Fireタブレット対応アプリを初めて作成する場合


Fireタブレット対応アプリを初めて作成する場合

Fireタブレット対応アプリを作成したことがない場合、Android Studioを使用してHello Fireアプリを作成できます。初めてAndroidアプリを作成する方法について詳しくは、Androidドキュメントの初めてのアプリを作成するを参照してください。

前提条件

作業を開始する前に、開発環境をセットアップしておく必要があります。詳細については、Fireタブレット用の開発環境を設定する方法を参照してください。

Android Studioでアプリを作成

Hello Fireアプリを作成するには、まずIDEで新しいプロジェクトを作成する必要があります。次の手順に従って、Android Studioで新しいプロジェクトを作成します。

  1. Android Studioを開きます。
  2. [File] メニューの [New Project] をクリックします。
  3. [New Project] ウィンドウで、[Application name] ボックスに [HelloFire] と入力します。
  4. [Next] を2回クリックします。
  5. [Activity Name] ボックスに「HelloFireActivity」と入力し、[Finish] をクリックします。

作成したプロジェクトが [Project] ウィンドウに表示されます。

Hello Fireが表示された [Project] ウィンドウ

Androidアプリの概要

Hello Fireアプリに関するこの後のステップをよく理解できるように、ここでAndroidアプリの基本概念を簡単に説明します。

このHello Fireアプリには、次の3つの主要なコンポーネントがあります。

  • HelloFireActivity.java - これはアプリ固有のコアロジックです。また、Androidアクティビティの標準的なJavaコードでもあります。
  • activity_hello_fire.xml - Androidアプリでは、すべてのユーザーインターフェイス(UI)要素を専用のXMLファイルでレイアウトすることが推奨されています。この例では、プロジェクトのres/layoutサブディレクトリにactivity_hello_fire.xmlという専用のXMLファイルがあり、このファイルでアクティビティのレイアウトを定義しています。こうすることでUIデザインが簡潔になり、変更時にコアロジックを掘り下げて調べる必要がなくなります。生成されるRクラスにはこの専用のXMLファイルが含まれており、コアロジックはRを参照してUI要素を操作できます。専用のXMLファイルにUI要素を配置するのではなく、ほかのJavaアプリのように、コードでUIをインライン要素として定義できます。
  • strings.xml - Androidアプリでは、UI要素の文字列値(ラベルなど)も専用のXMLファイルに記述することが推奨されています。このやり方は、パスを指定するJavaリソースファイルを使用してUI要素をローカライズするのと同じです。この方法であれば、コードを掘り下げて調べなくても、アプリの文字列を簡単に見つけられます。この専用のXMLファイルは、res/valuesサブディレクトリにあり、キーと値のマッピングを保持しています。キーはレイアウト内のUI要素を示し、値はアプリの実行時に表示される文字列を示します。

Hello Fireをカスタマイズ

アプリのHelloメッセージを編集するには、次の手順に従います。

  1. HelloFireプロジェクト内のapp>res>valuesフォルダを開きます。
  2. strings.xmlファイルを開きます。
  3. hello_worldという文字列を、Hello, Fireに変更します。
  4. Android Studioは自動的にstrings.xmlファイルへの変更を保存します。

これでHello Fireアプリを実行する準備ができました。