用語集


用語集

この用語集では、デバイスにビデオスキルを統合する際によく使用される用語を定義します。Alexa特有の用語については、Alexa Skills Kit用語集を参照してください。

A| D| E| F| I| L| M| N| P| Q| R| S| T| U| V|

A

Alexaアプリ(Alexa app)
Alexaユーザー向けのコンパニオンアプリ。デバイスのセットアップ、設定の変更に使用するほか、Alexaとの対話で得られた情報を視覚的に確認できます。
Alexa搭載デバイス(Alexa-enabled device)
Alexaサービスを利用できるデバイス。Amazon Echo、Amazon Echo Dot、Amazon Tap、Echo Showのほか、Alexa Voice Serviceを使用する他社製のデバイスもあります。
Alexaスキル(Alexa Skill)
Alexaの機能や能力。Alexaはビルトインのスキルセット(音楽の再生など)を搭載しています。開発者はこのAlexa Skills Kitを使用して、Alexaに新しいスキルを組み込むことができます。スキルには、開発者コンソールで提供されている(クラウドベースのサービスという形式の)コードと構成が含まれます。
Alexa対応音声認識リモコン
音声ボタンを備える、Fire TV用のリモコン。この音声認識リモコンにはマイクアレイが搭載されているため、たとえTVから離れていても、近くにいるかのように操作できます。
Alexaスキル(Alexa skill)
スキルを参照してください。
Alexa Skills Kit
Alexaに新機能を追加するためのAPI、ツール、ドキュメントのコレクション。Alexa Skills Kitによるスキルの作成を参照してください。
Alexa Voice Service(AVS)
Amazonのインテリジェントなクラウドサービス。開発者は、マイクとスピーカーを備えたコネクテッド製品を、限られたAlexa機能で音声対応化できます。
ARN
Amazonリソースネーム。ビデオスキルを作成する場合は、Lambda関数のARNを使用して構成します。
ASIN
ASIN(Amazon Standard Identification Number)は、商品を識別するための英数字10桁で構成される一意のブロックです。ASINは、Amazon.co.jpの商品の情報ページでご確認いただけます。
聞いて(Ask)
ユーザーが特定のカスタムスキルを呼び出すようAlexaに依頼する場合に呼びかける言葉の1つ。スキルの呼び出し名と組み合わせて使用します(例:「アレクサ、十二星座占いに私の星座の運勢を聞いて」)。 ユーザーがAlexaと対話を開始するために使用できるフレーズはいくつかあります。ユーザーによるカスタムスキルの呼び出しを参照してください。

D

デバイス制御クラウド(Device cloud)
クラウド対応デバイスを制御するバックエンドのクラウドサービス。スマートホームスキルでは、AlexaスマートホームスキルAPIからデバイス制御クラウドにコマンドを変換するLambda関数としてホストされるコードを作成します。
Alexa搭載デバイス(Device with Alexa)
Alexaサービスを利用できるデバイス。Amazon Echo、Amazon Echo Dot、Amazon Tapのほか、Alexa Voice Serviceを使用するサードパーティ製のデバイスもあります。
ディレクティブ(Directive)
「デバイスディレクティブ」を参照してください。
ディレクティブ言語(Directive language)
AlexaスマートホームスキルAPIとスマートホームスキル間の通信を可能にするJSONプロトコル。

E

明示的(explicit)
コンテンツプロバイダーやアプリ名を指定する音声コマンド。例:「Amazonプライムで『ボッシュ』見せて」

F

ファーフィールド(far field)
Fire TVとペアリングされたEchoデバイスを使用して音声コマンドを実行すること。
Fire TV Cube(日本未対応)
ハンズフリーのTV操作(遠隔制御)を最初に提供したFire TVデバイス。コンテンツへのアクセスや起動、制御、TVやAV機器の電源投入、入力の切り替え、音量調整、コンテンツの検索など、さまざまな操作をリモコンを使わず遠隔から音声で実行できます。詳細については、Fire TVのデバイス仕様を参照してください。
カタログ(Catalog)
Fire TVのメディアを示すインデックス。メディアカタログをAmazonに統合すると、ユーザーがコンテンツをAmazonデバイス(Fire TVホーム画面)から検索(音声またはテキスト検索)して再生できるようになります。詳細については、カタログ統合についてを参照してください。

I

暗黙的(implicit)
コンテンツプロバイダーやアプリ名を指定しない音声コマンド。例:「『ボッシュ』見せて」
インテント(intent)
任意のサービスによって実行されるデバイス上の操作を記述したメッセージ。Intent​(英語のみ)を参照してください。

L

Lambda設計図(Lambda blueprint)
新しいLambda関数のサンプルコードとサンプル構成を提供する、AWS Lambdaコンソールのオプション。Alexa Skills Kitに関連する設計図がいくつかあります。たとえば、alexa-smart-home-skill-adapterには、Node.jsのスマートホームスキル用のサンプルスキルが用意されています。alexa-skills-kit-color-expertalexa-skills-kit-color-expert-pythonには、Node.jsとPythonの両方の簡単なカスタムスキルのサンプルが用意されています。カスタムスキルをAWS Lambda関数としてホスティングするを参照してください。
Lambda関数(Lambda function)
「AWS Lambda関数」を参照してください。
ローカル検索(local search)
Fire TVでカタログに統合された特定のアプリ内のコンテンツを検索すること。

M

MediaSession
Androidで、アプリがメディアコマンドを受信できるようにする方法。AnroidのドキュメントのMediaSession(英語のみ)を参照してください。Fire TVのAlexaはMedia Session APIを利用してローカルのメディアアプリにコマンドを送信します。アプリがMedia Sessions APIを実装していれば、リモコン、キーボード、ヘッドセット、adbなどからのイベントもMedia Sessions API経由でアプリに送信されます。
マルチモーダル(Multimodal)
マルチモーダルとは、音声と画面ベースの両方のエクスペリエンスを備えたインターフェースを指します。ユーザーが選択した入力手段によって操作方法は変わりますが、音声と画面はスムーズに連携します。現在Amazonが提供しているマルチモーダルデバイスは、Echo Show(第1世代、第2世代、Echo Show 5)のみです。

N

ニアフィールド(near field)
Fire TV音声認識リモコンを使用して音声コマンドを実行すること。新しいFire TV Cube(日本未対応)の場合、Fire TV Cubeへのリクエストによってデバイス上のAlexaが初期化されます。そのため、マイクアレイを使用していてもニアフィールドエクスペリエンスと見なされます。

P

payload
リクエスト内のpayloadオブジェクト(JSONオブジェクト)。アクションを実行するための重要な情報を含みます。ビデオスキルAPIリファレンスのドキュメントでは、リクエストのpayloadオブジェクトの各プロパティが定義されています。「リクエスト」も参照してください。
P0
最優先事項。機能の実装時に、P0は最優先で実装すべきであることを意味します。P1、P2…の順に優先度が低くなります。
プッシュ通知(push notification)
Amazon Device Messagingから送信されるクラウドベースのメッセージ。アプリへのリアルタイム通知で構成されます。ビデオスキルAPIの場合は、プッシュ通知にはLambdaコードからアプリへのディレクティブが含まれます。

Q

クイック再生(quick play)
詳細ページを表示せずに、指定したタイトル、俳優、ジャンル、スポーツ、チーム、リーグのコンテンツを直接再生できます。
クイック再生 - 暗黙的(quick play -- implicit)
コンテンツプロバイダーやアプリ名を指定しないクイック再生フレーズ。
クイック再生 - 明示的(quick play -- explicit)
コンテンツプロバイダーやアプリ名を指定するクイック再生フレーズ。

R

リクエスト(request)
ほとんどの場合、AlexaからLambdaに送信されるディレクティブを指します。Lambdaコードは、Alexaから送信されたリクエストを処理する必要があります。「ディレクティブ」とは、リクエストの中で、検索やチャンネル変更など何らかのアクションを行うように命令している部分です。
レスポンス(response)
リクエストの受信確認のためにAlexaに返すメッセージ。「リクエスト」も参照してください。

S

サンプル発話(Sample utterance)
特定のインテントを想定される発話に結び付ける構造化したテキスト文字列。一連のサンプル発話を、カスタムスキルの対話モデルの一部として提供します。ユーザーがこれらの発話のいずれかを言うと、Alexaサービスによって、対応するインテントが含まれるサービスにリクエストが送信されます。
スキル(Skill)
Alexaによって安定的に実行されるアクションやタスクのセット。Alexaはビルトインのスキルセット(音楽の再生など)を搭載しています。開発者はこのAlexa Skills Kitを使用して、Alexaに新しいスキルを組み込むことができます。スキルには、開発者コンソールで提供されている(クラウドベースのサービスという形式の)コードと構成が含まれます。
スマートホームスキルAPI(smart home skill API)
照明やスイッチなどのスマートホームデバイスをAlexaから制御できるようにするスキルの作成用API。スマートホームスキルAPIは、「電気をつけて」などの発話をデバイスディレクティブに変換し、クラウド対応デバイスを制御できるLambda関数にそのディレクティブをルーティングします。
スマートホームスキル(Smart home skill)
照明やサーモスタットなどのスマートホームデバイスを制御するためのスキル。スマートホームスキルAPIを使用する場合、対象スキルが処理できるリクエスト(デバイスディレクティブなど)と、それらのリクエストを行うためにユーザーが呼びかける言葉をこのAPIで定義します。

完全なスマートホームスキルには、AWS Lambda関数としてホストされるコードと、AlexaサービスがリクエストをLambda関数にルーティングするために必要な情報が記されている構成が含まれます。スキルのコードは、クラウドを使用して(照明などの)デバイスを制御できなければなりません。

T

読み上げ機能(TTS)(Text-to-Speech(TTS))
テキスト文字列を合成音声(Alexa音声)に変換する機能。Alexaサービスでは、プレーンテキストをTTSに変換できます。
トランスポートコントロール(transport controls)
メディアを視聴する際の再生コントロール(再生、一時停止、停止、早戻し、早送りなど)。「メディアコントロール」とも呼ばれます。

U

ユニバーサル検索(universal search)
Fire TVでカタログに統合されているあらゆるアプリのコンテンツを検索できる機能。ユニバーサル検索は、音声またはテキストを使用して開始できます。デフォルトでは、音声検索はすべてユニバーサル検索になります。Fire TV UI内の検索ボタンを使用した検索(個々のアプリ内で提供される検索ではありません)もユニバーサル検索になります。
発話(utterance)
ユーザーが行いたいことをAlexaに伝える、またはAlexaからの質問に答えるために言うフレーズ。

V

Video Skills Kit
Fire TV対応アプリのビデオスキルの非正式名称。ビデオスキルAPIを参照してください。
ビデオスキルAPI
Alexa対応デバイスを使用してビデオデバイスやストリーミングサービスの遠隔制御を行うためのAPIセット。詳細については、Fire TV対応アプリ用ビデオスキルについてを参照してください。
Voice Chrome
Voice Chromeは、リスニング中、思考中など、Alexaの状態を視覚的に表します(こちらで画像を確認できます)。 これは、ユーザーがニアフィールドで音声リクエストを行った場合にFire TVに表示されます。
ボイスクリフ(voice cliff)
ユーザーがリモコンを使わざるを得なくなるような音声エクスペリエンス。

Alexaの用語の詳細については、Alexa Skills Kit用語集を参照してください。