データバインディングの構文(APL for Audio)



データバインディングの構文(APL for Audio)

ドキュメントをレンダリングするときにAlexaが評価する式を記述するには、データバインディングの構文を使用します。データバインディング式を使用して、コンポーネントプロパティをデータソースにバインドしたり、条件ロジックを記述して条件に応じてコンポーネントを含めたり除外したりできます。

データバインディング式について

JSON文字列内でデータバインディング式を使用します。データバインディング式の形式は"${expression}"です。

文字列内では、"${2}+${2} = ${2+2}"のように、任意の数の式を記述できます。

Alexaは、式を現在のデータバインディングコンテキスト内で評価します。データバインディングコンテキストはブール値、数値、文字列、配列、オブジェクト、null値をサポートするグローバルディクショナリーです。

サポートされる値の型

識別子

識別子は、データバインディング変数を識別するために使用される名前です。識別子は、C識別子の命名規則である[a-zA-Z_][a-zA-Z0-9_]*に従う必要があります。つまり、識別子は大文字または小文字のASCII文字かアンダースコアで始まり、その後に0文字以上のASCII文字、数字、またはアンダースコアを続けます。

${data}
${_myWord23}
${__AnUgly26_letter__examplE}

文字列リテラル

文字列は一重または二重の引用符を使用して定義します。開始と終了の引用符はセットで使用する必要があります。引用符、キャリッジリターン、改行はエスケープ処理で表現できます。

${"Double-quoted string"}
${'Single-quoted string'}
${"Inner quote: \" or '"}

式は文字列の中に入れ子にすることもできます。

${"2たす2は${2+2}"}

数値

正の数、負の数、および浮動小数点数がサポートされます。指数表記には対応していません。すべての数値は倍精度型です。

ブール値

trueとfalseのブール値がサポートされています。

${true}
${false}

時間

時間のデータ型がサポートされています。デフォルトの単位はミリ秒です。サポートされている単位は、ミリ秒と秒のみです。「秒」の単位は、接尾辞「s」を使って表します。

${1000}
${1.7s}

null

null定数がサポートされています。

${null}

Truthyと強制

データバインディングの式には、さまざまな型があります。これらの型はほかの型に変換できます。以下の表は、これらの型の変換をまとめたものです。

オブジェクトの型 ブール値 数値 文字列
Null null false 0 ""
ブール値 true true 1 "true"
  false false 0 "false"
数値 23 true 23 "23"
  0 false 0 "0"
文字列 "私の犬" true 0 "私の犬"
  "" false 0 ""
  "-2.3" true -2.3 "-2.3"
  "red" true 0 "red"
  "50vw" true 50 "50vw"
配列 [] true 0 ""
マップ {} true 0 ""
  0vh false 0 "0ch"
  23% true 0.23 "23%"
  0% false 0 "0%"
  auto true 0 "auto"
その他 true 0 ""

ブール値の強制

truthy値とは、真偽を判定するコンテキストで評価したときにtrueと見なされる値です。false、0、""、null値を除くすべての値はtrueと見なされます。

数値の強制

ブール値の「true」値は数値1に変換されます。それ以外の場合はすべて0に変換されます。

文字列の強制

次の表のルールに従って、内部の型が文字列に変換されます。

オブジェクト 結果 説明
Null null '' null値はレンダリングされません。
ブール値 true false 'true' 'false' ブール値のtrueとfalseは文字列としてレンダリングされます。
数値 -23 '-23' 整数では、小数点以下の桁は表示されません。
  1/3 '0.333333' 非整数では、小数点以下の桁が表示されます。
文字列 "My "dog" " 'My "dog" ' 文字列値
配列 […] '' 配列はレンダリングされません。
マップ {…} '' マップはレンダリングされません。
その他 ${Math.min} '' 数学関数はレンダリングされません。

非整数の具体的な形式は定義されていませんが、sprintf(buf, "%f", value)のC++規格に従ってください。この形式は、ロケールに応じて変わる可能性があります。

演算子

算術演算子

加算、減算、乗算、除算、剰余の標準的な算術演算子がサポートされています。

${1+2} // 3
${1-2} // -1
${1*2} // 2
${1/2} // 0.5
${1%2} // 1.

加算と減算は、数値のペアに対して機能します。

加算演算子は、左オペランドか右オペランドが文字列の場合、文字列を連結する演算子としても使用できます。

${27+""}     // '27'
${1+" dog"}  // '1 dog'
${"have "+3} // 'have 3'

乗算演算子、除算演算子、剰余演算子は、数値のペアに対して機能します。

剰余演算子はJavaScriptの場合と同じように機能します。

${10 % 3}  // 1
${-1 % 2}  // -1
${3 % -6}  // 3
${6.5 % 2} // 0.5

論理演算子

標準的なAND、OR、NOTの論理演算子がサポートされています。

${true || false} // true
${true && false} // false
${!true}         // false
&&は、第1オペランドがfalseと見なされる場合は第1オペランドを返し、そうでない場合は第2オペランドを返します。また、   ||演算子は、第1オペランドがtrueと見なされる場合は第1オペランドを返し、そうでない場合は第2オペランドを返します。
${7 && 2}    // 2
${null && 3} // null
${7 || 2}    // 7
${0 || -16}  // -16

比較演算子

比較演算子はブール値を返します。

${1 < 2}
${75 <= 100}
${3 > -1}
${4 >= 4}
${myNullValue == null}
${(2>1) == true}
${1 != 2}

比較演算子は配列やオブジェクトには適用しません。

Null合体演算子

??演算子はnull合体演算子です。オペランドがnullでない場合は左オペランドを返し、そうでない場合は右オペランドを返します。null合体演算子は、連鎖させることができます。

${person.name ?? person.surname ?? 'Hey, you!'}

null合体演算子は、null以外であれば、左オペランドを返します。

${1==2 ?? 'Dog'}   // falseが返される
${1==2 || 'Dog'}   // 「Dog」が返される

三項演算子

三項条件演算子(${a ? b : c})は左オペランドを評価します。trueまたはtruthy値と評価した場合は、中央のオペランドを返します。そうでない場合は、右オペランドを返します。

${person.rank > 8 ? 'General' : 'Private'}

配列とオブジェクトへのアクセス

配列

配列へのアクセスには[]演算子を使用します。この場合、オペランドは整数でなければなりません。配列は、配列の長さを返す.length演算子もサポートしています。配列の範囲外の要素にアクセスすると、nullを返します。

${myArray[4]}     // 配列の5番目の要素(0から始まるインデックス)
${myArray.length} // 配列の長さ
${myArray[-1])}   // 配列の最後の要素
${myArray[myArray.length]}  // nullが返される(範囲外)

負のインデックスを渡すと、配列を後ろから数えます。

${a[-1] == a[a.length - 1]} // True

オブジェクト

オブジェクトは.(ドット)演算子と[]配列アクセス演算子での文字列値の使用をサポートします。

${myObject.name}    // myObjectの「name」プロパティ
${myObject['name']} // myObjectの「name」プロパティ

未定義のプロパティはnullを返します。nullに対して.(ドット)または[]演算子を呼び出すとnullを返します。

${myNullObject.address.zipcode} // nullを返す

ドット演算子の右オペランドは、有効な識別子でなければなりません。

関数の呼び出し

関数

データバインディングではビルトイン関数の一部をサポートしています。関数は次の形式を使用します。

functionName( arg1, arg2, … )

関数には引数は必要ありません。関数は単一の値を返します。

ビルトイン関数

プロパティ 説明
Math.abs(x) 絶対値xを返します。 ${Math.abs(-2.3)} == 2.3
Math.acos(x) xのアークコサインです。 ${Math.acos(1)} == 0
Math.asin(x) xのアークサインです。 ${Math.asin(0)} == 0
Math.atan(x) xのアークタンジェントです。 ${Math.atan(1)} == 0.7853981633974483
Math.ceil(x) x以上の最小の整数を返します。 ${Math.ceil(2.3)} == 3
Math.clamp(x,y,z) y<xの場合はx、y>zの場合はz、それ以外の場合はyを返します。 ${Math.clamp(1, 22.3,10)} == 10
Math.cos(x) xのコサインです。 ${Math.cos(0)} == 1
Math.floor(x) x以下の最大の整数を返します。 ${Math.floor(2.3)} = 2
Math.max(x1,x2,…) 最大の引数を返します。 ${Math.max(2,3)} == 3
Math.min(x1,x2,…) 最小の引数を返します。 ${Math.min(2,3)} == 2
Math.PI π(円周率)の値です。 3.141592653589793
Math.random() 0と1の間の乱数です。 ${Math.random()} == 0.7113654073137101(常に同じとは限りません)
Math.round(x) xに最も近い整数を返します。 ${Math.round(2.3)} == 2
Math.sign(x) xのサインです。-1、0、+1のいずれかになります。 ${Math.sign(-43.1) == -1
Math.sin(x) xのサインです。 ${Math.sin(Math.PI/6)} == 0.5
Math.sqrt(x) xの平方根です。 ${Math.sqrt(9)} == 3
Math.tan(x) xのタンジェントです。 ${Math.tan(Math.PI/4)} == 0.5
String.slice(x,y[,z]) インデックスyからインデックスzまでのxのサブセットを返します。zが省略された場合、文字列の残りが返されます。yが負の数の場合、文字列の最後から抽出されます。 ${String.slice("berry", 2, 4)} == "rr" ${String.slice("berry", -2)} == "ry"
String.toLowerCase(x) 小文字に変換されたxが返されます。 ${String.toLowerCase("bEn")} == "ben"
String.toUpperCase(x) 大文字に変換されたxが返されます。 ${String.toUpperCase("bEn")} == "BEN"

データバインディングの文字列の変換

APLはJSONでシリアル化されているため、すべてのデータバインドの式はJSON文字列内で定義されます。

{
  "MY_EXPRESSION": "${....}"
}

引用符とデータバインディングの式の間にスペースがない場合、式の結果はデータバインディング評価の結果となります。たとえば、次のようになります。

"${true}"               -> ブール値のtrue
"${2+4}"                -> 数値6
"${0 <= 1 && 'three'}"  -> 文字列「three」

データバインディングの式の外側の文字列に余分なスペースがある場合、または2つのデータバインディングの式が並置されている場合、結果は文字列連結となります。

" ${true}"     -> 文字列「true」
"${2+4} "      -> 文字列「6」
"${2+1}${1+2}" -> 文字列「33」