開発者コンソール

グラフィックスのパフォーマンス


グラフィックスのパフォーマンス

はじめに

グラフィックスを最適化すると、アプリのパフォーマンスが大幅に向上します。グラフィックスの最適化する方法として、ハードウェアアクセラレーションを使用する方法や、GPUと効率的に連動するようにコードを記述する方法があります。

ハードウェアアクセラレーション

第2、第3、第4世代のFireタブレットは、グラフィックスのハードウェアアクセラレーションに対応しています。Android APIレベル11以上が指定されているアプリでは、ハードウェアアクセラレーションを有効にできます。Android APIレベル14以上が指定されているアプリでは、デフォルトでハードウェアアクセラレーションが有効になっています。

Android APIレベル11、12、13では、AndroidManifest.xml<application>要素に次の属性を追加することで、ハードウェアアクセラレーションをオンにできます。

<application android:hardwareAccelerated="true" ...>

AndroidManifest.xmlでAPIレベル10以下が指定されている場合、ハードウェアアクセラレーションは有効にできず、この属性は無視されます。

また、ハードウェアアクセラレーションはAndroidManifest.xmlの設定とは無関係に、アクティビティ、ウィンドウ、ビューレベルで制御することもできます。ハードウェアアクセラレーションを使用しないケースや、コンポーネントレベルでハードウェアアクセラレーションを制御する方法については、Android APIガイドのハードウェアアクセラレーションを参照してください。