ライブアプリテストサービスについて


ライブアプリテストサービスについて

Amazonのライブアプリテスト(LAT)サービスを使用すると、Amazonアプリストアへの公開を検討しているアプリをライブに移行する前に、事前に定義したテスターにすぐに配布できます。テスターはAmazonサービスの完全なスイートをAmazonの本番環境で試し、アプリが想定どおりに動作することを確認できます。テストできる機能の例として、次のAPIやサービスが挙げられます。

  • アプリ内課金(IAP)
  • Facebookの統合と接続
  • Amazon Device Messaging
  • Amazon Maps

LATを使用することで、開発者はアプリを一般ユーザーがダウンロードできるように公開する前にフィードバックを収集し、品質や安定性の向上、エクスペリエンスの最適化を図ることができます。テスト結果には、アプリがAmazonアプリストアでライブになった場合にユーザーに表示される内容と同じものが表示されます。

ライブアプリテストを使用したAmazon申請前のテストワークフロー

次の手順に従ってLATにアプリを申請します。

LATのワークフロー
LATのワークフロー
  1. 次のようにテストを行うためにAmazonにアプリを申請します。

    アプリはLATとアプリテストサービスに同時に申請できます。

  2. LATを介してテスターのグループにアプリをテストしてもらいます。
    1. テスターを追加します。
    2. テスターがAPKをダウンロードしてテストします。
  3. テスト結果を評価します。
    • テスターのフィードバックを評価します。
    • アプリテストサービスの結果を評価します。
  4. テスト結果とフィードバックに基づいて、アプリに変更を加えます。必要に応じて、再申請してテストを再度行います。

  5. テスト結果に満足したら、アプリをAmazonアプリストアでライブにプロモートして公開します。