Amazonデバイスを使用しないテスト方法


Amazonデバイスを使用しないテスト方法

アプリをテストするAmazonデバイスが手元にない場合は、FireタブレットやFire Phoneと同じ仕様の仮想デバイスを作成できます。ここで説明する手順は、Fire TVのシミュレーションには使用できません。

仮想のAmazonデバイスのセットアップ

仮想のAmazonデバイスをセットアップするには、Android Studio IDEにバンドルされているAndroid Virtual Device Managerを使用します。Amazonデバイスをエミュレートするには、Android Virtual Device Managerで新しいデバイス定義新しい仮想デバイスを作成する必要があります。Android Virtual Device Managerの詳細については、仮想デバイスの作成と管理を参照してください。

新しいデバイス定義を作成する

次の手順に従って新しいデバイス定義を作成します。

  1. Android Studioで [Tools] > [AVD Manager] をクリックして、Android Virtual Device Managerを起動します。

  2. [Create Virtual Device…] をクリックします。

  3. [New Hardware Profile] をクリックします。

  4. 下表を参照しながら、[Configure Hardware Profile] ダイアログのフィールドに情報を入力します。特定のFireタブレット用デバイスを作成する際は、Fireタブレットのデバイス仕様(カスタムテーブル)を参照してください。

  5. [Finish] をクリックします。

[Configure Hardware Profile] ダイアログには、以下のフィールドが含まれます。

フィールド
Device Name わかりやすいデバイス名を入力します。
Device Type [Phone/Tablet] を選択します。
Screen タブレットの画面サイズと解像度を入力します。
Memory タブレットのメモリサイズを入力します。
Input デフォルト値を使用します。
Supported device states デフォルト値を使用します。
Cameras 通常はデフォルト値を使用しますが、旧式タブレットの中には背面カメラが非搭載のものもあります。
Sensors [Accelerometer] チェックボックスをオンにします。通常はその他のセンサータイプのチェックボックスをオフにしますが、旧式タブレットの中にはジャイロスコープとコンパスが搭載されているものもあります。
Default Skin デフォルト値を使用します。

新しい仮想のAmazonデバイスを作成する

次の手順に従って、新しい仮想のAmazonデバイスを作成します。

  1. Android Virtual Device Managerを起動します。

  2. [Create Virtual Device] をクリックします。

  3. デバイス定義のテーブルで、仮想のAmazonデバイスを選択します。

  4. 残りのフィールドに入力し、[OK] をクリックして仮想のAmazonデバイスの作成を完了します。

仮想のAndroidデバイスの詳細については、仮想デバイスの作成と管理を参照してください。