環境をセットアップする


環境をセットアップする

次のガイドラインと手順に従ってウェブアプリの環境をセットアップします。

Amazon API JavaScriptライブラリをインクルード

ウェブアプリでAmazonのAPI(アプリ内課金(IAP)など)が使用される場合は、コードにAmazon API JavaScriptライブラリをインクルードする必要があります。

ホストアプリ

ホストアプリでは、Amazon API JavaScriptファイルは以下のURLにホストされます。

https://resources.amazonwebapps.com/v1/latest/Amazon-Web-App-API.min.js

このファイルをウェブアプリにインクルードするには、<script>タグをHTML <body>の末尾に追加します。

<script src="https://resources.amazonwebapps.com/v1/latest/Amazon-Web-App-API.min.js"></script>

パッケージアプリ

パッケージアプリを作成

新しいパッケージアプリは、他の種類のzipファイルと同様に簡単に作成できます。アプリを申請する際には、アプリのスタートページをindex.htmlファイルにするか、アプリのメインの起動ページへのパスを指定します。アプリがオフラインで機能するように、それらのアセットをすべてインクルードしてください。

WinZipなどのGUIアプリケーションを使用するか、コマンドラインからzipを使用できます。次のコマンドでフォルダをzipすると、必要な基本のzipファイルが作成されます。$ zip -r project.zip ./project

HTML5パッケージアプリのプロジェクトの外観と機能は、サーバー上の通常のウェブプロジェクトフォルダと類似しています。

パッケージアプリでは、Amazon API JavaScriptファイルが.zipファイルのルートレベルに自動的に挿入されます。そのファイルを参照するには、<script>タグの相対URLを使用します。

たとえば、アプリのファイルが以下のように.zipアーカイブの最上位レベルにあるとします。

Package.zip/
  index.html
  js/index.js
  css/index.css
  html/other.html
  images/image1.png

この場合、Amazon-Web-App-API.min.jsはindex.htmlと同じレベルに追加されます。次の<script>タグを使用して、Amazon-Web-App-API.min.jsをこれらのHTMLファイルにインクルードします。

index.html内から:<script src="Amazon-Web-App-API.min.js"></script>

html/other.html内から:<script src="/Amazon-Web-App-API.min.js"></script>

アプリのファイルが以下のように.zipアーカイブのフォルダ内にあるとします。

Package.zip/
   MyApp/
      index.html
      js/index.js
      css/index.css
      html/other.html
      images/image1.png

この場合、Amazon-Web-App-API.min.jsMyAppフォルダと同じレベルに追加されます。次の<script>タグを使用して、Amazon-Web-App-API.min.jsをこれらのHTMLファイルにインクルードします。

MyApp/index.html内から:<script src="/Amazon-Web-App-API.min.js"></script>

MyApp/html/other.html内から:<script src="/Amazon-Web-App-API.min.js"></script>

Amazon API JavaScriptライブラリを使用

AmazonのAPIを使用するウェブアプリ内のすべてのコードは、amazonPlatformReadyイベントがAmazon HTML5フレームワークから発生した後に呼び出す必要があります。

document.addEventListener('amazonPlatformReady', function () {
  //ここにAPIコードを記述
});

起動パスを指定

アプリの起動パスは、アプリの起動時に最初に読み込まれるファイルへのパスにします。

ホストアプリ

ホストアプリの場合、起動パスはウェブアプリのURLです。ホストアプリをAmazonアプリストアに申請する際には、アプリ起動時に読み込まれるページのURLを指定します。

パッケージアプリ

パッケージアプリの場合、起動パスはアプリの最初の起動時に読み込まれるHTMLファイルへの、.zipアーカイブのルートからの相対パスにします。たとえば、アプリを開始するときに最初にindex.htmlを起動し、ファイルがzipアーカイブのルートレベルにある場合、/index.htmlを使用します。ファイルがMyApp/というサブディレクトリにある場合、起動パスは/MyApp/index.htmlになります。アプリをAmazonアプリストアに申請するときに、このURLを起動URLとして指定します。

ウェブアプリのパーミッション

アプリにユーザーパーミッションを必要とする1つまたは複数の機能がある場合は、申請ワークフロー中に該当するチェックボックスを選択してください。アプリでユーザーパーミッション(アプリ内課金またはユーザーログイン)が要求される場合、関連するページをSSLを使用するように構成する必要があります。次の表に、パーミッションを必要とする機能を示します。 

機能 パーミッション
アプリ内課金(IAP) ウェブアプリにAmazonのアプリ内課金の使用を許可する
位置測定 ウェブアプリに位置測定機能の使用を許可する
ストレージ ウェブアプリに外部ストレージとの読み取り/書き込みを許可する

ユーザーを保護するために、Amazonではアプリ内課金(IAP)が使用されるまたは認証が要求されるウェブアプリについては、SSLを使用して提供することを要求しています。詳細については、ウェブアプリを保護するを参照してください。

パッケージウェブアプリをテスト

Amazon Web App Testerがアップグレードされ、パッケージウェブアプリをテストできるようになりました。Web App Testerの使用経験が少ない場合は、ブログ投稿Getting the most out of the Web App Tester(Web App Testerを最大限に活用する)を参照してください。このブログ投稿には、Remote Development Toolsを有効にして使用する方法やその他ヒントとコツなど、Web App Testerを使用して申請前にウェブアプリをテストする方法が記載されています。

ホストウェブアプリのURLを入力する方法以外に、ウェブアプリの圧縮ファイルをデバイスに読み込み、Web App Testerで確認およびデバッグできるようになりました。Android File Transferツールを使用して、テストするウェブアプリの圧縮ファイルをデバイスのルートにある次のフォルダにコピーします。/amazonwebapps

これでアプリのパッケージファイルがWeb App Testerに表示されるようになり、[Extract] をクリックして通常どおりにアプリを使用できます。または、パッケージ化されたzipファイルが指定されたURLを入力し、上記の手順を実行します。

HTML5パッケージウェブアプリをAmazonアプリストアに申請

  1. Amazonアカウントにログインします。
  2. 新規ウェブアプリ申請ページに移動し、パッケージウェブアプリに関する次の事項を詳細に入力します。
    1. 一般的な情報(タイトル、カテゴリー、サポートの詳細、プライバシーURL)
    2. 配信地域、価格等(リリース日と標準価格)
    3. 説明
    4. 画像とマルチメディア(スクリーンショット、アイコン)
    5. コンテンツレーティング
  3. ホストウェブアプリやパッケージウェブアプリを申請するかどうかを選択します(この場合は後者)。
  4. ウェブアプリファイル(HTML、JavaScript、CSS、コンテンツファイル/リソース)をzipファイルとしてアップロードします。
  5. 申請します。