データソースとデータバインディング



データソースとデータバインディング

Alexa Presentation Language(APL)はデータバインディングをサポートしています。これにより、ドキュメントは指定した別のデータソースからデータを取得できます。データバインディングを使用すると、ソースデータからプレゼンテーションロジック(APLドキュメント)を分離できます。

データソースの定義とデータのバインディングについて詳しくは、このセクションのトピックを参照してください。

データソース

データソースとは、Alexa Presentation Language(APL)ドキュメントにバインドできるデータを定義するJSON構造のことです。RenderDocumentディレクティブを使ってAPLドキュメントをAlexaに送信するときに、1つ以上のデータソースを含めることができます。

データソースの定義方法と使用方法について詳しくは、データソースを参照してください。

トランスフォーマー

トランスフォーマーは、データソースのデータを別の表現に変換します。たとえば、ssmlToSpeechトランスフォーマーは、SSMLでマークアップされた文字列を、ドキュメント内で呼び出すことができる音声に変換します。

トランスフォーマーの使用方法について詳しくは、トランスフォーマーを参照してください。

データバインディングの評価

APLドキュメントでは、ユーザー提供のデータの取り込み、スタイルやその他の視覚的リソースの組み込み、レイアウトへのパラメーターの受け渡し、データに基づいたレイアウトの条件付きインフレートのために、データバインディングを使用しています。データバインディングコンテキストは、APLドキュメントでデータバインディングに使用できるデータソースとデータのコレクションです。

データバインディングのしくみと、データバインディングコンテキストで使用できる情報について詳しくは、データバインディングの評価を参照してください。

データバインディングの構文

ドキュメントを表示するときにAlexaが評価する式を記述するには、データバインディングの構文を使用します。この式の構文については、データバインディングの構文を参照してください。

データバインディングコンテキストのViewportオブジェクト

データバインディングコンテキストには、表示デバイスの動作特性を示すviewportプロパティが含まれています。このオブジェクトのプロパティについては、データバインディングコンテキストのViewportオブジェクトを参照してください。