手順7: ウェブアプリのファイルをアップロードする


手順7: ウェブアプリのファイルをアップロードする

このドキュメントは [アプリファイル] タブに関連しています。

[アプリファイル] タブ
[アプリファイル] タブ

[アプリファイル] タブでは、アプリファイルのアップロード、権限の設定、アプリのデバイスサポートオプションの選択を実行します (Android APKをアップロードする場合は、APKファイルをアップロードするを参照してください)。

[アプリファイル] タブ

次の表は、[アプリファイル] タブの各フィールドについて説明しています。

[アプリファイル] タブのフィールド
フィールド 説明
ウェブアプリをテストしましたか?

ウェブアプリを公開前にテストできます。Amazon Web App Testerをインストールして使用するを参照してください。アプリのテストは必要です。アプリがFire TVデバイスで正しく動作しない場合、Amazonアプリストアチームはアプリを却下します。

Amazon DRMを適用しますか?

Amazonに申請するアプリごとに、DRMを適用するか、権利管理制限を付けずにアプリを利用可能にするかを選択できます。DRMは、アプリを不正使用から保護します。DRMを適用しない場合、すべてのユーザーがアプリを制限なしで利用できます。アプリにDRMを適用する場合は、開発者ポータルのDRMシステムを必ず使用してください。詳細については、DRMについてを参照してください。

申請したいウェブアプリのタイプを選択してください

申請できるウェブアプリは次の2種類です。

  • ホストアプリ: アセットが開発者のウェブサーバーにホストされているアプリです。クライアントはホストに接続し、アプリのアセットをデバイスにダウンロードしてからアプリを実行します。このオプションを使用する場合は、URLを選択します。下方の隣接フィールドでアプリのURLを指定できます。
  • パッケージアプリ: クライアント側のウェブ標準に準拠した本格的なアプリで、アセットがZIPアーカイブにバンドルされて配信されます。パッケージアプリは、サーバーを使用しない、スタンドアロンのゲームおよびアプリに最適です。このオプションを使用する場合は、ZIPアーカイブを選択します。その後、表示される [ZIPファイル] フィールドでファイルをアップロードします。詳細については、パッケージアプリとホストアプリの違いを参照してください。
アプリURL

ホストアプリをアップロードする場合は、このオプションが表示され、アプリがホストされているURLを指定できます。

ウェブアプリの機能

アプリにユーザー権限を必要とする機能がある場合は、申請ワークフロー中に該当するチェックボックスをオンにします。アプリでユーザー権限(アプリ内課金(IAP)またはユーザーログイン)が要求される場合、関連するページをSSLを使用するように構成する必要があります。権限が必要な機能は次のとおりです。

  • アプリ内課金: ウェブにAmazonのアプリ内課金APIの使用を許可する。
  • Storage: ウェブアプリに外部ストレージへの読み取り/書き込みを許可する。
  • Device Details: ウェブアプリにデバイスの詳細の読み取りを許可する。
  • Geolocation: ウェブアプリに位置測定機能の使用を許可する。
  • Prevent Sleep for Video Playback: ビデオの再生中にスリープモードが開始されないようにする。
  • Amazon Advertising: 広告IDと広告トラッキング設定の取得に使用される。詳細については、広告IDと広告トラッキング設定の取得(Fire TV)を参照してください(Fireタブレット関連のドキュメント内でも同じ情報をご覧いただけます)。(Fire Phoneのオプションは廃止されました。)

ユーザーの安全を確保するために、Amazonでは、アプリ内課金を使用するアプリや認証が必要なアプリについてはSSLを使用して提供するよう求めています。詳細については、ウェブアプリを保護するを参照してください。

デバイスサポート

ウェブアプリを配信するデバイスを選択します。タブレットデバイスの詳細については、Fireタブレットのデバイスの仕様を参照してください。Fire TVデバイスの詳細については、Fire TVデバイスの仕様を参照してください。

海外販売に関するコンプライアンス

このチェックボックスをオンにすることにより、アプリが輸入および輸出に関する適用規制に準拠していることを示し、輸出規制への準拠を表明します。

配信権利

ホストウェブアプリの場合、指定したURLでアクセスするモバイルウェブサイトにアプリを配信する権限を持っていることを証明する必要があります。

テスト手順

Amazonテストチームに伝えるべきことをこのフィールドに入力します (テスト手順が不要な場合は、空欄のままでかまいません)。 テスト手順には次のようなものがあります。

  • アプリに見つけにくい機能が含まれている場合は、その機能を見つける方法をここに記入します。また、Amazonからのフィードバックに基づいてアプリを再提出する必要がある場合、このフィールドを使用してAmazonから受信するテストレポートEメールに返信することができます。
  • アプリを起動して使用する前にユーザーのログインが必要な場合は、Amazonテストチームのテスト用の資格情報を記入します。Amazonでのテスト中にアプリを起動できない場合、アプリは却下されます。

次のステップ

次の手順の 手順8: アプリの申請ステータスを確認するに進みます。