開発者コンソールのシミュレーターでAPLスキルをテストする



開発者コンソールのシミュレーターでAPLスキルをテストする

開発者コンソールのシミュレーターを使用して、さまざまなサイズの画面でAlexa Presentation Language(APL)スキルをテストします。

前提条件: テスト用の最小カスタムスキルコンフィギュレーション

シミュレーターでAPLスキルをテストする前に、次のように、スキルがカスタムスキルの最小コンフィギュレーションを満たしていることを確認します。

  • 呼び出し名とサンプル発話を使用する1つ以上のカスタムインテントを含む対話モデルを作成します。
  • 対話モデルをビルドし、エラーがないことを確認します。
  • 有効なエンドポイントのコンフィギュレーションを行い、スキルコードをエンドポイントにデプロイします。
  • APLインターフェース(Alexa.Presentation.APL)のコンフィギュレーションを行います。

開発者コンソールでスキルを設定する方法については、ビルドページを参照してください。

APLインターフェースを有効にするには、Alexa Presentation Language(APL)に対応するようスキルを設定するを参照してください。

シミュレーターでAPLスキルをテストする

開発者コンソールのシミュレーターを使用してテストするには

  1. 開発者コンソールを開き、テストするスキルを探して、編集をクリックします。
  2. テストタブをクリックします。
  3. スキルテストが有効になっているステージオプションで、開発中または公開中を選択します。
  4. シミュレーターを表示するにはデバイスの表示オプションを選択してください。
  5. Alexaシミュレーターの下で、スキルを呼び出し、テスト発話を入力します。
  6. 画面付きデバイスでコンテンツがどのように表示されるかを確認するには、スキルI/Oセクションの下までスクロールしてください。

さまざまなサイズの画面でAPL応答をテストする

テストシミュレーターでは、APLコンテンツが画面付きデバイスでどのように表示されるかを確認できます。画面シミュレーターを表示するにはスキルI/Oセクションの下までスクロールしてください。

APL画面シミュレーター
APL画面シミュレーター
UI要素 説明

1

表示 - 選択すると、画面デバイスシミュレーターが表示されます。シミュレーターはスキルI/Oセクションの下に表示されます。

2

Viewportドロップダウンリスト – さまざまなviewportから選択してプレビューします。新しいviewportを選択すると、スキルセッションがリセットされます。このため、スキルを呼び出す前に、テストするviewportを選択します。

使用可能なviewportの詳細については、異なるviewportをテストするを参照してください。

3

Smart Motion Simulator On - Echo Show 10など、ユーザーに向かって画面を回転させることができるデバイスのシミュレーターを開く場合に選択します。このトグルボタンは、大型デバイスviewportを選択すると表示されます。

Smart Motionシミュレーターの使用方法の詳細については、Smart Motionシミュレーターを使用するを参照してください。

4

Alexaシミュレータータブ - フィールドに発話を入力してスキルを呼び出し、テストします。マイクをクリックして音声でテストすることもできます。

異なるviewportをテストする

スキルI/Oセクションの下にあるドロップダウンリストで、さまざまなタイプのデバイスを選択できます。選択されたデバイスが、スキルに送信されたリクエストのcontext.Viewportプロパティで提供されたデータを決定します。

使用できるデバイスは、Alexa Presentation Language(APL)ドキュメントで使用するviewportプロファイルパッケージで使用できるviewportプロファイルに対応します。

  • 小型デバイス: 円形(480 x 480)
  • 小型デバイス: 横長(960 x 480)
  • 中型デバイス: 横長(1024 x 600)
  • 大型デバイス: 横長(1280 x 800)
  • 超大型TV: 横長(1920 x 1080)

viewportのプロパティについて詳しくは、Alexa Viewportプロファイルパッケージを参照してください。

テスト用にカスタムデバイスプロファイルを作成することもできます。カスタムプロファイルは、他のタイプのデバイスでスキルがどのように表示されるかをテストするのに便利です。ビデオ再生をサポートしていない画面付きデバイスで、スキルがどのように動作するかをテストするには、カスタムプロファイルを使用することもできます。

カスタムデバイスプロファイルを作成するには

  1. 開発者コンソールのシミュレーターで、スキルI/Oセクションの下のドロップダウンリストをクリックして、標準viewportのリストを開きます。
  2. 一覧の一番下までスクロールし、カスタムデバイスを追加をクリックします。
  3. ドロップダウンメニューおよび項目から、表示するviewportのプロパティを変更します。

    形状ピクセル幅ピクセル高さピクセル密度を設定できます。ビデオ再生をサポートしていないデバイスを作成するには、デバイスがサポートしている特定のビデオコーデック、またはビデオを許可しないを選択することもできます。

  4. 適用をクリックします。

カスタムデバイスは、現在のブラウザのセッション中は引き続き使用できます。ブラウザを閉じて、後でシミュレーターを再度開くと、カスタムデバイスを再作成する必要があります。

Smart Motionシミュレーターを使用する

Smart Motionシミュレーターでは、モーション対応デバイスを上から見た表示の横に、ユーザーとともにAPLドキュメントを表示します。APLドキュメント表示では、ドキュメントを操作します。モーションシミュレーターでは、ユーザーのアイコンを動かすと、デバイスがユーザーを追って、画面をユーザーに向ける様子が表示されます。

このシミュレーターは、大型デバイスviewportで使用できます。このシミュレーターをオンにするトグルボタンが表示されない場合は、大型デバイスが選択されていることを確認します。

左側にAPLドキュメント、右側にモーションシミュレーターを表示
左側にAPLドキュメント、右側にモーションシミュレーターを表示
モーションシミュレーターを使用
モーションシミュレーターを使用
UI要素 説明

1

デバイスアイコン - 回転できる画面付きのデバイスを表します。このアイコンが回転し、デバイスがスキルに応答してどのように動くかを示します。

2

ユーザーアイコン - ユーザーを表します。このアイコンをクリックすると、ユーザーがウェイクワードを話すのをシミュレートできます。シミュレーターの別の場所をクリックして、ユーザーを別の場所に移動し、デバイスの対応を確認します。

3

デバイスの視野 - 影で区分された領域は、デバイスのカメラの視野を示します。シミュレーター上のクリックした場所にユーザーを移動できます。

4

回転/モーションコマンド - デバイスの現在の回転角度と最新のモーションコマンドを表示します。

ウェイクワード応答をシミュレートする

ユーザーがウェイクワードを発話してスキルを呼び出すと、デバイスはビルトインモーションで対応し、ユーザーに画面を向けるなどの動作を行います。このビルトインモーションは、ウェイクワード応答と呼ばれます。スキルに使用するウェイクワード応答のコンフィギュレーションを行うことができます。

シミュレーターでスキルのウェイクワード応答をテストし、部屋の中でユーザーが移動する様子をシミュレートできます。

スキルのウェイクワード応答をテストするには

  1. 開発者コンソールのシミュレーターで、スキルI/Oセクションの下のドロップダウンリストをクリックして、標準viewportのリストを開きます。
  2. 大型デバイスviewportを選択し、Smart Motion Simulator Onオプションを選択します。
  3. スキルを呼び出します。
  4. シミュレーターで、Click user to say wake wordと表示されるまで、ユーザーアイコンにカーソルを合わせます。
  5. ユーザーをクリックします。

    デバイスのアイコンが、コンフィギュレーションが行われたウェイクワード応答に従って変化します。

    たとえば、ウェイクワード応答がturnToWakeWordの場合、デバイスはユーザーのアイコンに向き合うよう回転します。

ユーザーが部屋の中を移動する様子をシミュレートするには

  1. 開発者コンソールのシミュレーターで、スキルI/Oセクションの下のドロップダウンリストをクリックして、標準viewportのリストを開きます。
  2. 大型デバイスviewportを選択し、Smart Motion Simulator Onオプションを選択します。
  3. スキルを呼び出します。
  4. 新しい場所にユーザーを移動するには、シミュレーター内の任意の場所をクリックします。

ウェイクワード応答の詳細については、ビルトインSmart Motionの動作(ウェイクワード応答)を参照してください。

Smart MotionとEntity Sensingをテストする

Smart Motion APL Extensionを使用すると、デバイスのモーションの状態に関する情報を取得したり、モーションを制御するコマンドを実行したりできます。Entity Sensing APL Extensionを使用すると、デバイスによって検出されたユーザーに関する情報を取得できます。

スキルでこれらのextensionsを使用する場合、シミュレーターでテストできます。たとえば、スキルがGoToCenterなどのextensionコマンドを実行すると、モーションシミュレーターでデバイスのアイコンが移動していることがわかります。

Smart Motion extensionでは、次の機能をテストできます。

  • PlayNamedChoreoコマンドを除くすべてのコマンド
  • すべてのライブデータプロパティ
  • すべてのイベントハンドラー

Entity Sensing extensionでは、次の機能をテストできます。

  • すべての環境プロパティ
  • すべてのライブデータプロパティ
  • すべてのイベントハンドラー

Smart Motionシミュレーターの制限事項

シミュレーターには、次の制限事項があります。

  • Smart MotionのPlayNamedChoreoコマンドをテストすることはできません。
  • Smart Motion extensionでは、availableChoreos環境プロパティは使用できません。