あなたのAlexaコンソール
?
サポート

Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェース(ASK CLI)クイックスタートガイド

Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェース(ASK CLI)クイックスタートガイド

ASKコマンドラインインターフェース(ASK CLI)は、Alexaスキル、および連携するAWS Lambda関数を管理するためのツールです。ASK CLIを使ってスキル管理APIにアクセスすると、コマンドラインからコードベースでAlexaスキルの管理ができるようになります。

ASK CLIの使い方については、ASK CLIのセットアップ(YouTube動画)(英語)をご覧ください。

ステップ1:ASK CLIの使用要件

  • Amazon開発者アカウント
  • Node.js 4.5以上と、Node.jsと一緒にインストールされるNode Package Manager(NPM)。Node.jsのバージョンを確認するには、コマンドプロンプトから以下のコマンドを入力します。

    $ node --version
    

Node.jsをインストールまたは更新する方法については、Node.jsのダウンロードページを参照してください。

AWS Lambdaを使ってスキルのビジネスロジックをホストしようとしている場合、AWSアカウントが必要です。ASK CLIをインストールするコンピューターに適切な権限を持つAWS認証情報がセットアップされていることを確認します。詳細については、Amazon Web Services(AWS)アカウントの認証情報をセットアップするを参照してください。

ステップ2:ASK CLIのインストールと初期化

ASK CLIをインストールするには以下の手順を実行します。

NPMを使用してASK CLIをインストールします。

$ npm install -g ask-cli

Linuxを使用している場合、インストールにはsudoが必要な場合があります(以下を参照)。

$ sudo npm install -g ask-cli

ASK CLIを初期化するには以下の手順を実行します。

ASK CLIの初回使用時には、Amazon開発者アカウントの認証情報でinitコマンドを使ってツールを初期化します。詳細については、initコマンドを参照してください。

$ ask init

プロファイル名(デフォルトはdefault)を指定し、使用するAWSプロファイルを選択すると、次にAmazon開発者アカウントにログインするようプロンプトが表示されます。初期化が完了すると、スキルの管理にASK CLIを使用できるようになります。

ステップ3:ASK CLIコマンドを使ったスキル管理

これらのコマンドを実行すると、スキルを管理する基本機能が使えるようになります。ASK CLIで利用可能なすべてのコマンドを確認するには、ASK CLIリファレンスを参照してください。

$ ask new:このコマンドを使用すると、--templateオプションを使用してビルトインの「Hello World」サンプル、またはサポートされているオープンソーステンプレートのいずれかから、新しいスキルプロジェクトを作成できます。新しく作成されたスキルプロジェクトのフォルダーには必要なファイルがすべて含まれており、最小限の変更でデプロイが可能です。詳細については、newコマンドを参照してください。

$ ask deploy [--no-wait]:スキルプロジェクトのディレクトリでこのコマンドを使用すると、スキルが開発者アカウントにデプロイされます。AWS認証情報がすでにセットアップされており、スキルがAWS Lambdaを使用するよう設定されている場合、このコマンドでコードも自動的にデプロイされます。詳細については、deployコマンドを参照してください。

$ ask clone [<-s|--skill-id <skill Id>]:このコマンドを使用して、既存スキルからローカルスキルプロジェクトのディレクトリを作成します。このコマンドは、スキルのマニフェスト、対話モデル、スキルコード(AWS Lambdaを使用する場合)を含むスキルすべてをダウンロードします。クローン作成後、ローカルで変更を加えてからask deployコマンドを使用して簡単にデプロイできます。詳細については、cloneコマンドを参照してください。

ステップ4:スキルのテスト

ask deployコマンドは、デプロイしたスキルを自動的に有効にします。これにより、デバイスですぐにテストを開始したり、ask simulateコマンドの使用を開始したりできます。また、開発者ポータルでサービスシミュレーターを使用することもできます。