ウェブアプリの開発を始める


ウェブアプリの開発を始める

Fireタブレットで実行されるHTML5ウェブアプリを開発できます。Amazonアプリストア用のウェブアプリを構築する方法は複数あります。

アプリ申請時のオプション

  • パッケージアプリは、クライアント側のウェブ標準に準拠した本格的なアプリで、アセットがZIPアーカイブにバンドルされて配布されます。
  • ホストアプリは、アセットがウェブサーバーでホストされているアプリです。クライアントはホストに接続し、アプリのアセットをデバイスにダウンロードしてからアプリを実行します。
  • HTML5ハイブリッドアプリは、ユーザーインターフェイスにウェブコンテンツを使用するプラットフォームネイティブなアプリです。

パッケージアプリの利点

パッケージアプリは、ホストアプリと比較して次の利点があります。

  • アプリをホストするソリューションを見つける必要がない。
  • すべてのアセットがローカルファイルシステムに存在するため、パフォーマンス面で優れている。
  • オフラインでより簡単に動作する。

ホストアプリの利点

ホストアプリは、パッケージアプリと比較して次の利点があります。

  • サーバー側とクライアント側のコードにより完全なアプリになる。
  • すぐに更新できる。ユーザーは常に最新のコードを入手できる。
  • ウェブサイトと同じ操作感(および通常は同じコード)を提供する。

ハイブリッドアプリの利点

  • 高速で効率的なレンダリング、スクリプトのパフォーマンス、メモリ管理
  • 最新のウェブ基準への準拠(HTML5、CSS3、JavaScript)
  • CSS、Canvas、WebGLのグラフィック用のハードウェアアクセラレーションとGPUの最適化

Cordovaを使用して独自のラッパーを構築するか、独自のハイブリッドアプリを作成して他のネイティブアプリと同様に申請します。Cordovaの詳細については、Apache Cordovaを参照してください。

ホストアプリとパッケージアプリの両方を申請する方法の詳細については、Amazonアプリストアへのウェブアプリの申請または更新を参照してください。

Amazon API Javascriptライブラリをインクルード

ウェブアプリでアプリ内課金などのAmazon APIを使用する場合は、Amazon API JavaScriptライブラリをインクルードする必要があります。このライブラリでは、Amazonプラグインを初期化して、amazonPlatformReadyイベントを生成し、APIの使用準備が整ったことを通知します。このライブラリは、URL http://resources.amazonwebapps.com/v1/latest/Amazon-Web-App-API.min.js でホストされています。このライブラリをインクルードするには、次の<script>タグをウェブアプリに追加します。

<script src="https://resources.amazonwebapps.com/v1/latest/Amazon-Web-App-API.min.js"></script>

このライブラリでは、初期化が完了するとamazonPlatformReadyイベントを生成するため、amazonPlatformReadyイベントが生成されるのを待ってからAmazon APIを呼び出すようにしてください。次に例を示します。

document.addEventListener('amazonPlatformReady', function () {
    //ここにAPIコードを記述
});

Web App TesterとDevToolsの使用

Web App Testerは、Fireタブレットデバイスでホストアプリおよびパッケージアプリをテストするためのツールです。

Web App Testerでは、DevToolsを使用してウェブアプリをデバッグすることもできます。DevToolsの入手方法と使用方法の詳細については、ウェブアプリのデバッグを参照してください。

解像度とページのスケーリング

画面サイズやデバイスの他の特徴に関する情報については、デバイスのディスプレイの特徴を検出するを参照してください。ウェブアプリ設計のガイドラインの詳細については、ウェブアプリの開発に関するベストプラクティスを参照してください。 

IAPのテスト

App Testerを使用してウェブアプリでIAP v2.0 APIをテストします。App Testerをインストール・構成するを参照してください。

広告IDと広告トラッキング設定の取得

ウェブアプリは広告IDと広告トラッキング設定を取得できます(これらの機能の詳細については、広告IDを参照してください)。(Amazon APIのインクルードで説明するように)ウェブアプリAPIスクリプトをインクルードすると、AmazonAdvertisingオブジェクトは2つの関数getAdvertisingIdgetLimitAdTrackingPreferenceを有効にします。両方の関数には、それぞれ成功のコールバックとエラーのコールバックの2つのパラメーターがあります。署名は次のようになります。

AmazonAdvertising.getAdvertisingId(successCallback, errorCallback)
AmazonAdvertising.getLimitAdTrackingPreference(successCallback, errorCallback)

これらの関数を呼び出すと、返された値が成功のコールバックに渡されます。

  • getAdvertisingId関数は広告IDを成功のコールバックに渡します。
  • getLimitAdTrackingPreference関数は0(falseの場合)または1(trueの場合)を成功のコールバックに渡します。この値は、ユーザーの広告トラッキング設定を示します。

リクエストを処理するときにエラーが発生した場合、エラーメッセージがエラーのコールバックに渡されます。ウェブアプリは広告IDや広告トラッキングの制限の応答が有効でない状況を適切に処理する必要があります。

開発者コンソールでウェブアプリを申請するときに、[アプリファイル] タブの [ウェブアプリの機能] セクションで [Amazon Advertising] をオンにします。

開発者コンソールでウェブアプリを申請するときに [Amazon Advertising] をオンにする
開発者コンソールでウェブアプリを申請するときに [Amazon Advertising] をオンにする