APL for Audioリファレンス



APL for Audioリファレンス

Alexa Presentation Language (APL) for Audioを使うと、カスタムスキルでリッチなオーディオエクスペリエンスを作成できます。これらのエクスペリエンスを定義するには、APLAドキュメントタイプを使用します。

APL for Audioに関する詳細については、以下のリンクから参照してください。

ドキュメント

APL for Audioは、APLAドキュメント形式を使ってデバイスにオーディオ応答を送信します。APLAドキュメントは、一連のオーディオクリップを定義し、配置します。これらのオーディオクリップは、APLコンポーネントを使った読み上げテキストとオーディオファイルから作成します。すべてのAlexaデバイスは、これらのクリップによって定義されたオーディオ応答を再生できます。

データソースとデータバインディング

APL for Audioは、データバインディングを使ってユーザーから提供されたデータを組み込み、オーディオリソースを取り込んで、データに基づいて条件付きでコンポーネントをインフレートします。ドキュメントでデータバインディングを使用するには、データバインディング式を記述します。これは、埋め込まれた${..}サブストリングを持つJSON文字列です。

APL for Audioのデータソースとデータバインディングの詳細については、以下を参照してください。

コンポーネント

APL for Audioは、APLコンポーネントを使ってオーディオクリップを定義します。たとえば、Speechコンポーネントで音声に変換するテキストを定義します。Audioコンポーネントで再生するオーディオファイルを識別します。その他のコンポーネントにより、さまざまな方法で音声とオーディオを組み合わせたり、配置したりできます。

すべてのコンポーネントには、同じ基本コンポーネントのプロパティがあります。

複数の子コンポーネントをレンダリングできるコンポーネントには、複数の子コンポーネントの共通プロパティ、 複数子コンポーネントのプロパティもあります。

APL for Audioは、以下のプリミティブコンポーネントをサポートします。

フィルターを使って、オーディオコンポーネントを変更できます。詳細については、フィルターを参照してください。

スキルのリクエストと応答のリファレンス

APL for Audioは、次のAlexa.Presentation.APLAインターフェースのディレクティブをサポートします。

APL for Audioオーサリングツールにアクセスする

開発者コンソールでは、APLドキュメントの作成とプレビューが可能なオーサリングツールが提供されています。ドキュメントとデータソースをJSONで作成し、結果を再生したら、JSONコードをスキルにコピーできます。

オーサリングツールにアクセスする

  1. Alexa開発者コンソールでスキルを開きます。
  2. 左側のナビゲーションから、マルチモーダルをクリックします。
  3. 上のオーディオフィルターをクリックすると、すべてのAPLAドキュメントのリストが表示されます。
  4. 新しいオーディオ応答を作成するには、オーディオ応答を作成を選択します。