APL TimeText(キャラクターディスプレイ)



TimeText(キャラクターディスプレイ)

指定された形式で時刻を表示し、カウントアップまたはカウントダウンします。開始時刻はエポックからの時間として指定します。時刻の書式設定においてUTC以外の書式で時刻を表示するための変換はありません。カウントダウンがゼロに達すると、その値が保たれ続けます。負の値は表示されません。

このコンポーネントは、Echo Dot with clockのようなキャラクターディスプレイ付きデバイスで表示されるAPLドキュメントで使用できます。Echo Showなどの画面付きデバイスではサポートされません。

{
  "type": "TimeText",
  "format": "%M:%S", // C99 strftime互換
  "start": "1552070232", // 秒単位のエポック時間。デフォルトは現在の時刻
  "direction": "down"
}

TimeTextコンポーネントは、Textコンポーネントのプロパティを継承しているほか、標準コンポーネントプロパティに加えて以下のプロパティを備えています。

プロパティ デフォルト 動的 説明
direction up、down、none up カウントの向きです。
format 文字列 "%M:%S" 時刻表示の書式です(C99 strftime互換形式の一部)。
start 整数 現在の時刻 開始時刻です(エポックからの秒単位)。

direction

カウントの向きを指定します。direction値が「none」の場合、時刻は開始値のままになります。

format

書式文字列です。strftimeが受け付けるC99(ISO/IEC 9899:1999(E))標準形式でサポートされている値の一部です。TimeTextコンポーネントではサポートされない書式があります。これは設計時の意図的な選択で、ロケール特有の書式をデバイスで処理する必要性を排除することが目的です。代わりとして、書式についてはロケールに適したクラウドベースのロジックを開発することをお勧めします。

サポートされている書式を以下に示します。例は左ぞろえ、向きが「none」、「start」値が1426325213(2015年3月14日土曜日午前9時26分53秒)、キャラクターディスプレイが1行の場合です。

"format"値 簡単な説明 表示
%C 0から始まる世紀(00~99) 20
%d 月間における日(01~31) 14
%D 「%m/%d/%y」に相当 03/14/15
%e 月間における日(1~31) 14
%F 「%Y-%m-%d」に相当 2015-03-14
%g 週単位表記の2桁の西暦年(暦週) 15
%H 時(00~23) 09
%I 時(01~12) 09
%j 年間における日(001~366) 073
%m 月(01~12) 03
%M 分(00~59) 26
%R 「%H:%M」に相当 09:26
%S 秒(00~60) 53
%T 「%H:%M:%S」に相当 09:26:53
%u 曜日(1~7) 6
%U 日曜始まりの週番号(00~53) 10
%V ISO 8601式の週番号(01~53) 11
%w 曜日(0~6) 6
%W 月曜始まりの週番号(00~53) 10
%y 2桁の西暦年 15
%Y 4桁の西暦年 2015

start

コンポーネントが初めて描画される際に表示される、開始エポック時刻値(秒単位)です。たとえば、5分からのカウントダウンを表示する場合は、startを300に設定します。