開発者コンソール

サポート対象国


サポート対象国

Fire TV対応アプリ用ビデオスキルがサポート対象となっている国の一覧を以下に示します。

ロケール ビデオスキルのサポート可否
米国 en-US
英国 en-GB
インド en-IN
ドイツ de-DE
フランス fr-FR
イタリア it-IT
スペイン es-ES
メキシコ es-MX
オーストラリア en-AU
ニュージーランド en-NZ
日本 ja-JP
カナダ en-CA
カナダ fr-CA
ブラジル pt-BR
インド hi-IN
米国 es-US
アイルランド en-IE
オーストリア de-AT

AWSリージョンとビデオスキル

Lambda関数のAWSリージョンは、次の表に示す要件と一致している必要があります。

ロケール ユーザーのリージョン AWSリージョン
en-US、en-CA、fr-CA、pt-BR、es-MX 北米 米国東部(バージニア北部)
en-GB、fr-FR、de-DE、it-IT、es-ES、en-IN、hi-IN 欧州 欧州(アイルランド)
ja-JP、en-AU 極東(FE) 米国西部(オレゴン)

(ロケールの省略形では、小文字は言語を示し、大文字は地域を示します。たとえば、「fr-CA」はカナダのフランス語圏を意味し、「en-CA」はカナダの英語圏を意味します)

よくある質問(FAQ)

ビデオスキルがほかの国やロケールでサポートされるとはどういう意味ですか?
ビデオスキルが国またはロケールでサポートされている場合は、これらの国またはロケールで利用できるFire TV対応アプリ用ビデオスキルを作成できます。これらの国やロケールでユーザーが発するフレーズは、Alexaによって解釈され、Lambdaに渡されるディレクティブとして処理されます。たとえば、スペイン語圏の国やロケールでビデオスキルがサポートされている場合、Fire TV対応アプリ用ビデオスキルをそれらの国やロケール向けに開発できます。Alexaはスペイン語を理解して解析し、Lambda関数に送信されるディレクティブに変換できます。
サポートされていない国やロケールでAlexaのビデオコマンドを使用できるのはなぜですか?
Amazonプライム・ビデオのタイトルの音声操作は、サードパーティのビデオスキルがサポートされていない国やロケールでもサポートされています。たとえば、「アレクサ、『ボッシュ』(Amazonプライム・ビデオのタイトル)を再生して」と話しかければ、Fire TVでそのタイトルを取得できますが、「アレクサ、『ハウス・オブ・カード』(Amazonプライム・ビデオにないタイトル)を再生して」と言った場合は、タイトルを取得できない可能性があります。また、サポートされていない国のサードパーティ製アプリの中には、ベータ版プログラムの一部としてビデオスキルを備えているものもあります。
ロケールとは何ですか?
ロケールは、国に関係なく、特定の地域で使用される言語を指します。たとえば、カナダにはen-CA(英語)とfr-CA(フランス語)の両方のロケールがあります。
上記のすべての国とロケールでビデオスキルがサポートされるのはいつですか?
サポートのタイムラインは、そのリージョンでのリリース前には提供されません。
自分の国やロケールにはどのAWSリージョンを使用すべきですか?
AWSでIAMロールとLambda関数の作成を開始するときは、対象国またはロケールのビデオスキルに必要なAWSリージョンを選択する必要があります。リージョンはドキュメント内で指定されています(手順6: Lambdaパッケージを作成・デプロイするを参照)。
パブリックベータ版とは何ですか?
パブリックベータ版が利用可能なロケールの場合、機能は正常に動作し、プログラム・チャンネル・俳優・映画などのコンテンツが拡充される予定です。パブリックベータ版の間は、フィードバックなどに基づいて機能が変更・改善・修正・廃止される可能性があります。