開発者コンソール

Alexa.SeekControllerインターフェース


Alexa.SeekControllerインターフェース

「アレクサ、5分早送りして」や「アレクサ、60秒早送りして」など、特定の時間だけ早送りや巻き戻しをするようにユーザーが発話すると、Alexa.SeekControllerインターフェースはAdjustSeekPositionディレクティブをLambdaに送信します。

SeekControllerインターフェースから送信されるディレクティブ(AdjustSeekPositionディレクティブなど)には、特定のオフセット時間の情報が含まれているため、PlaybackControllerインターフェースによる早送りや巻き戻しの操作とは異なることに注意してください。

AdjustSeekPositionディレクティブの発話

ユーザーが以下の発話を行うと、AlexaはLambdaにAdjustSeekPositionディレクティブを送信します。

機能 サンプル発話 想定されるレスポンス バージョン
早送り(時間指定)

Fast forward thirty seconds

spul/spring <Duration> lang? vor/vorwärts

spring <Duration> vorwärts auf <AppName>

spul <DeviceBrand> vor

spring <Duration> auf <DeviceBrand> vor

überspring <Duration> auf <DeviceType>

Avance de trente secondes

Saute trente secondes

Avance de trente secondes

Saute trente secondes

manda avanti l' episodio di trenta secondi

vai avanti di trenta secondi

manda avanti di trenta secondi

adelanta treinta segundos

salta diez minutos en la película

<Duration> के लिए आगे/forward जाओ <Episode> में fast forward Duration कर दें

<Duration> के लिये <Episode> forward कर दें<MediaType> में <Duration> आगे जाओ<AppName> पर <Duration> आगे जाओ

リクエストされた時間だけメディアが早送りされます。

1.0

巻き戻し(時間指定)

Rewind forty seconds

spul zurück

spring zurück

spul/spring für? <Duration> lang? zurück

spring nach hinten für <Duration>

spul <AppName> zurück

spul <AppName> <Duration> zurück

spul <Duration> auf <AppName> zurück

spring rückwärts auf <AppName> für <Duration>

spul auf? <DeviceBrand> zurück

spul <DeviceBrand> <Duration> zurück

Rembobine de trente secondes

Retour en arrière de trente secondes

rebobina treinta segundos

retrocede diez segundos

manda indietro di trenta secondi

manda indietro il video di trenta secondi

rebobina treinta segundos

retrocede diez segundos

rebobinar/voltar <durastion>

1. पीछे जाना दस seconds

2. rewind करो forty seconds

リクエストされた時間だけメディアが巻き戻されます。

1.0

ほかのディレクティブの場合と同様に、Discoverディレクティブを受信したら、ビデオスキルでサポートしているSeekControllerディレクティブを指定する必要があります。

AdjustSeekPositionディレクティブの処理

AdjustSeekPositionディレクティブでは、deltaPositionMilondsというプロパティがpayloadに含まれます。deltaPositionMilondsには、正の値(ストリーム内を前方にシーク)または負の値(ストリーム内を後方にシーク)を指定できます。

たとえば、「5分スキップして」と発話した場合、deltaPositionMillisecondsの値は300000になり、「10分巻き戻して」と発話した場合、deltaPositionMillisecondsの値は-600000になります。

つまり、負の値は巻き戻し、正の値は早送りを示します。指定されたオフセット分だけ先に進んで、ユーザーのリクエストを必ず満たしてください。

AdjustSeekPositionディレクティブの例

AdjustSeekPositionディレクティブの例を以下に示します。

{
    "directive": {
        "endpoint": {
            "cookie": {},
            "endpointId": "VSKTV",
            "scope": {
                "token": "<OAuth2ベアラートークン>",
                "type": "BearerToken"
            }
        },
        "header": {
            "correlationToken": "dFMb0z+PgpgdDmluhJ1LddFvSqZ/jCc8ptlAKulUj90jSqg==",
            "messageId": "4bef62cc-208d-4382-a43e-ce9e4825c1cb",
            "name": "AdjustSeekPosition",
            "namespace": "Alexa.SeekController",
            "payloadVersion": "3"
        },
        "payload": {
            "deltaPositionMilliseconds": 300000
        }
    }
}

ペイロードの説明

payloadのプロパティを次の表に示します。

ペイロードの説明
フィールド 説明 データ型
deltaPositionMilliseconds
(必須)
メディアプレーヤーでの再生時にシークする相対的時間(ミリ秒単位)です。現在のシーク位置から前方または後方にシークするために、正または負の整数値を使用できます。指定できる値は、-86400000から86400000までの整数値(-24~+24時間)です。シーク先の位置がメディアアイテムの視聴時間外になる場合は、deltaPositionMillisecondsが負の値であるか正の値であるかに応じて、それぞれ視聴時間の先頭または末尾に設定されます。

例: 86400000

整数

レスポンスの例

AdjustSeekPositionディレクティブを受け取ってリクエストを実行したら、位置の状態をミリ秒単位で示すレスポンスをAlexaに送り返します。次の例に示すように、payloadにはnameおよびvalueプロパティが含まれています。positionMillisecondsは、シーク先の絶対位置を-86400000から86400000までのミリ秒数で表します。

レスポンスの例

{
    "context": {
        "properties": []
    },
    "event": {
        "header": {
            "correlationToken": "dFMb0z+PgpgdDmluhJ1LddFvSqZ/jCc8ptlAKulUj90jSqg==",
            "messageId": "eab7fe6e-f65d-4dbb-aeea-5bae61439f4d",
            "name": "Response",
            "namespace": "Alexa",
            "payloadVersion": "3"
        },
        "payload": {
            "properties": [
                {
                    "name": "positionMilliseconds",
                    "value": 300000
                }
            ]
        }
    }
}

インターフェース機能に対するサポートの宣言

ビデオスキルがAlexa.SeekControllerインターフェースをサポートしていることを示すには、Alexa.Discoveryインターフェースを介して送信されたDiscoverディレクティブへのレスポンスで、そのサポートを明示する必要があります。詳細については、Discoveryインターフェースを参照してください。

エラーレスポンス

何らかの理由でユーザーのリクエストを完了できない場合は、エラーレスポンスを返す必要があります。詳細については、エラー処理を参照してください。