データバインディングコンテキストのViewport情報(キャラクターディスプレイ)



データバインディングコンテキストのViewport情報(キャラクターディスプレイ)

データバインディングコンテキストには、表示デバイスの動作特性を示すviewportプロパティが含まれています。

Viewportプロパティの例

Echo Dot with clockのような文字ベースのデバイスに対するサンプルのviewportには、以下のプロパティがあります。

"viewport": {
  "width": 4,
  "height": 1,
  "format": "SEVEN_SEGMENT"
}

Viewportプロパティ

viewportには、以下の定義済みプロパティがあります。

プロパティ 説明
format 文字列 表示可能な文字の種類です。
width 数値 viewportの幅(文字単位)です。
height 数値 viewportの高さ(文字単位)です。

format

formatプロパティには、デバイスに表示可能なサポート対象文字を指定する値が設定されます。

サポート対象外の文字に遭遇すると、空白文字「 」として表示されます。

formatプロパティが返す値は次のとおりです。

  • SEVEN_SEGMENT

SEVEN_SEGMENT

デバイスの7セグメントディスプレイで正しく表示できる数字と一部の文字です。

サポートされる数字
0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, and 9.
サポートされる文字
AbCcdEFGHhIJLnOoPqrStUuy_(下線文字)、空白文字(「 」)。

下の図は、サポートされる文字の7セグメント形式の表示です。
大文字のA 小文字のB 大文字のC 小文字のC 小文字のD 大文字のE 大文字のF 大文字のG 大文字のH 小文字のH 大文字のI 大文字のJ 大文字のL 小文字のn 大文字のO 小文字のO 小文字のP 小文字のQ 小文字のR 大文字のS 小文字のT 大文字のU 小文字のU 小文字のY 下線文字(/_)
サポートされない文字
aBDefgijKklMmNpQRsTVvWwXxYZz.

サポートされない文字は空白文字(" ")として扱われます。
  • 大文字の「B」については、数字の8を使用すると同じ形になります。
  • 小文字の「g」については、数字の9を使用すると同じ形になります。
  • 小文字の「l」(エル)については、大文字のI(アイ)を使用すると同じ形になります。

widthおよびheight

widthプロパティとheightプロパティには、画面の現在の長さが文字単位で設定されます。viewportのディメンションでは、セグメント間の文字はカウントされません。

たとえば、Echo Dot with clock用のviewportは、widthが4、heightが1になります。