統合テストアプリを使用してFire TVランチャーの統合をテストする(オプション)


統合テストアプリを使用してFire TVランチャーの統合をテストする(オプション)

アプリとFire TVホーム画面ランチャーを統合した後、Amazonの統合テストアプリを使用して、アプリがサインインインテントや再生インテント、および機能リクエストに正しく応答するかをテストできます。

この統合テストアプリはランチャーのリクエストを模倣し、作成したアプリでランチャー統合が適切に実装されていることを確認する最も簡単な方法です(このトピックは、メディアカタログがFire TVに統合されているFire TVアプリに適用されます)。

このテストオプションを使用するタイミング

このテストオプションは、アプリの開発が完了し、ランチャーからのインテントに応答するコードが実装済みの場合に使用してください(アプリとFire TVホーム画面ランチャーを統合するを参照)。統合テストアプリを使用してアプリの統合をテストするには、Fire TVデバイスが必要となります。

すべての機能が実装されたアプリのテストや、サインインインテントや再生インテントのテストのみを行う場合は、Android Debug Bridge(adb)オプションを使用してください(adbを使用してランチャー統合をテストするを参照)。

プロセスの概要

AmazonのFire TV統合テストアプリを使用したFire TVランチャー統合のテストは、主に次のようなプロセスに沿って行います。

  1. 統合テストアプリをダウンロードします。
  2. 適切なインテントパッケージを使用して開発者のアプリをアップデートし、アプリが統合テストアプリと連携できるようにします。
  3. アプリとFire TV統合テストアプリをFire TVデバイスにインストールします。
  4. Fire TV統合テストアプリを使用してアプリをテストします。

手順A: 統合テストアプリをダウンロードする

テストを開始する前に、Fire TV統合テストアプリをコンピューターにダウンロードする必要があります。

手順B: テスト用にアプリを変更する

Fire TV統合テストアプリと連携するように、アプリに変更を加える必要があります。これを行うには、アプリを次のように変更します。

  1. アプリとFire TVホーム画面ランチャーを統合するで説明しているアプリの変更をまだ実施していない場合は、実施します。
  2. ブロードキャスト機能のメソッド内で、com.amazon.tv.launcherの名前をcom.amazon.tv.integrationtestonlyに変更します。たとえば、intent.setPackage(“com.amazon.tv.launcher”)intent.setPackage(“com.amazon.tv.integrationtestonly”)に変更します。

手順C: アプリとFire TV統合テストアプリをFire TVデバイスにインストールする

テストを開始する前に、アプリとFire TV統合テストアプリをFire TVデバイスにインストールする必要があります。次の手順に従って、アプリとFire TV統合テストアプリをFire TVデバイスにインストールします。

  1. adbを使用してFire TVデバイスをコンピューターに接続します。詳細については、adbを使用してFire TVに接続するを参照してください。
  2. アプリと統合テスターアプリの両方をデバイスにサイドロードします。アプリをインストールして実行するを参照してください。

手順D: 統合テストでアプリをテストする

アプリと統合テストアプリの両方がFire TVデバイスで使用できるようになったら、テストを開始できます。次の手順に従ってアプリをテストします。

  1. 統合テストアプリを起動します。
    1. Fire TVメインメニューから、[設定][アプリケーション][インストール済みアプリケーションを管理] の順に選択し、統合テストアプリを選択します。
    2. [アプリを起動] を選択します。
  2. [Request Capabilities] をクリックします。

    統合テストアプリによって、アプリから機能をリクエストするブロードキャストインテントが送信されます。アプリがリクエストに応答し、必要な要素がすべて含まれていた場合、正常に終了したことを示すメッセージと、アプリから返された各機能の値がテストアプリに表示されます。

  3. アプリから返された機能の値が正しいことを検証してください。

    機能の送受信が正常に終了すると、Fire TVにテキスト入力ボックスと [Send Intent] ボタンが表示されます。

  4. コンテンツのURLかIDを入力して、[Send Intent] をクリックします。

    コンテンツリファレンスは、実装によって、URIである場合や、データエクストラの名前と値のペアである場合があります。アプリが認識するコンテンツリファレンスを入力します。コンテンツリファレンスと実装が適切であれば、アプリが起動し、インテントとコンテンツリファレンスの処理が行われます。

    アプリのテストが完了したら、必ずブロードキャストインテントパッケージをcom.amazon.tv.launcherに戻してください。