開発者コンソール

DRMの概要


DRMの概要

DRM(デジタル著作権管理、より一般的には、ライセンス検証)は、アプリの不正なコピーや配布に関する開発者の懸念に対処することを目的としています。アプリにDRMを実装する場合、アプリを購入したユーザーのみがDRMを認証済みデバイスにインストールできるようにします。

DRMとライセンス検証について

DRM API(Appstore SDKに付属)を使用して、アプリにライセンス検証を適用できます。Amazon DRMが組み込まれているアプリの場合、ユーザーがアクセスするには、Amazonアプリストアクライアントをインストールしログインしておく必要があります。

たとえば、AmazonアプリストアでFireタブレット対応アプリを$2.99で販売しているとします。ユーザーがそのアプリを購入してFireタブレットにインストールすると、ユーザーがFireタブレットデバイスでアプリを実行することがDRMによって許可されます。一方、ハッカーがアプリを入手し、アプリを購入していない別のユーザー(必要なコンテンツライセンスを持っていないユーザー)と共有しようとすると、許可されていないデバイス上でのアプリの実行がDRMによって防止されます。

DRMを使用できるアプリの種類

DRMを実装するかしないか、またどのように実装するかは自由に選択できます。DRMの重要性は、アプリの種類によって異なります。

  • 有料アプリ: 有料アプリの場合、DRMを組み込むことで、非購入者による不正なアクセスを防止できます。有料アプリとは、ユーザーがダウンロードするために料金を支払う必要があるアプリを指します。
  • アプリ内課金がある無料アプリ: アプリ内課金を組み込んだ無料アプリで、IAPアイテムのみを保護したい場合、IAP APIでIAPコンテンツが既に保護されているため、DRMを組み込む必要はありません。ユーザーがアプリ内で購入できる有料視聴番組(アプリ内課金)を提供する無料のスポーツアプリを例にとると、アプリにIAPアイテムがある場合は、Amazonの既存のIAP機能以外のライセンスやその他の認証を確認する必要はありません。
  • アプリ内課金アイテムがない無料アプリ: 無料アプリで、なおかつアプリ内課金アイテムがない場合、Appstore SDKを実装する必要はありません。無料アプリでは、アプリがそもそも無料であり、ダウンロードに制限がないため、ユーザーが合法的にアプリを「購入」したかどうかを確認する理由はありません。ただし、アクセスを権限のあるユーザーのみに制限する場合は、DRMを実装できます。

DRMに関するよくある質問(FAQ)

Amazon.comでアプリを販売する場合、Appstore SDKを使用する必要がありますか?
いいえ、必須ではありません。アプリを申請するときに、アプリをDRMなしで提供するか、独自のDRMを管理するか、Amazon DRMを適用するかを選択できます。
Amazon DRM対応アプリを使用するには、ユーザーがインターネットにアクセスする必要がありますか?
いいえ、アプリをインストールした後、ユーザーはインターネットにアクセスせずにアプリを使用できます。ただし、定期的にインターネットに接続する必要があります。
インターネットにアクセスしていないユーザーにアプリの使用権限があることを検証するには、どうすればよいですか?
アプリのインストールプロセス中に、Amazonアプリストアクライアントはユーザーにアプリへのアクセス権を付与するトークンをダウンロードします。トークンが有効な場合、アプリを購入したユーザーはオフラインでアプリにアクセスできます。Amazonアプリストアクライアントは、定期的にAmazonサーバーと通信してトークンを更新します。
Appstore SDKを使用せずにアプリにDRMを適用したいと考えています。ラッパーを選択することはできますか?
特定の期日までは、Amazonが提供するDRM以外は選択できません。それ以降、Amazon管理のDRMを必要とするAndroidアプリには、Appstore SDKを統合する必要があります。
Fire App Builderを使用してアプリを作成しました。Appstore SDKとDRMロジックを組み込む必要がありますか?
はい、Fire App Builderで作成したアプリでDRMが必要な場合(有料アプリであるため)、Appstore SDKとDRMロジックを追加する必要があります。Fire App Builderは、初期状態ではこのロジックが反映されていません。