APLリファレンス(キャラクターディスプレイ)



APLリファレンス(キャラクターディスプレイ)

Alexa Presentation Languageは、キャラクターディスプレイ機能を持つデバイスでサポートされています。該当デバイスへのテキスト送信には、APLTドキュメント形式を使用します。APLTドキュメント形式は、画面付きデバイスでサポートされているAPLドキュメントに比べてサイズが小さくシンプルになっています。

キャラクターディスプレイ付きデバイスのAPLに関する詳細については、以下リンクから参照してください。

ドキュメントとレイアウト

キャラクターディスプレイ付きデバイスは、デバイスへのコンテンツ表示用にAPLTドキュメント形式をサポートしています。このドキュメント形式は、リソース、レイアウト、コンポーネントの条件付きインフレートといったAPLのコア機能をサポートしています。

スタイル、ベクターグラフィックス、パッケージは、キャラクターディスプレイではサポートされません。

データソースとデータバインディング

キャラクターディスプレイでは、データバインディングが完全にサポートされます。

トランスフォーマーは、キャラクターディスプレイではサポートされません。

コンポーネント

キャラクターディスプレイでは、プレーンテキストやAPL-T専用のTimeTextの配置および表示用として、ごく一部のコンポーネントがサポートされます。

これ以外のAPLコンポーネント(FrameImageScrollViewSequenceVectorGraphicVideo)はサポートされません。

コマンド

キャラクターディスプレイでは、Pagerでの作業用やコンポーネントプロパティ値の変更用として、ごく一部の標準コマンドがサポートされます。

これ以外のAPLコマンド(メディアの再生、アニメーションの表示、スクロール、フォーカスの変更、スキルへのリクエストの送信、テキストの読み上げなど)はサポートされません。

スキルのリクエストと応答のリファレンス

キャラクターディスプレイでは、Alexa.Presentation.APLTインターフェースの次のディレクティブがサポートされます。

  • Alexa.Presentation.APLTインターフェース:
    • RenderDocumentディレクティブ
    • ExecuteCommandsディレクティブ

キャラクターディスプレイではSendEventコマンドがサポートされないため、スキルにUserEventなどのAPLリクエストは送信されません。