ランチャーアイコンのガイドライン


ランチャーアイコンのガイドライン

はじめに

アプリのランチャーアイコン(「アプリアイコン」と呼ばれる場合もあります)は、ユーザーがアプリを起動するためにタップするアイコンです。Androidとの共通化のため、Fire OS 5以降、AmazonではAPKからのアイコンを使用しています。(以前のバージョンのFire OSとはこの点で異なり、以前のバージョンでは、ランチャーはアプリを申請するときに開発者ポータルにアップロードしたランチャーアイコンを使用していました)。

ランチャーアイコンは、次のガイドラインとトラブルシューティング手法を念頭に置いて作成してください。下のセクションは、Fire OS 5およびFire OS 6に適用されます。

スケーリング

ランチャーでは、絶対に必要な場合を除いて、ランチャーアイコンをスケーリングできません。デバイスに鮮明で大きなアイコンを表示するために、ランチャーはデバイスよりも密度の高いアイコンを取得します。

アイコンのサイズと密度

アイコンのバージョンをそれぞれ次の寸法で作成し、APKに画像をインクルードします。ランチャーが見つけられるように、アイコンを適切なresフォルダに置きます。

汎用密度 アイコンの寸法 resフォルダ 要求元
xxhdpi 144px × 144px drawable-xxhdpi xhdpiのAmazonデバイス
xhdpi 96px × 96px drawable-xhdpi tvdpi、hdpiのAmazonデバイス
hdpi 72px × 72px drawable-hdpi mdpiのAmazonデバイス

アイコンのファイル形式

ランチャーアイコンの画像を24ビットのPNG形式で提供します。

ランチャーアイコンに関するトラブルシューティング

ランチャーアイコンが適切に表示されていない場合は、次のように対処してください。

問題: 間違ったアイコンが表示されている、またはアイコンがスケーリングされていて見栄えが悪い。

解決策: drawable-large-mdpiなどの構成に対してランチャーアイコンを提供する場合、Androidのリソース解決ルールによって適切なフォルダではなくそのフォルダからアイコンが選択されることがあります。

Androidのリソース解決アルゴリズムについては、こちらのAndroidドキュメントを参照してください。

ランチャーが正しいアイコンを選択するように、このページの表にリストされているアイコンのみをリソースフォルダに入れてください。

問題: drawable-*フォルダが構築時のAPKの最適化により削除された。

解決策: ツールによっては特定の密度でAPKを構築し、その他のドローワブルを削除します。たとえば、Amazonがxhdpiのデバイスでxxhdpiのアイコンファイルを使用する場合でも、ツールでdrawable-xxhdpiフォルダが削除されることがあります。この問題を回避するには、フォルダ名にdrawable-*の代わりにmipmap-*パターンを使用します。

  • mipmap-hdpi: 72px
  • mipmap-xhdpi: 96px
  • mipmap-xxhdpi: 144px

Fire OS 6デバイスの対応表

次の表に示すデバイスはすべて、Android 7.1.2、APIレベル25をベースとするFire OS 6を実行またはFire OS 6の実行に対応しています。

デバイス Fire OS 6のソース 汎用密度 取得したランチャーアイコンの密度
Fire HD 8(2018) ストックOS hdpi xhdpi

Fire OS 5デバイスの対応表

次の表に示すデバイスはすべて、Android 5.1、APIレベル22をベースとするFire OS 5を実行またはFire OS 5の実行に対応しています。

デバイス Fire OS 5のソース 汎用密度 取得したランチャーアイコンの密度
Fire HD 10(2017) ストックOS hdpi xhdpi
Fire HD 8(2017) ストックOS tvdpi xhdpi
Fire(7) ストックOS mdpi hdpi
Fire HD 8(2016) ストックOS tvdpi xhdpi
Fire HD 10(2015) ストックOS mdpi hdpi
Fire HD 8(2015) ストックOS tvdpi xhdpi
Fire(2015) ストックOS mdpi hdpi
Fire HDX 8.9(2014) OTAアップデート xhdpi xxhdpi
Fire HD 7(2014) OTAアップデート hdpi xhdpi
Fire HD 6(2014) OTAアップデート hdpi xhdpi

Fire OSのバージョンが古い従来のデバイスへの対応

次の表は、Amazonの従来のタブレットデバイスとこれらのデバイスに対応しているOSの一覧を示します。

デバイス Fire OSのバージョン 画面解像度 汎用密度
Fire HD 7(2014) Fire OS 4(Android 4.4.2ベース、APIレベル19)\.Fire OS 5のOTAアップデートを受け取る。 1280px x 800px(720p "HD"解像度をサポート) hdpi
Kindle Fire HDX 8.9"(2013) Fire OS 4(Android 4.4.2ベース、APIレベル19)(システム更新、2014年11月に使用可能)Fire OS 3(Android 4.2.2ベース、APIレベル17) 2560px x 1600px(1080p "HD"解像度をサポート) xhdpi
Kindle Fire HDX 7"(2013) Fire OS 4(Android 4.4.2ベース、APIレベル19)(システム更新、2014年11月に使用可能)Fire OS 3(Android 4.2.2ベース、APIレベル17) 1920px x 1200px(1080p "HD"解像度をサポート) xhdpi
Kindle Fire HD 7"(2013) Fire OS 4(Android 4.4.2ベース、APIレベル19)(システム更新、2014年11月に使用可能)Fire OS 3(Android 4.2.2ベース、APIレベル17) 1280px x 800px(720p "HD"解像度をサポート) hdpi
Kindle Fire HD 8.9"(2012) Android 4.0.3ベース、APIレベル15 1920px x 1200px(1080p "HD"解像度をサポート) hdpi
Kindle Fire HD 7"(2012) Android 4.0.3ベース、APIレベル15 1280px x 800px(720p "HD"解像度をサポート) hdpi
Kindle Fire(第2世代) Android 4.0.3ベース、APIレベル15 1024px × 600px mdpi
Kindle Fire(2011) Android 2.3.3ベース、APIレベル10 1024px × 600px mdpi