レシート検証サービス(RVS)の例


レシート検証サービス(RVS)の例

ここでは、RVS Sandbox環境とAmazon RVS本番サーバーでのRVSの例を、それぞれに対するレスポンスと共に紹介します。これらの例では実際に機能するURLを使用しているため、ブラウザにリクエストを貼り付けると、例と同じレスポンスを受け取ることができます。

例: RVS Sandboxリクエスト

次のリクエストは、RVS Sandboxでレシートを検証します。

http://localhost:8080/RVSSandbox/version/1.0/verifyReceiptId/developer/developerSecret/user/99FD_DL23EMhrOGDnur9-ulvqomrSg6qyLPSD3CFE=/receiptId/q1YqVrJSSs7P1UvMTazKz9PLTCwoTswtyEktM9JLrShIzCvOzM-LL04tiTdW0lFKASo2NDEwMjCwMDM2MTC0AIqVAsUsLd1c4l18jIxdfTOK_N1d8kqLLHVLc8oK83OLgtPNCit9AoJdjJ3dXG2BGkqUrAxrAQ

この呼び出しに対するJSONレスポンスの例は次のとおりです。

{
    "betaProduct":false,
    "cancelDate":null,
    "parentProductId":null,
    "productId":"com.amazon.iapsamplev2.expansion_set_3",
    "productType":"ENTITLED",
    "purchaseDate":1402008634018,
    "quantity":1,
    "receiptId":"q1YqVrJSSs7P1UvMTazKz9PLTCwoTswtyEktM9JLrShIzCvOzM-LL04tiTdW0lFKASo2NDEwMjCwMDM2MTC0AIqVAsUsLd1c4l18jIxdfTOK_N1d8kqLLHVLc8oK83OLgtPNCit9AoJdjJ3dXG2BGkqUrAxrAQ",
    "renewalDate":null,
    "term":null,
    "termSku":null,
    "testTransaction":true
}

例: RVS本番サーバーを介した消費型アイテムの購入

次のリクエストは、本番サーバーで消費型アイテムの購入レシートを検証します。

https://appstore-sdk.amazon.com/version/1.0/verifyReceiptId/developer/2:smXBjZkWCxDMSBvQ8HBGsUS1PK3jvVc8tuTjLNfPHfYAga6WaDzXJPoWpfemXaHg:iEzHzPjJ-XwRdZ4b4e7Hxw==/user/LRyD0FfW_3zeOlfJyxpVll-Z1rKn6dSf9xD3mUMSFg0=/receiptId/wE1EG1gsEZI9q9UnI5YoZ2OxeoVKPdR5bvPMqyKQq5Y=:1:11

この呼び出しに対するJSONレスポンスの例は次のとおりです。

{
 "betaProduct":false,
 "cancelDate":null,
 "parentProductId":null,
 "productId":"com.amazon.iapsamplev2.gold_medal",
 "productType":"CONSUMABLE",
 "purchaseDate":1399070221749,
 "quantity":1,
 "receiptId":"wE1EG1gsEZI9q9UnI5YoZ2OxeoVKPdR5bvPMqyKQq5Y=:1:11",
 "renewalDate":null,
 "term":null,
 "termSku":null,
 "testTransaction":true
}

purchaseDatecancelDateは、ミリ秒単位の時間として表されます。これらの値を日付オブジェクトに変換するには、java.util.Date(timeInMillis)を呼び出します。cancelDatenullの場合は、購入がキャンセルされていないことを示します。購入がキャンセルされた場合、対応するレシートのcancelDateは、Amazonカスタマーサポートが購入をキャンセルした日になります。

例: RVS本番サーバーを介した定期購入型アイテムの購入

次のリクエストは、本番サーバーで定期購入型アイテムの購入レシートを検証します。

https://appstore-sdk.amazon.com/version/1.0/verifyReceiptId/developer/2:SPOkNr03vVx0_u04edvPTf5t6VC-HHS4535VkVviYJp7fCvSepKM5Ys-_ODYdtw8:Y-tOqaWFAXCHluaxssj9VQ==/user/7m7UQpSnce0DcAOgcCZFVW5-sNc2rVYE6aQCGc6URNU=/receiptId/JyGJ5iEtYgFu1ngnQovTqSIHQxR53GsMLqkR1tKLp5c=:3:11
{
    "betaProduct":true,
    "cancelDate":1400784371000,
    "parentProductId":null,
    "productId":"sub1",
    "productType":"SUBSCRIPTION",
    "purchaseDate":1400784241000,
    "quantity":null,
    "receiptId":"JyGJ5iEtYgFu1ngnQovTqSIHQxR53GsMLqkR1tKLp5c=:3:11",
    "renewalDate":null,
    "term":"1 Week",
    "termSku":"sub1-weekly",
    "testTransaction":true
}

purchaseDatecancelDateは、ミリ秒単位の時間として表されます。これらの値を日付オブジェクトに変換するには、java.util.Date(timeInMillis)を呼び出します。cancelDatenullの場合は、このレシートに対応する定期購入がまだ有効であることを示します。定期購入の期限が切れた場合、対応するレシートのcancelDateは、定期購入の期限が切れた日またはAmazonカスタマーサービスが購入をキャンセルした日になります。

例: RVS本番サーバーを介した非消費型アイテムの購入

次のリクエストは、本番サーバーで定期購入型アイテムの購入レシートを検証します。

https://appstore-sdk.amazon.com/version/1.0/verifyReceiptId/developer/2:smXBjZkWCxDMSBvQ8HBGsUS1PK3jvVc8tuTjLNfPHfYAga6WaDzXJPoWpfemXaHg:iEzHzPjJ-XwRdZ4b4e7Hxw==/user/LRyD0FfW_3zeOlfJyxpVll-Z1rKn6dSf9xD3mUMSFg0=/receiptId/mINy5VRd1FqjVOz-WBtTqw9FBGWhnuVx07kzTBMR600=:2:11

この呼び出しに対するJSONレスポンスの例は次のとおりです。

{
    "betaProduct":false,
    "cancelDate":null,
    "parentProductId":null,
    "productId":"com.amazon.iapsamplev2.gold_medal",
    "productType":"ENTITLED",
    "purchaseDate":1399070221749,
    "quantity":1,
    "receiptId":"mINy5VRd1FqjVOz-WBtTqw9FBGWhnuVx07kzTBMR600=:2:11",
    "renewalDate":null,
    "term":null,
    "termSku":null,
    "testTransaction":true
}

purchaseDatecancelDateは、ミリ秒単位の時間として表されます。これらの値を日付オブジェクトに変換するには、java.util.Date(timeInMillis)を呼び出します。cancelDatenullの場合は、購入がキャンセルされていないことを示します。購入がキャンセルされた場合、対応するレシートのcancelDateは、Amazonカスタマーサポートが購入をキャンセルした日になります。