開発者コンソール

Alexa.RecordControllerインターフェース


Alexa.RecordControllerインターフェース

Alexa.RecordControllerインターフェースは、コンテンツの録画、および現在の録画操作の終了を実行するためのディレクティブを提供します。すぐに録画を開始できるデバイスには、このインターフェースを実装します。コンテンツの録画予約が可能なデバイスについては、Alexa.VideoRecorderインターフェースを参照してください。

RecordControllerインターフェースでサポートされているロケールについては、Alexaインターフェースとサポートしている言語の一覧を参照してください。

ディレクティブ

StartRecording

現在再生中のコンテンツの録画を開始するリクエストです。

ユーザー: アレクサ、録画して

例: StartRecording

{
    "header": {
        "payloadVersion": "3",
        "messageId": "abc-123-def-456",
        "namespace": "Alexa.RecordController",
        "name": "StartRecording",
        "correlationToken": "4d64dccb-bebc-4990-990a-abb922fd285d"
    },
       "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "access-token-from-skill"
      },
      "endpointId": "video-endpoint-001",
      "cookie": {}
     },
    "payload": {
    }
}

StopRecording

現在の録画操作を停止するリクエストです。

ユーザー: アレクサ、録画を停止して

例: StopRecording

{
  "directive": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.RecordController",
      "name": "StopRecording",
      "messageId": "abc-123-def-456",
      "correlationToken": "4d64dccb-bebc-4990-990a-abb922fd285d",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "access-token-from-skill"
      },
      "endpointId": "video-endpoint-001",
      "cookie": {}
     },
    "payload": {
    }
  }
}

プロパティとイベント

この機能では次の応答方式が必要です。

  • 同期応答:Lambda関数からAlexaにレスポンスを送信します。

レスポンスを送信する場合は、メッセージのコンテキストにインターフェースのプロパティの状態を含める必要があります。

レポート可能なプロパティ

プロパティ名 説明
RecordingState RecordingState エンドポイントが録画中かどうかを示します。RECORDING、NOT_RECORDINGのいずれかです。

Response

録画の開始または停止のリクエストが正常に完了した場合は、Alexa.Responseで応答し、メッセージのコンテキストにRecordingStateの状態を含める必要があります。

レスポンスの例

{
  "context": {
    "properties": [{
      "name": "RecordingState",
      "namespace": "Alexa.RecordController",
      "timeOfSample": "2017-05-06T16:20:50.52Z",
      "uncertaintyInMilliseconds": 0,
      "value": "RECORDING"
    }]
  },
  "event": {
    "header": {
      "correlationToken": "4d64dccb-bebc-4990-990a-abb922fd285d",
      "messageId": "abc-123-def-456",
      "name": "Response",
      "namespace": "Alexa",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "payload": {}
  }
}

ペイロードの詳細

フィールド 説明 必須
なし ペイロードに必須またはオプションのフィールドはありません。

ErrorResponse

何らかの理由でユーザーのリクエストを完了できない場合は、エラーレスポンスを返す必要があります。詳細については、エラー処理を参照してください。