カタログとFire TVに関する用語集


カタログとFire TVに関する用語集
A| B| C| D| E| F| I| G| L| M| N| P| S| T| U| V|

A

アクティビティ
Androidの用語。アプリで開始されるアクションを指します。Fire TVとカタログ統合に関連するアクティビティとして、アプリはユーザーシナリオと利用可能なコンテンツに応じて、サインインアクティビティ、再生アクティビティ、または取得アクティビティを開始します。AndroidドキュメントのActivity(アクティビティ)を参照してください。
Alexaスキル
Alexaの機能または能力。Alexaはビルトインのスキルセット(音楽の再生など)を搭載しています。開発者はこのAlexa Skills Kitを使用して、Alexaに新しいスキルを組み込むことができます。スキルには、開発者コンソールで提供されている(クラウドベースのサービスという形式の)コードと構成が含まれます。
Alexa対応音声認識リモコン
音声ボタンを備えたFire TV用のリモコン。この音声認識リモコンにはマイクアレイが搭載されているため、たとえTVから離れていても、近くにいるかのように操作できます。
Amazonデジタルメディアカタログ
統合されたすべてのサードパーティカタログのメディアが含まれるAmazonカタログを指す用語として使用されることがあります。
AWS Lambda
AWSのコンピューティングサービス。イベントに応じてコードを実行し、開発者の代わりにコンピューティングリソースを自動的に管理します。これにより、サーバーを管理せずにクラウド内でコード(Lambda関数と呼ばれます)を実行できます。スキルのコードはLambda関数としてホストする必要があり、スマートホームスキルに必要です。カスタムスキルのサービスでLambda関数を使用することもできます。AWS Lambdaアマゾンウェブサービスによって提供されるサービスです。
AWS Lambda関数
AWS Lambdaにアップロードされるコード。Lambdaは、Node.js、Java、Python、C#でのコーディングに対応しています。スマートホームスキルはLambda関数として実装する必要があります。カスタムスキルのサービスでLambda関数を使用することもできます。

B

ブロードキャストインテント
Androidアプリで使用される用語。Androidアプリは、特定のイベントでメッセージを送受信することがあります。これらのメッセージにより、アプリの機能(何ができるか)を示したり、その他の情報をデバイスに提供したりできます。Fire TVでは、アプリはアプリ内のサインイン機能と再生機能に関する情報を含むブロードキャストインテントを送信します。これにより、アプリのコンテンツに関連するFire TVのUI内でサインインイベントまたは再生イベントが発生したときに、Fire TVからアプリ内で適切なアクティビティを起動できます。詳細については、アプリとFire TVランチャーの統合に関するページを参照してください。Androidでのより幅広い使用方法については、Androidドキュメントのブロードキャストの概要を参照してください。
購入Box
Fire TVユーザーインターフェイスのコンテンツ詳細ページに表示される、お勧めの視聴オプションを指します。たとえば、同じコンテンツを提供するアプリが複数あり、ユーザーがそのコンテンツを視聴できるアプリ(ACME Mediaなど)を既に定期購入している場合、そのアプリがお勧めの視聴方法として購入Boxに表示されます(「ACME Mediaで再生」というテキストが表示されます)。 詳細については、Fire TVのユニバーサル検索・閲覧を始めるの購入Boxのセクションを参照してください。

C

カタログ
アプリのメディアのインデックスを指します。カタログ統合とは、カタログをAmazonに申請してユーザーに表示できるようにするプロセスのことです。カタログデータ形式スキーマに準拠したカタログファイルで、対象のメディア(映画、TV番組)に関するすべてのメタデータを定義します。Amazonにカタログファイルをアップロードすると、Fire TVやその他のデバイス(Echo ShowやEcho Spot)のユニバーサル検索を通じて対象のコンテンツを検出できるようになります。カタログ統合は、コンテンツを検索可能にするプロセスの一部にすぎません。Fire TVやEcho Showに実装するには、CDFファイルの申請に加えて追加の手順が必要です。例については、Fire TVのユニバーサル検索・閲覧を始めるを参照してください。
カタログデータ形式(CDF)
アプリでメディアを定義するためのXMLスキーマ。番組やエピソードなど、あらゆる種類のメディアを記述するための70以上の要素が含まれています。詳細については、カタログデータ形式(CDF)スキーマを参照してください。
Comrade
Fire TVランチャーで使用されるAPI。この名前は [Extra] オプションに表示され、アプリがマルチ定期購入型コンテンツをサポートするかどうかを決定します。ほかの機能の中でも、Comrade APIはサードパーティのアプリのブロードキャストインテントを管理し、ユーザーがどの定期購入型アイテムを視聴できるか、ユーザーがやり取りするメディアに基づいてどのアプリがサインイン、再生、取得の各インテントを管理する必要があるかなどを決定します。
コンテンツ
テレビ番組、映画、スポーツなどのあらゆるメディアを指します。
コンテンツ詳細ページ
Fire TVでメディアタイトルをクリックすると表示される、メディアの詳細な説明、レーティング、長さ、視聴方法などが記載されたページ。
コンテンツID
コンテンツに対応するID。このコンテンツIDは再生アクティビティで使用され、多くの場合はコンテンツ処理ワークフローの定期購入型アイテムIDと関連付けられ、そのコンテンツを視聴できるユーザーを決定します。
コンテンツプロバイダー
プロバイダーを参照。

D

ディープリンク
ディープリンクは、Fire TVのデフォルトのメディアプレイヤーでメディアを再生する代わりに、サードパーティのアプリを直接起動してメディアを再生します。Fire TVのユニバーサル検索(音声検索またはテキスト検索)を使用してメディアを検索すると、検索結果ページにメディアの検索結果が表示されます。ディープリンクでは、検索結果のメディアをFire TVのデフォルトのメディアプレイヤーで再生するのではなく、サードパーティのアプリを起動して再生します。
DSN
デバイスシリアル番号。ユーザーが使用する一意のハードウェアデバイスインスタンスをAmazon内で識別します。

E

適格
適格なユーザーは、(定期購入レベルまたは購入したアドオンを通じて)コンテンツを視聴するために必要なパーミッションを持っています。
エクストラ
2つの意味があります。CDFの文脈では、エクストラはクリップまたはトレーラーを表します。単発の作品の場合もありますが、通常はほかの作品(外部の作品またはカタログ内の別の作品)に関連付けられます。一般に、DVDに収録されるボーナスコンテンツに相当するものと考えることができます。Androidの文脈では、エクストラはブロードキャストインテントに関する追加情報を提供します。詳細については、サインインインテントと再生インテントに関連するインテントエクストラに関するセクションを参照してください。AndroidドキュメントのIntent(インテント)も参照してください。

F

ファーフィールド
遠隔(およびハンズフリー)によるデバイスの音声操作。
Fire TV Cube(日本未対応)
ハンズフリーのTV操作(ファーフィールド制御)を最初に提供したFire TVデバイス。コンテンツへのアクセスや起動、制御、TVやAV機器の電源投入、入力の切り替え、音量調整、コンテンツの検索など、さまざまな操作をリモコンを使用せず、音声を使用して遠隔で実行できます。詳細については、Fire TVデバイスの仕様を参照してください。
カタログ
Fire TVのメディアを示すインデックス。メディアカタログをAmazonに統合すると、ユーザーがコンテンツをAmazonデバイス(Fire TVホーム画面)から検索(音声またはテキスト検索)して再生できるようになります。詳細については、カタログ統合を始めるを参照してください。
Fire TVランチャー
Androidランチャーと異なり、Fire TVランチャーはFireデバイスでデフォルトで使用されるランチャーです。通常、ランチャーとは、アプリ、設定、ナビゲーションを体系化するホーム画面のUIを指します。これはオペレーティングシステムの一番上にあるUIです。

I

ID
識別子文字列を指すCDF要素。ID子要素を持つ親要素は複数あります。通常、作品タイプ(映画、テレビ番組、エピソードなど)にはIDが割り当てられます。このID値は1文字以上とし、カタログに存在するほかのすべてのID値を通じて一意である必要があります。
インテント
任意のサービスによって実行されるデバイス上の操作を記述したメッセージ。Intent​(インテント)を参照してください。

G

Gradle
Androidが依存関係を収集してAPKをパッケージ化するために使用するビルドシステム。
Gracenote
ネットワーク、開始時間、その他の情報など、ライブイベントに関するメタデータを提供するサービス。

L

起動ID
あらかじめ決まった画質、音声言語、字幕の構成で(またはそれらを一部組み合わせて)作品を再生するための識別子。
ローカル検索
Fire TVでカタログに統合された特定のアプリ内のコンテンツを検索すること。

M

マニフェスト
アプリの機能やアクティビティを記述する、APKの必須ファイル。マニフェストとbuild.gradleファイルは、アプリと互換性のあるデバイスを判定するために使用されます。
メディアカタログ
Amazonカタログに組み込んでコンテンツを検索できるようにするためのアプリのメディアリスト。
[その他の視聴方法] ボタン
コンテンツ詳細ページに表示されるボタン。メディアを視聴できる追加の方法を表示します。お勧めの視聴方法はコンテンツ詳細ページに [再生] ボタンとして直接表示されますが、[その他の視聴方法] ボタンには、そのコンテンツを視聴できるほかのプロバイダーやアプリの一覧が表示されます。

N

ニアフィールド
デバイスに近い場所での音声操作。

P

再生インテント
Androidアプリでは、ユーザーが視聴できるメディアコンテンツの再生を再生インテントが処理します。詳細については、アプリとFire TVランチャーの統合に関するページを参照してください。
プレーヤー
選択したメディアの再生に使用するメディアプレーヤー。多くのFire TVアプリでは、ExoplayerのAmazon版を使用します。
プロバイダー
コンテンツを視聴できるようにするエンティティ。レベルによっては、エンティティはMVPDアプリ内のアプリやステーションを指すことがあります。コンテンツを配信するvMVPDでは、各コンテンツの提供を複数のプロバイダーに依存しています。Fire TVでは、コンテンツをプロバイダーに関連付けることが重要です。複数のプロバイダーから提供されるタイトルをユーザーが検索した場合、Fire TVでは、どのプロバイダーのコンテンツを視聴するかをユーザーが選択できるようになっています。詳細については、Fire TVのユニバーサル検索・閲覧を始めるを参照してください。

S

サインイン
適格なコンテンツを視聴するためにユーザーがアプリにログインすること。多くの場合、サインインアクティビティは購入フロー中にトリガーされます。
サインインインテント
Androidアプリでは、サインインインテントがサインインとアカウントの変更のワークフローを処理します。詳細については、アプリとFire TVランチャーの統合に関するページを参照してください。

T

配信コントロール
メディアの視聴時に使用される再生コントロール(再生、一時停止、停止、早戻し、早送りなど)。「メディアコントロール」とも呼ばれます。
TVE
Television Everywhereの略。テレビだけでなく、あらゆる場所にあるスマートフォン、タブレット、その他のデバイスからテレビを視聴する機能を指します。契約者は、(サポートされているデバイスを通じて)チャンネルの認証を行うだけでチャンネルのコンテンツを視聴できます。詳細については、ウィキペディアのTV Everywhereの項目(英語のみ)を参照してください。

U

ユニバーサル検索
Fire TVでカタログに統合されているあらゆるアプリのコンテンツを検索できる機能。ユニバーサル検索は、音声またはテキストを使用して開始できます。デフォルトでは、音声検索はすべてユニバーサル検索になります。Fire TV UI内の検索ボタンを使用した検索(個々のアプリ内で提供される検索ではありません)もユニバーサル検索になります。
発話
ユーザーが行いたいことをAlexaに伝える、またはAlexaからの質問に答えるために言うフレーズ。

V

ビデオスキルAPI
Alexa対応デバイスを使用してビデオデバイスやストリーミングサービスの遠隔制御を行うためのAPIセット。詳細については、ビデオスキルAPIを参照してください。
ビデオオンデマンド
ユーザーがいつでも自由に視聴できるコンテンツ。たとえば、NetflixのコンテンツのほとんどはVODです。ただし、mVPDアプリ(PlayStation Vueなど)では、リニアコンテンツとVODコンテンツが混在していることがよくあります。リニアコンテンツは、特定の時間に(かつ特定のチャンネルまたはステーションで)のみ視聴できます。多くのmVPDでは、コンテンツがリニアスケジュールとオンデマンドの両方で提供されており、両者の区別はあいまいになっています。
VOD
ビデオオンデマンドを参照。