported このエンドポイントのプロパティがChangeReportイベントを生成するかどうかを表します。この配列でインターフェースのレポート可能なプロパティを指定しない場合、デフォルトでproactivelyReportedとそのretrievableプロパティはfalseと仮定されます。 ブール値
retrievable このエンドポイントのプロパティを状態レポート用に取得可能かどうかを表します。この配列でインターフェースのレポート可能なプロパティを指定しない場合、デフォルトでproactivelyReportedとそのretrievableプロパティはfalseと仮定されます。 ブール値

機能のバージョン

機能のバージョンは、他の機能と関係なく変更できることに注意してください。インターフェースを実装する際には、インターフェースのトピックを常にチェックして現在のバージョンを確認するようにしてください。

DeleteReport

ユーザーがアカウントからエンドポイントを削除する場合、このメッセージをプロアクティブに送信します。

例: DeleteReport


POST /v3/events HTTP/1.1
Host: api.amazonalexa.com
Authorization: Bearer access-token-from-Amazon
Content-Type: application/json

{
  "event": {
    "header": {
      "messageId": "0a29824b-9299-4d55-b0c3-1d96ecfae81e",
      "name": "DeleteReport",
      "namespace": "Alexa.Discovery",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "payload": {
      "endpoints": [{
          "endpointId": "videoDevice-001"
        },
        {
          "endpointId": "speaker-001"
        }
      ],
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "access-token-from-Amazon"
      }
    }
  }
}

ペイロードの詳細

以下の表は、削除レポートのペイロードを表します。

フィールド 説明 必須
endpoints ユーザーアカウントから削除するエンドポイントです。 削除するエンドポイントを識別するendpointIdsのリストです。
scope Alexaに対してユーザーを識別するベアラートークンを含むオブジェクトです。 scopeオブジェクト

その他の例

エンターテイメントデバイス向けDiscover.Responseの例

{
   "event":{
      "header":{
         "namespace":"Alexa.Discovery",
         "name":"Discover.Response",
         "payloadVersion":"3",
         "messageId":"abc-123-def-456"
      },
      "payload":{
         "endpoints":[
            {
               "endpointId":"appliance-001",
               "friendlyName":"リビングルームの音響システム",
               "description":"サンプルメーカーのスマートスピーカー",
               "manufacturerName":"サンプルメーカー",
               "displayCategories": ["SPEAKER"],
               "cookie":{
                  "extraDetail1":"optionalDetailForSkillAdapterToReferenceThisDevice",
                  "extraDetail2":"複数のエントリーがある場合があります",
                  "extraDetail3":"ただし、参照のためだけに使用してください"​,​​​
                  "extraDetail4":"現在のエンドポイントの状態を維持するのに適切な場所ではありません"
               },
               "capabilities":[
                  {
                     "type":"AlexaInterface",
                     "interface":"Alexa.Speaker",
                     "version":"3",
                     "properties":{
                        "supported":[
                           {
                              "name":"volume"
                           },
                           {
                              "name":"muted"
                           }
                        ]
                     }
                  },
                  {
                     "type":"AlexaInterface",
                     "interface":"Alexa.StepSpeaker",
                     "version":"3",
                     "properties":{

                     }
                  },
                  {
                      "type": "AlexaInterface",
                      "interface": "Alexa.EndpointHealth",
                      "version": "3",
                      "properties": {
                          "supported": [
                              {
                                  "name": "connectivity"
                              }
                          ],
                          "proactivelyReported": true,
                          "retrievable": true
                      }
                  }
               ]
            }
         ]
      }
   }
}

ビデオスキル向けDiscover.Responseの例

{
 "event": {
    "header": {
      "messageId": "abc-123-def-456",
      "name": "Discover.Response",
      "namespace": "Alexa.Discovery",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "payload": {
      "endpoints": [{
        "capabilities": [{
            "interface": "Alexa.RemoteVideoPlayer",
            "type": "AlexaInterface",
            "version": "1.0"
          },
          {
            "interface": "Alexa.ChannelController",
            "type": "AlexaInterface",
            "version": "3"
          },
          {
            "interface": "Alexa.PlaybackController",
            "type": "AlexaInterface",
            "version": "3",
            "supportedOperations": ["Play", "Pause", "Stop"]
          },
          {
            "interface": "Alexa.VideoRecorder",
            "type": "AlexaInterface",
            "version": "1.0"
          },
          {
            "interface": "Alexa.Launcher",
            "type": "AlexaInterface",
            "version": "1.0"
          }

        ],
        "endpointId": "videoDevice-001",
        "description": "ユーザー向けのデバイス説明",
        "displayCategories": ["OTHER"],
        "friendlyName": "上の階のAmazonプレーヤー",
        "manufacturerName": "Amazon",
        "cookie": {}
      }]
    }
  }
}
トピック 説明
スマートホームスキルAPIのメッセージリファレンス ディレクティブとイベントの説明と、そのコンテンツを提供します。
プロアクティブにエンドポイントを管理するには AddOrUpdateReportまたはDeleteReportメッセージの使用方法を説明します。