あなたのAlexaコンソール
?
サポート

Alexaスキルのベータテストを行う



Alexaスキルのベータテストを行う

スキルのベータテストツールは、本番環境にリリースする前にAlexaスキルをベータ版としてテストするために使用できます。また、このスキルベータテストツールは、既存のスキルに対する変更をテストするためにも使用できます。その場合、現在のライブバージョンであるスキルを一般公開したままテストを行えます。スキルをテストしてフィードバックを提供するよう、友達、家族、ソーシャルネットワークの連絡先、またはメールアドレスを知っている他のユーザーを招待できます。1つのスキルにつき最大500人に招待を送信できます。テスターの追加と削除やテストの終了はいつでも行えます。Amazon開発者ポータルでテスターのフィードバックを確認できます。テストサイクル中ずっとスキルのフィードバックを得ることができ、本番環境にリリースする前にスキルを修正してコストを削減できます。スキルのベータテストツールを使用すると、優れたスキルを作成するのに役立ちます。

セキュリティ

ベータ版のテスターの使用するAlexa端末がテスターの招待に記されているメールアドレスに関連付けられていない場合、ベータ版のスキルを使用することはできません。

そのメールアドレスがベータ版のテスターのAlexa端末に登録されていない場合、テスターはそのメールアドレスを使用してAmazonアカウントを作成し、Alexa端末に登録できます。または、テスターは開発者と連絡を取り、端末に登録されているメールアドレスに別の招待を送信するようリクエストすることもできます。テスターから連絡をもらえるようにするため、スキルのベータ版テストの作成で説明されているとおり、連絡先メールアドレスを入力しなければなりません。

ベータ版のテスターの中には、Amazonから送信されるEメールの受信をオプトアウトしているユーザーがいる可能性があります。その場合、それらのベータ版のテスターには招待Eメールが届きません。この状況は次の2つの方法で解決できます。

スキルのベータ版テストのセットアップ

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開 > 公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。スキルに必要情報が入力されていないと、このエリアにベータテストがまだ利用できないことが示されます。

新しいスキルでベータ版のテストを実行できるようにする

スキルのベータテストツールでスキルをテストできるようにするには、特定の条件を満たさなければなりません。基準を以下に示します。

この情報すべてを指定すると、スキルのベータテストツールでスキルをテストできるようになります。また、これらの手順によってスキルの認定の準備も整います。

ライブスキルのベータ版に対するスキルベータテストツールの使用

ライブスキルがあっても、そのスキルのベータ版を作成できます。ベータ版にアクセスできるテスターはライブバージョンにアクセスできません。テスターはベータ版テストからの削除をリクエストでき、Alexaアプリでライブスキルを再び有効にできます。

公開後にスキルの修正やアップデートを行うで説明されているように、スキルを公開すると、ユーザーはそのバージョンを利用できるようになります。

次に示すように、開発者コンソールには、スキルのライブバージョンと開発バージョンが表示されます。編集をクリックして、開発バージョンを変更します。この開発バージョンでは、別のエンドポイントまたはLambda関数を使用して、元のスキルが変更されないようにします。新しいスキルをテストの対象とするに記されているすべての基準を満たしていることを確認してから、スキルのベータ版テストの作成手順を実行します。

スキルのライブバージョンと開発バージョン
スキルのライブバージョンと開発バージョン

スキルのベータ版テストの作成

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開 > 公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. ベータテスト管理者用Eメールアドレスを入力し、 追加をクリックします。
  5. スキルのベータテストのアクセスを管理の下で、テスターのEメールアドレスを追加します。このEメールアドレスは、テスターがAlexaアカウントに使用するアドレスでなければならないことに注意してください。

    • セミコロンまたは改行を入れてEメールアドレスを区切ります。
    • ファイルでEメールアドレスを一括でアップロードするには、一括アップロードをクリックします。これらのアドレスは、セミコロンまたは改行、あるいはその両方で区切る必要があります。
  6. 追加をクリックしてテスターのEメールアドレスを保存します。

    検証と重複確認の後、Eメールアドレスがテストに追加されます。1つ以上の無効なEメールアドレスがある場合、エラーが表示されます。Eメールアドレスを修正して、追加を再びクリックします。

  7. 有効なテスターのリストを確認します。テスト開始後もテスターの追加や削除を行うことができます。
  8. ベータテストを有効化をクリックします。

スキルのベータ版テストに招待するカスタマイズ済みリンクが入ったメールが各テスターに送信されます。この招待メッセージはAmazonによって制御されます。

招待Eメールの形式は次のとおりであり、件名は「You're invited to test a new Alexa skill」です。

ベータ版テストへの招待Eメール
ベータ版テストへの招待Eメール

ベータ版テスターがリンクをクリックすると、Amazonアカウントにログインしてスキルのベータテストツールの利用規約に同意するよう促すプロンプトが表示されます。その後でスキルのテストを開始できます。

スキルのベータ版テストの管理

公開 > 公開範囲ベータテストセクションにはダッシュボードが備わっています。テストがアクティブなとき、ダッシュボードには招待を受け入れたテスター、追加および削除を行えるテスターが示されます。

  • ダッシュボードを開くには、開発者コンソールのスキルを開いて公開 > 公開範囲に移動します。

ベータテストボックスには、各テスターの現在の招待ステータスが示されます。ここから、テスターの追加、テスターの削除、テスターへのリマインダーの送信、テスターへのフィードバックリクエストの送信、テストの終了を行えます。

テスターの削除

進行中のテストからテスターをいつでも削除することができます。

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開 > 公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. 削除するテスターのテスターを削除をクリックします。

テスターのリストが更新されます。

削除されたテスターには、たとえ残りのテスター全員がテストを継続していても、テストが終了したというEメールが送信されます。対象スキルにライブバージョンと開発バージョンの両方がある場合、削除されたテスターはライブバージョンに再びアクセスできるようになります。

テスターへのリマインダーの送信

進行中のテストのリマインダーをテスターにいつでも送信できます。ただし、ベータテスト期間中に各テスターに送信できるリマインダーは1つだけです。

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開 > 公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. テスターのリマインダーを送信をクリックします。

テスターにEメールが送信されます。この場合も、Amazonがメッセージを制御します。このEメールの内容は、元の招待Eメールと同じですが、件名行は「[Reminder] You're invited to test a new Alexa skill」となります。

テスターへのフィードバックのリクエスト

ベータテストページで、スキルを使用できるテスターにフィードバックをリクエストできます。テスターのEメールアドレスの隣にあるフィードバックをリクエストリンクをクリックします。ベータテスト管理者用Eメールアドレスがメッセージを受信するようセットアップされていることを確認します。テスターが受信するEメールは次のようになります。

ベータ版テスターにフィードバックをリクエストするEメール
ベータ版テスターにフィードバックをリクエストするEメール

既存のテストに1人以上のテスターを追加する

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開 > 公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. テスターのEメールアドレスをテスターのEメールボックスに追加します。このボックスに直接Eメールアドレスを入力するか、一括アップロードをクリックしてEメールアドレスが含まれるCSVファイルをアップロードできます。
  5. 追加をクリックしてEメールアドレスを検証します。必要に応じて、エラーを修正し、再び追加をクリックします。

このボックスに、既存のテスターとともに、新たに追加したテスターがリストされます。新しいテスターにも、既存のテスターに送られたのと同じ招待Eメールが送信されます。

テストの終了

テストはいつでも終了できます。

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開 > 公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. テストの終了をクリックします。
  5. 確認メッセージが表示されたら、はいをクリックします。

テスターは、テストが終了したことを示すEメールを受信します。

スキルベータテストツールに関するFAQ

  1. スキルのベータテストツールは無料ですか?

はい、スキルのベータテストツールは無料のサービスです。

  1. どうすれば自分のベータ版のスキルを友達や家族と共有できますか?

友達や家族がAlexaアカウントで使用しているEメールアドレスを入手します。スキルのベータテストツールを使用してセットアップするベータ版テストに、そのEメールアドレスを追加します。スキルベータテストツールがその宛先に招待Eメールを送信して、スキルベータテストツールが生成したスキルへのセキュアなリンクを共有できるようにします。テスターは、リンクをクリックすると、Amazonの認証情報を使用してログインし、スキルのテストをオプトインする必要があります。テスターがオプトインすると、スキルは、そのAmazonアカウントと関連付けられている端末で自動的に有効になります。

  1. ベータ版の有効期間はどれくらいですか?

ベータ版は最長で90日間有効にできます。その時点でテストは自動的に終了し、参加者すべてはテスト終了をEメールで知らされます。90日の期間中いつでもベータテストを終了することができます。各ベータテストは90日に限定されており、ベータテストを延長することはできません。新しいベータテストを作成できますが、その場合、元のテストを作成したときと同じ手順を実行する必要があります。

  1. 1つのスキルにつき最大で何人のベータ版テスターを招待できますか?

500人までテスターを招待できます。

  1. スキルのライブバージョンと同時にベータ版テストバージョンを持つことができますか?

はい。一般公開されるライブバージョンと、選択したテスターのみが利用できるベータ版テストバージョンは共存が可能です。ただし、テストからテスターを削除するかテスター自身がテストからの削除を選択する、またはベータテストが終了しない限り、ベータ版テスターは、ベータ版テストバージョンを有効にすると、そのバージョンにしかアクセスできなくなります。

  1. テスターにフィードバックを求めることができますか?

少なくとも1人のテスターがスキルを有効にしたら、スキルの管理ページでフィードバックをリクエストするボタンをクリックできます。スキルを有効にした各テスター宛に、フィードバックを連絡先Eメールアドレスに送るよう求めるEメールのリクエストが送信されます。

  1. テスターに送信するEメールメッセージをカスタマイズできますか?

Amazonが送信するこれらのメッセージをカスタマイズすることはできません。ただし、スキルベータ版テストツールを使用せずに、テスターとやり取りすることはできます。

  1. 1つのスキルの異なるベータ版を複数のグループに公開できますか?

いいえ。スキルの複数のバージョンを公開することはできません。

  1. Eメールはモバイル用に最適化されていますか?

はい。Eメールテンプレートは、モバイル端末用に最適化されています。

  1. ベータ版テスターはどのようにフィードバックを提供できますか?

テスターは、招待Eメールに記載されているフィードバックを送るEメールリンクを使用してフィードバックを提供できます。さらに、スキル開発者がテスターの管理ページでフィードバックをリクエストするボタンをクリックすると、元のベータ版スキルリンクを有効にしたテスターに対してフィードバックをリクエストするEメールがもう1通送信されます。

  1. ベータ版ユーザーはライブスキルとベータ版スキルをどうように見分けることができますか?

ベータ版スキルには、スキルアイコンに「dev」タグが示されます。

  1. スキルをベータ版として起動できるようにするには、認定を受ける必要がありますか?

スキルのベータ版テストを開始するのに認定は不要です。

  1. ベータ版を公開してから、スキルのベータ版を更新できますか?

はい。ベータ版を公開した後、スキルのベータ版を更新できます。

  1. ベータ版テスターは、招待Eメールを登録解除できますか?

はい。ベータ版テスターは、スキルベータ版テストツールからEメールを登録解除できます。

  1. 開発者は、スキルベータ版テストツールで実際のアカウントリンク操作を使用できますか?

はい。開発者は、ライブスキルの場合と同様、ベータ版テストツールでアカウントリンク機能を使用できます。

  1. ベータ版テストからテスターをどのように削除できますか?

テスターを削除するには、対象のテスターのEメールアドレスの隣にあるテスターを削除ボタンをクリックします。テストを終了して、テスター全員のアクセスを効率的に削除することもできます。