スピーチ(APL for Audio)



スピーチ(APL for Audio)

Speechコンポーネントは、指定されたテキストをスピーチ音声出力に変換します。入力は、プレーンテキスト、SSMLのいずれかで指定できます。

プロパティ

Speechコンポーネントには基本コンポーネントプロパティのほかに、コンポーネント固有の次のプロパティがあります。

プロパティ デフォルト 説明
content 文字列 "" スピーチ音声に変換するテキストコンテンツです。
contentType PlainTextSSML PlainText contentプロパティで指定するコンテンツの種類です。

content

テキストからスピーチ音声に変換するコンテンツです。contentには、任意のUTF-8文字列を指定できます。

Speechコンポーネントのコンテンツに冒涜的な内容を含めることはできません。冒涜的な内容は、変換中にすべてビープ音に置き換えられます。

contentType

テキストからスピーチ音声に変換するコンテンツの種類を定義します。

タグ 説明
SSML オーディオエンジンは、テキストからスピーチ音声に変換する前に、contentを検証してSSML構文を適用します。
PlainText オーディオエンジンは、contentを標準テキストとしてスピーチ音声に変換します。

contentTypeがSSMLで、contentで指定されたSSMLの構文が正しくない場合、オーディオエンジンはドキュメントをレンダリングできず、リクエストは失敗します。

contentプロパティにSSMLコンテンツを指定する場合、通常のoutputSpeech応答と同様に、スピーチ音声を<speak>タグで囲んでください。

SSMLはJSONオブジェクトで指定する必要があるため、引用符をエスケープするか、一重引用符と二重引用符を適宜組み合わせて使用してください。

サポートされているSSML構文のリファレンスやサポートされる機能については、音声合成マークアップ言語(SSML)のリファレンスを参照してください。

contentTypePlainTextの場合、content文字列内のSSMLコンテンツはすべてエンコードされます。この結果、Alexaは意図した動作ではなくSSMLタグをそのまま「読み上げて」しまいます。

プレーンテキストの例

以下は、「こんにちは、皆さん。」というテキストを読み上げるSpeechコンポーネントの例です。

クリップボードにコピーされました。

{
  "type": "Speech",
  "contentType": "PlainText",
  "content": "こんにちは、皆さん。"
}

SSMLの例

以下は、SSMLを使ったSpeechコンポーネントの例です。この例では、「こんにちは、皆さん。」というテキストを「ささやき声」のエフェクトで読み上げます。

クリップボードにコピーされました。

{
  "type": "Speech",
  "contentType": "SSML",
  "content": "<speak><amazon:effect name='whispered'>こんにちは、皆さん。</amazon:effect></speak>"
}

SSMLタグの詳細とその他の例については、音声合成マークアップ言語(SSML)のリファレンスを参照してください。