アプリ内課金(IAP)の実装を始める


アプリ内課金(IAP)の実装を始める

このページは、これまでAmazon In-app Purchasing SDKを使用したことがない開発者の方、またはIAP APIを実装した経験がない開発者の方を対象としています。IDEのセットアップ方法や、推奨するIAPの開発方法、テスト、申請ワークフローについて説明します。

最初はサンプルを使ったほうがわかりやすいため、ここでは新規プロジェクトを一から作成するのではなく、IAPサンプルアプリをIDEにインポートする方法を説明します。IAP APIの詳しい実装方法については、IAPの実装を参照してください。

SDKのダウンロード

Amazon Android SDKをまだダウンロードしていない場合は、コンピューターにダウンロードします。

Amazon Android SDKのダウンロードページはこちら([Android] リンクをクリックすると、ダウンロードが開始されます)。

ファイルを展開すると、AmazonInAppPurchasingという名前のフォルダーにアプリ内課金(IAP)SDKのファイルが含まれています。

開発環境をセットアップする: Android Studio

IDEとしてAndroid Studioを使用している場合も、サンプルプロジェクトをインポートし、APKとしてエクスポートすることで、Androidデバイスで実行することができます。

Android Studio開発環境をセットアップし、IAPサンプルアプリを使えるようにするには、下記を参照してください。

  1. Amazon-Android-SDKs.zipファイルをローカルコンピューターの任意の場所で展開します。
  2. Android Studioを起動します。
  3. IAPサンプルアプリをワークスペースにインポートします。

    1. [Welcome to Android Studio] 画面で [Import Project (Eclipse ADT, Gradle, etc.)] 選択すると、プロジェクトインポートウィンドウが開きます。
    2. [Select Eclipse or Gradle Project to Import] ウィンドウで、Amazon-Android-SDKs.zipファイルの内容を展開した場所に移動し、/AmazonInAppPurchasing/examplesを選択します。
    3. 3つのIAPサンプルプロジェクトのいずれかのディレクトリを選択し、[OK] をクリックします。[Import Project from ADT] 画面が表示されます。
    4. [Import Project from ADT] 画面で、インポート先のディレクトリを選択し、[Next] をクリックします。
    5. 表示された画面で、デフォルト設定のチェックボックスをすべてオンのままにし、[Finish] をクリックします。IAPサンプルアプリプロジェクトのインポートが開始されます。
    6. サンプルアプリごとにこれらの手順を繰り返します。
  4. IAP 2.0 JAR/ライブラリーファイルを追加します。
    1. Android Studioの左上隅(プロジェクトのタブのすぐ下)のドロップダウンメニューから [Project] を選択します(選択肢はほかに [Android] と [Packages] があります)。プロジェクトのディレクトリ構造がツリー形式で表示されます。
    2. プロジェクトのappディレクトリの下に、「libs」という名前で新しいディレクトリを作成します。
    3. IAP 2.0 JARファイルを新しいlibsディレクトリにコピーします。

      Macを使用している場合は、libsファイルを右クリックし、コンテキストメニューから [Reveal in Finder] を選択します。すると、IAP 2.0 JARファイルをAmazonInAppPurchasingから新しいlibsディレクトリにコピーできるようになります。ディレクトリ表示を更新すると、Android Studioからディレクトリ内にあるファイルを見ることができます。

    4. IAP 2.0 JARファイルを右クリックし、[Add as Library...] を選択します。

      すると、IAPライブラリがプロジェクトのgradle dependenciesのリストに追加されます。これで、サンプルアプリプロジェクトを正しくビルドできるようになりました。

      : gradleを使用してこのライブラリを追加したい場合は、build.gradleファイルを開き、このファイルの依存関係セクションに次のコードを追加します。[Sync Now] リンク(build.gradleファイルの先頭部分)をクリックすると、この変更が同期されます。

      dependencies {

      ...

      compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])

      }

    5. サンプルアプリプロジェクトごとにこれらの手順を繰り返します。
  5. サンプルアプリ用にAPKを生成します。
    1. Androidモバイルデバイスを開発用コンピューターに接続します。
    2. Android Studioで、[Debug] をクリックし、実行中のデバイスを選択して、そのデバイスにアプリをインストールします。

: 現在、Amazon Android SDKでは、JavadocをAndroid Studioのプロジェクトに追加することができません。Android StudioではJavadocを独自のJARファイルとして利用できるようにする必要がありますが、現時点ではJavadocはAmazon Android SDKに含まれていません。

これで、このサンプルアプリをモバイルデバイス上で実行できるようになりました。

注:開発した実際のアプリをAmazonアプリストアに申請すると、APKの署名の有無にかかわらず、アプリにAmazonの署名が適用されます。

App Testerをセットアップする

: テストを始める前に、IAPテストのオプションと、推奨されるテストプロセスについて理解しましょう。詳細については、アプリ内課金(IAP)をテストするを参照してください。

AmazonでIAPのユニットテストを実行するには、App Testerというツールを使います。IAPサンプルアプリを使って、このツールを試すことができます。

App Testerをインストールし、サンプルアプリをApp Testerで実行できるようにするには:

  1. App Testerをインストール・構成するの手順を実行します。
  2. サンプルアプリで、adb pushコマンドを使用して、amazon.sdktester.jsonファイルをお使いのデバイスの/mnt/sdcard/amazon.sdktester.jsonパスにコピーします。

    $ adb push <JSONファイルのフォルダー名>/amazon.sdktester.json /mnt/sdcard/

  3. App Testerを使ったアプリテストの詳しい手順は、App Testerユーザーガイドの指示に従ってください。App Testerを試すためのテストケースのセットアップについては、IAP用テストケースを設計して実行するを参照してください。

アプリとアプリ内課金アイテムを申請する

アプリのテストが終わったら、アプリとアプリ内課金アイテムをAmazonに申請することができます。

IAPアイテムを作成・申請するを参照してください。