アプリ申請APIについて


アプリ申請APIについて

アプリ申請APIを使用すると、Amazonアプリストアで公開しているAndroidアプリの新バージョンを作成することができます。

はじめに

アプリ申請APIは、Androidアプリのカタログ管理に役立つRESTful APIです。プログラムを介してAmazonアプリストアで公開中のアプリを更新できるようになり、新規アプリバージョンの申請を自動化したり、画像のアップロードやAPKバージョンの更新などといった、頻繁に行う操作の効率化も図れます。

アプリ申請APIの構文とワークフローは、Google Play Developer Publishing APIのものとに似ているため、既存のワークフローに少しの変更を加えるだけで、同APIを使用することができます。

まずは、開発者コンソールを介してアプリを申請してください(Amazonアプリストアへの申請を参照)。そうすることで、アプリ申請APIを利用した次期バージョンの作成・管理が行えるようになります。開発者コンソールで更新が必要なフィールドについては、機能における制限事項を確認してください。

サポート対象の機能

アプリ申請APIを使用すると、次のことができるようになります。

  • Editの新規作成(Editは、既存アプリの新バージョンを保持するコンテナのことです)
  • 以下に挙げるEditのフィールドおよびアセットの更新
    • 既存APKのアップデート版をアップロードし、新しいAPKを追加する
    • スクリーンショットやアイコンなど、画像や動画のアセットをアップロードする
    • Fire TVのアセットをアップロードする
    • [アプリの説明] や [カスタマーサポート連絡先] など、アプリのメタデータを更新する
    • サポート対象のロケールごとに、[アプリの説明] を追加・削除・変更する
    • APKのデバイスターゲティング設定を更新する
    • アプリバージョンの公開日を設定する
  • Editのコミット(Amazonアプリストアにアプリの新バージョンが申請されます)
  • Editの削除(Editが下書き状態の場合にのみ削除が可能です)

アプリ申請APIを使用してオープンなEditを更新すると、更新内容が開発者コンソールに反映されます。

アプリ申請APIと開発者コンソールで、同じEditの更新は絶対に行わないでください。アプリ申請API側でサポート対象外のフィールドを更新する場合は、同APIのEditを先に申請してから、開発者コンソールで新たなEditを開きます。そうすることで、APIの更新が双方から上書きされるリスクを回避できます。

機能における制限事項

  • Edits.detailsのデフォルト言語を変更することはできません。
  • 以下のような更新頻度が低いアプリ情報には、現在公開されているアプリと同じ値が用いられます。次のフィールドを変更する場合は、開発者コンソールを使用してください。
    • コンテンツレーティング
    • 配信地域・価格等
    • DRM
  • アプリごとに開けるEditは、常に1つだけです。

サポート対象外の機能

以下の機能は、現在サポートされていません。

  • アプリのLATバージョンの作成または更新
  • ウェブベースアプリでの利用(サポート対象はAndroidアプリのみです)
  • HTTP PATCH の使用(項目の更新には、HTTP PUT を利用します)

APIアクセス

アプリ申請APIを利用するには、事前に同APIへのアクセス権を構成する必要があります。アプリ申請APIを使用する際は、OAuthセッショントークンをリクエストしてください。同トークンは、各APIリクエストのHTTPヘッダーに追加します。

API認証に記載の手順に従ってください。