JCenterのサポート


JCenterのサポート

Amazonモバイル広告APIがJCenterにリリースされ、Android StudioでAmazonモバイル広告APIの統合と更新を簡単に実行できるようになりました。JCenterは、人気のあるビルドアーティファクト向けリポジトリで、GoogleのAndroid Studioとオープンソースビルド自動化システムのGradleに直接統合できます。Android StudioとGradleを使用してアプリを開発している場合は、わずか数行のコードを追加するだけでAmazonモバイル広告APIを統合し、SDKが常に最新版になるようにbuild.gradleファイルを設定できます。

Amazonモバイル広告APIを使用すると、Android、iOS、Fire OSを搭載したスマートフォンやタブレットでアプリやゲームの収益化を実現できます。米国、ヨーロッパ、日本のAmazonをはじめとするブランド広告主から、関連性の高い広告がAmazonモバイル広告ネットワークを通じて配信されます。

手順:

  1. Amazon開発者アカウントを作成します。
  2. Amazonアプリキーを取得します。
  3. モバイル広告SDKを依存関係(dependencies)セクションに挿入します。以下のコードスニペットに含まれている最後のコード行をアプリのbuild.gradleファイルに追加すると、Amazonモバイル広告APIがダウンロードされて統合されます。
    dependencies {
        compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
        testCompile 'junit:junit:4.12'
        compile 'com.android.support:appcompat-v7:23.1.1'
        compile 'com.android.support:design:23.1.1'
        compile 'com.amazon.android:mobile-ads:5.+'
     }
    

    注:上の例は、メジャーバージョンが5である最新のモバイル広告SDKを取得する方法を示しています。このコード行では、特定のバージョンを指定することも、ワイルドカードを使用することもできます。予期しない安定性の問題が生じるため、実行中のプロジェクトでワイルドカードを使用することはおすすめしませんが、バージョン宣言で使用すると、最新バージョンのAmazonモバイル広告SDKのデバッグやテストに役立ちます。以下のように、バージョン番号の部分を「+」に置き換えると、最新バージョンを取得できます。

    // Amazonモバイル広告SDKの最新の5.xリリースをプルし、コンパイルします
    compile 'com.amazon.android:mobile-ads:5.+'
    
    // Amazonモバイル広告SDKの最新リリースをプルし、コンパイルします
    compile 'com.amazon.android:mobile-ads:+'
    

    次回、アプリをビルドするときに必要なファイルが取得され、これまでと同じ方法でプロジェクトにインポートできます。Gradleの構文の詳細については、Gradleのドキュメントを参照してください。

  4. Android Studioは、JCenter、Maven Central、Ivyなど、多数のリポジトリをサポートしています。JCenterは既に正しく定義されているはずですが、念のため、プロジェクトの最上位のbuild.gradleで、次のようにJCenterリポジトリが定義されていることを確認してください。
    buildscript {
      repositories {
          jcenter()
      }
      dependencies {
          ...
      }
    }
    
    allprojects {
          repositories {
              jcenter()
          }
    }
    
  5. Amazonアプリキーをコードに設定します。以下のアプリキーはサンプルです。

    public void onCreate(Bundle savedInstanceState)
    {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
        AdRegistration.setAppKey("0123456789ABCDEF0123456789ABCDEF");
    }
    
  6. コード内に旧バージョンのAmazonモバイル広告APIがある場合は必ず削除してください。
  7. Google PlayとAmazonアプリストアにアプリを申請します。
  8. Amazonモバイル広告ネットワークパフォーマンスレポートで収益を追跡します。

詳細については、JCenterのウェブサイトを参照してください。