開発者コンソール

手順1: ビデオスキルを作成してデバイスをセットアップする


手順1: ビデオスキルを作成してデバイスをセットアップする

これは、Fire TV対応アプリ用VSKの実装プロセスの最初の手順です。この手順では、Alexa開発者コンソールで最初のビデオスキルを作成し、Fire TVデバイスやEchoデバイスをセットアップします。

Amazon開発者アカウントを作成する

既にAmazon開発者アカウントを作成済みの場合は、次のセクションに進みます。Amazon開発者アカウントを作成していない場合は、https://developer.amazon.com/ja/で、画面右上の [ログイン] をクリックしてから [Amazon Developerアカウントを作成] をクリックし、アカウントを作成します。詳細については、開発者アカウントの作成方法を参照してください。

ビデオスキルを作成する

まずビデオスキルの作成を開始して、スキルのアプリIDを取得します。このアプリIDは、Lambda関数を構成するために使用します。

ビデオスキルを作成するには、次の手順を実行します。

  1. https://developer.amazon.com/ja/にアクセスします。
  2. 画面右上にある [開発者コンソール] をクリックします。ログインしていない場合は、ログイン画面が表示されます。
  3. メインナビゲーションで [Alexa] をクリックし、[Alexa Skills Kit] を選択します。
  4. [スキルの作成] をクリックします。
  5. [スキル名] フィールドに、スキルの名前(通常はStreamzなどのアプリ名)を入力します。

  6. [スキルに追加するモデルを選択] で、[ビデオ] を選択します。

    Alexa開発者コンソールでのビデオスキル作成
    Alexa開発者コンソールでのビデオスキル作成
  7. 画面右上にある [スキルを作成] をクリックします。

  8. [スキルID] の横にある [クリップボードにコピー] をクリックします。

    ビデオスキルIDをコピーする
    ビデオスキルID
  9. この情報をシンプルなテキストファイルでコンピューター上に保存してください。このチュートリアルを進めるにあたって得られるほかの情報もここに保存します。

Alexaコンソールはここでいったん閉じて構いません。後の手順でこのページに戻ります。

Fire TVデバイスをアカウントに追加する

ビデオスキルをテストするには、開発者アカウントに関連付けられているFire TV StickなどのFire TVデバイスが必要です(Fire TV Cubeは使用しないでください)。 Fire TVをセットアップして、開発者アカウントに登録します([設定] > [マイアカウント] の順に選択すると、現在登録されているユーザーを確認できます)。

Fire TVが既に別のアカウントに登録済みの場合は、登録を解除し、開発者アカウントで再登録してください。

Fire TVの登録を解除するには、Fire TVデバイスで [設定] > [マイアカウント] の順に選択して、[登録を解除] を選択します (Amazon.co.jp[アカウント&リスト] > [コンテンツと端末の管理] の順に選択し、[端末] タブをクリックして、デバイスの登録を解除することもできます)。

Echoデバイスをアカウントに追加する

Fire TVとの音声機能の統合をテストするには、Echo DotなどのEchoデバイスが開発者アカウントに登録されている必要があります。

ビデオスキルの作成に使用した開発者アカウントを使用して、Echoデバイスをセットアップして登録します。デバイスに現在登録されているユーザーを確認するには、Alexaアプリを開き、[デバイス] Alexaアプリの [デバイス] ボタン をタップします。

Alexaスマートフォンアプリに登録しているデバイスのリスト
Alexaスマートフォンアプリに登録しているデバイスのリスト

目的のデバイスをタップします。[登録先:] フィールドに、登録済みのAmazon開発者アカウントが表示されます。

Echo Dotのセットアップについては、Echo Dotをセットアップするを参照してください。Echoデバイスをセットアップするには、スマートフォンにAmazon Alexaアプリをインストールしておく必要があります。AlexaスマートフォンアプリとEcho Dotの両方が同じWi-Fiネットワーク上にあることを確認してください。

Fire TVの場合と同様に、Echoデバイスが別のAmazonアカウントで登録されていた場合は、登録を解除し、開発者アカウントで再登録してください。Echoデバイスの登録を解除するには、アプリで [デバイス] Alexaアプリの [デバイス] ボタンをタップし、ご使用のデバイスをタップしてから、[登録解除] をタップします(Amazon.co.jp[アカウント&リスト] > [コンテンツと端末の管理] の順に選択し、[端末] タブをクリックして、デバイスの登録を解除することもできます)。

Echoデバイスがない場合は、EchoSimというオンラインのEchoシミュレーターを使用できます。ただし、EchoSimは応答を返さないため、音声操作を評価するのが難しくなることに注意してください。EchoSimを使用するには、ビデオスキルの作成に使用した開発者アカウントでAlexa Skillテストツールにログインします。このツールにログインすると、アカウントに関連付けられているAmazonデバイスのリストに仮想Echoデバイス(「echosim_BETA」)が追加されます。

次に、Echoで受信した発話を使用してFire TVを制御できるように、Fire TVとEchoデバイスをリンクする必要があります。Amazon Alexaアプリを使用して、Fire TVにEchoをリンクします。EchoをFire TVにリンクするには、次の手順を実行します。

  1. まず、Fire TVとの既存のペアリングを解除します。Amazon Alexaアプリで、[メニュー] ボタン(左上隅)Alexaアプリのメニューボタン > [設定] > [TV・ビデオ] の順にタップします。リストを下にスクロールし、下部に「有効」と表示されているスキルを探します。「有効」と表示されているスキルがあればクリックし、[スキルを無効にする] をクリックしして、TV・ビデオのスキルをすべて無効にします。

    ビデオスキルを無効にする
    ビデオスキルを無効にする
  2. この画面([設定] > [TV・ビデオ])で、[Fire TV] をクリックします。次に、[Alexaデバイスをリンク] をクリックします。

  3. Alexaデバイスで制御するFire TVを選択して、[続行] をクリックします。

  4. アカウントに関連付けられているAlexa搭載デバイス(Echo Dotなど)が表示されます。デバイスを選択し、[デバイスを接続] をクリックします。

    Echoデバイスでビデオスキルを有効にする
    Echoデバイスでビデオスキルを有効にする

    これでAlexaスマートフォンアプリでの設定は完了です。ホームボタンをクリックするか、アプリを閉じます。

  5. 次に、Echoに向かって「アレクサ、『ボッシュ』を探して」と言います(Fire TVリモコンのマイクは使用しないでください)。Fire TVが「Fire TVから『ボッシュ』を取得しています」と応答し、『ボッシュ』の詳細ページが表示されます。

    Fire TVの代わりに、Alexaが「ビデオスキルが有効になっていません。Alexaアプリで、ビデオスキル・デバイスを探して有効にしてください。」と応答した場合は、デバイスを登録解除してから再登録します。EchoとFire TVの両方で同じ開発者アカウントを使用していること、およびどちらのデバイスも同じWi-Fiネットワーク上にあることを確認してください。

次のステップ

デバイスを適切にセットアップできたら、手順2: Fire TV対応サンプルアプリをセットアップするに進みます。

問題が発生して続行できない場合は、トラブルシューティングを参照してください。