The Web App Starter Kit for Fire TV

Amazon Fire TV向けウェブアプリスターターキット (Amazon Fire TV)

Amazon Fire TV向けウェブアプリスターターキット (Github (github.com/amzn/web-app-starter-kit-for-fire-tv) からダウンロード可能) には、Fire TVウェブアプリテンプレートと関連するテキストファイルが含まれています。Fire TVウェブアプリテンプレートは、Fire TV用ウェブアプリ開発のベストプラクティスを示すものであり、これをベースに独自のウェブアプリを開発できます。

ビデオチュートリアル

以下のオンラインセミナーの録画では、YouTubeのフィードからのWASKアプリの作成に関するビデオチュートリアルをご覧いただけます。

WASKの使用

テンプレートのコードの部分を独自のコードに置き換え、アプリに必要な微調整を加えて、独自のデータソースを使用するだけで、アプリを簡単に作成できます。

これは、さまざまなカテゴリーの映画を表示するアプリのテンプレートです。カテゴリーは、左側のナビゲーションペインに縦方向に表示されます。各カテゴリーの映画は、カテゴリーの右側に横一列で表示されます。

ユーザーは、左側のナビゲーションペインを上下に移動したり、いずれかの行に移動したり、行の中を移動することができます。行に含まれるいずれかの映画を選択して、その映画の詳細を表示することもできます。

テンプレートに含まれる項目は映画ですが、ほとんどの種類の項目に同じフォーマットと手法を使用できます。

テンプレートにはAmazon Fire TVウェブアプリに適したデザインが採用されており、最適化されたユーザーエクスペリエンスを実現し、Amazon Fire TVリモコンからの入力の処理にも対応します。Fire TVのデザインガイドラインの詳細については、デザインとユーザーエクスペリエンスのガイドラインを参照してください。

コントローラー入力の処理の詳細については、ウェブアプリを準備するを参照してください。

テンプレートのダウンロード

Amazon Fire TVウェブアプリテンプレートは、GitHub (github.com/amzn/web-app-starter-kit-for-fire-tv) からダウンロードできます。

テンプレートのインストールおよび実行の詳細については、付属するReadmeを参照してください。テンプレートの構造および表示の詳細については、付属するファイル「Architecture」および「Styling」を参照してください。 

Brightcove Video Cloudのユーザー

Brightcove Video Cloudのユーザーは、Brightcoveウェブアプリキットソリューションを使用できるようになりました。これを使用して、Brightcove Video Cloudからのコンテンツの取得とAmazon Fire TVアプリテンプレートへの取り込みを簡単に行うことができます。

Brightcove Fire TVウェブアプリキットは、ここ (Github) からダウンロードできます。テンプレートのインストールおよびカスタマイズの詳細については、Githubにある補足ドキュメントを参照してください。