開発者コンソール

手順12: アプリを 公開する


手順12: アプリを 公開する

アプリのテストが終了し、公開が承認されたら、アプリを公開することができます。以下のセクションに進んでください。

ビデオスキルを公開する

ビデオスキルを公開するには、次の手順を実行します。

  1. Alexaコンソールのビデオスキルに戻ります。
  2. ビデオスキルの横にある [編集] をクリックします。
  3. [公開] タブの情報(サンプルフレーズ、ロゴ画像、呼び出し名など)を更新する必要がある場合は、ここで行ってください。
  4. 上部の [認定] タブをクリックします。
  5. 左側の [申請] タブをクリックします。
  6. [公開の詳細設定] セクションで、[認定のみ] ラジオボタンを選択します。
  7. [はい、審査を申請します] をクリックします。
  8. スキルの認定を申請したことをAmazonの担当者に連絡します。

スキルが認定されると、Amazonの担当者から連絡があります。

Alexa Client Libraryの設定でステージを公開中に変更する

スキルが認定されたら、Alexa Client Libraryのスキルステージプロパティを変更する必要があります。これにより、Fire TVは開発版ではなく、現在公開中のビデオスキルを使用するようになります。

Alexa Client Libraryを統合した際、次のコードでステージをSKILL_STAGE_DEVELOPMENTに設定しています。

// initialize()を呼び出してAlexa Client Libraryを初期化します。
 clientManager.initialize(getApplicationContext(),
         alexaSkillId,
         AlexaClientManager.SKILL_STAGE_DEVELOPMENT,
         capabilities);

これを、次のようにしてSKILL_STAGE_LIVEに変更します。

// initialize()を呼び出してAlexa Client Libraryを初期化します。
 clientManager.initialize(getApplicationContext(),
         alexaSkillId,
         AlexaClientManager.SKILL_STAGE_LIVE,
         capabilities);

サンプルアプリ

サンプルアプリでは、このスキルステージのコードは、TenFootApp.javaにあります。

アプリを公開する

これで、開発者コンソールでアプリを公開する準備が整いました。次のいずれかを参照してください。

Amazonはアプリをテストし、ビデオスキルがアプリで設計されたとおりに機能することを確認します。評価が完了し、問題ないことが確認されると、アプリが公開されます。

次にやるべきこと

アプリを公開したら、アプリで使用できる音声コマンドをユーザーに知ってもらう方法を追加することを検討してください。VSK統合を実装している人気アプリではどのようにしてユーザーに使用方法を伝えているかを調べると、参考になるでしょう。