スキルにAPLサポートを追加する

スキルにAPLサポートを追加する

スキルにAlexa Presentation Language(APL)を追加するには、APLインターフェースを使用できるようにスキルを設定してから、APLディレクティブを返すコードを追加します。

APLインターフェースを使用できるようにスキルを設定する

APLのディレクティブとリクエストを使用するには、スキルがAlexa.Presentation.APLインターフェースに対応している必要があります。このインターフェースを有効にすると、スキルに送信されたリクエストがAPLに対応するデバイスから送信されたかどうかを判断できます。

詳細については、スキルのAPLインターフェース設定を参照してください。

APLインターフェースは、画面付きデバイスおよびキャラクターディスプレイ付きデバイスで必要となります。APL for Audioでは必要ありません。

スキルコードにAPLサポートを追加する

APLのインターフェースには、ディレクティブとリクエストが含まれています。APLディレクティブは、APLコンテンツをデバイスに送信するために使用します。APLリクエストは、イベントへの応答としてスキルに送信されます。APLでは、以下のようなディレクティブとリクエストを含むインターフェースが用意されています。

  • Alexa.Presentation.APL - 画面付きデバイスにコンテンツを表示するためのディレクティブとリクエスト。
  • Alexa.Presentation.APLA - オーディオをレンダリングするためのディレクティブとリクエスト。Alexa.Presentation.APLT - キャラクターディスプレイ付きデバイスにコンテンツを表示するためのディレクティブとリクエスト。

コード内でこれらのインターフェースを使用する方法について詳しくは、スキルコードにAPLサポートを追加するを参照してください。

作成したスキルをテストする

開発者コンソールのシミュレーターを使用して、さまざまなサイズの画面でAlexa Presentation Language(APL)スキルをテストします。詳細については、開発者コンソールのシミュレーターでAPLスキルをテストするを参照してください。